漫画ネタバレ

18歳、ビジ婚はじめます。【1話】『最悪な再会』ネタバレ感想!突然の悲報と思わぬ再会!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『マンガMee』で配信中の作品、『18歳、ビジ婚はじめます。』1話『最悪な再会』のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、マンガMeeのアプリで今すぐ無料で読めます!

【無料】マンガMeeで
18歳、ビジ婚はじめます。を読む

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

18歳、ビジ婚はじめます。【1話】『最悪な再会』のネタバレ

憧れの仕事

ましろは、入社予定の一式ウエディングで研修中の女の子。

一式ウエディングは、ましろの父親が経営している会社だった。

幼い頃から憧れていたウエディングプランナーになれて、夢が叶うと希望に胸をふくらませていた。

幼馴染がやって来て

ましろが家に帰宅した直後。

幼馴染の叶がましろの卒業と就職祝いにやって来た。

叶は、ブライダル業界で最大手の会社の息子で、社長である父親の秘書をしている。

ましろは、仕事が忙しそうな叶の姿を見て、ふと尋ねる。

「弟の隆良(たから)くんは、お元気なんでしょうか?」

アメリカに行ってしまった隆良とは、もう4年も会っていない。

叶は、隆良は日本に帰ってきていると答える。

ましろが懐かしそうに隆良との思い出話を語る。

ましろと叶の母親は親友同士で、その子供のましろ達も幼い頃から仲が良かった。

優しい叶とは対照的に、隆良は意地悪でましろには「デビルのように見えた」と話す。

「今は、デビルなんて可愛いものじゃないよ。あいつは、本当の悪魔になってしまったから」

隆良は、目的を達成するためなら、何でも利用する悪魔になったと叶は告げる。

「…なんてね」

その直後に、叶は今の話は冗談だったと言わんばかりの態度を取った。

ましろは、隆良が悪魔になった話は、本当なのか、ただの冗談なのか分からず困惑する。

子供の頃から変わらない気持ち

「それよりも、これお祝い」

叶がましろにお祝いの花束を差し出す。

独特な色合いの花束を見て、ましろは思わず吹き出してしまう。

子供の頃、母親にもらったぬいぐるみが破れてしまう出来事があった。

しばらくして、独特な色合いの服を着た新しいぬいぐるみと、不器用に縫い直されたぬいぐるみを叶が手渡してくれた。

そのぬいぐるみを見た瞬間、落ち込んでいたましろの気持ちが明るくなった。

あの時から、ましろは叶のことが好きで、その気持ちは今もずっと変わっていなかった。

突然のお別れ

ましろが思い出に浸っていると、叶がもうひとつ話があると切り出した。

「海外赴任が決まったんだ」

叶は、いつ日本に戻れるか分からないと話す。

ましろは、叶を応援しながらも、思わず泣いてしまう。

「ましろちゃん、海外から戻った時は…」

叶がましろを慰めながら、何かを伝えようとした時、仕事の電話が入った。

「この続きは、日本を出発する前にまた言うよ」

そう言って、叶はましろと別れた。

隆良との再会

叶が日本から旅立つ前日。

ましろは、叶に自分の想いを伝えようと決意して、叶の家に向かった。

家に着き、玄関のチャイムを鳴らす直前、電話の着信音が鳴った。

「お父様が入水自殺をしたようで危篤です」

それは、自殺を図った父親が意識がない状態で病院に運ばれているという連絡だった。

ショックのあまり、ましろはその場に倒れそうになる。

近くを通りがかった男性がましろの体を支えた。

ましろの顔を見た男性が驚いたような顔でつぶやいた。

「ましろ…?」

「隆良くん?」

相手がましろだと気づいた途端、隆良の形相が変わった。

「どうして、来栖家にいるんだ!!」

憎々しげにましろを睨み付ける隆良は、まるで本物の悪魔のように見えた―。

18歳、ビジ婚はじめます。【1話】『最悪な再会』の感想

幸せの絶頂から不幸のどん底に突き落とされてしまったヒロイン。

再会した幼馴染の隆良は、どうしてましろを憎々しげに睨み付けるのか気になりました。

子供の頃に、ましろのぬいぐるみを手縫いで直したのは、隆良なんじゃないかと思うんですけど。

ましろの知らないところで何かがあって、隆良が変わってしまったんでしょうか。

叶の最後の言葉は、告白かプロポーズっぽいですが。

まるで死亡フラグのテンプレみたいなシチュエーションなんで、何か不幸が起きないか心配です。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

【無料】マンガMeeで
18歳、ビジ婚はじめます。を読む

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA