漫画無料・最安値情報

【仇討ち遊郭】無料試し読み&1巻ネタバレ!自由を求めてもがく牡丹

江戸『吉原』を舞台に、女郎として働く『牡丹』は、さまざまな困難を乗り越え、自由を勝ち取ることができるのか?

そんなテーマで描かれるヒューマンヒストリー作品『仇討ち遊郭』!

今回は、『仇討ち遊郭』を無料で読める電子書籍サービスがあるかチェックしてみました。

1巻のネタバレもありますよ。

『仇討ち遊郭』は無料で読める?

2021年9月現在、『仇討ち遊郭』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『仇討ち遊郭』の取り扱い
まんが王国 ◎(1巻試し読み、2巻〜も数ページ)
music.jp ○(1巻試し読み)
コミック.jp ○(1巻試し読み)
Kindle ×
honto ×
Renta! ×
ebookjapan ×
コミックシーモア ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Reader Store ×
ひかりTVブック ×
U-NEXT ×
BOOK☆WAKER ×
ソク読み ×
コミなび ×
楽天Kobo ×
めちゃコミック ×
ブック放題 ×
Fujisan ×
COCORO BOOKS ×
紀伊国屋ウェブストア ×
dブック ×
FOD ×
ブックパス ×
コミスト ×
クランクイン!コミック ×

表のように、『仇討ち遊郭』を試し読みするなら、まんが王国がおすすめです。

1巻(34P)を丸ごと無料で試し読みできて、2巻以降も数ページ読めますからね。

みるく
みるく
music.jpとコミック.jpは?
ここあ
ここあ
その2つは、2巻以降の試し読みができないの。だからちょっとだけ、まんが王国のほうが有利なのよ。

また、『仇討ち遊郭』はまんが王国の先行配信作品なので、続編が出たときにも他サービスよりいち早く読むことができますよ。

表にある結果の通り、全巻無料で読めるサービスはありません。

ここあ
ここあ
丸ごと試し読みは期間限定なので、以下からチェックしてみてね!

※検索窓に「あだうちゆ」と入力してね!

 

では次に、『仇討ち遊郭』を、できるだけ安く読む方法を紹介しますね。

【仇討ち遊郭】全巻を安く読む方法!

まんが王国を利用して、『仇討ち遊郭』の全巻をできるだけ安く読む方法を紹介します。

まんが王国には、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイント購入

それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
月額まんが300 330円 300Pt
月額まんが500 550円 550Pt
月額まんが1000 1100円 1150Pt
月額まんが2000 2200円 2500Pt
月額まんが3000 3300円 3780Pt
月額まんが5000 5500円 6400Pt
月額まんが10000 11000円 13000Pt

上記以外に、携帯電話料金合算払いで利用する『月額まんが2800』もあります。

月額3080円、3280Pt付与です。

上記の表を見ての通り、高めのコースのほうが、ボーナスもたっぷりになっています。

さて。

『仇討ち遊郭』は、1巻あたり200Pt(220円)。

1巻丸ごと無料の期間であれば、2巻以降にポイントがかかるわけですね。

2021年9月17日までは1巻丸ごと無料で、5巻まで配信されてますので、残り4巻を800Ptで全巻読める計算です。

初回登録であれば50%OFFクーポンがもらえます。(購入ボタンを押すと、クーポンを利用するための緑色のボタンが出るので、分かりやすいです。)

このクーポンを、たとえば2巻に利用すれば、トータル700Ptで全巻読めちゃいます。

  • 1巻は無料(期間限定)
  • 2巻に初回50%OFFクーポン利用で100Pt
  • 3巻〜5巻で600Pt

ってことで、月額コースを選ぶ場合、『月額まんが1000』ですぐに全巻読めるわけですね。

みるく
みるく
『月額500』と『月額300』の合わせ技は?
ここあ
ここあ
ちょっとの手間がかかってもいいなら、それでもOKだよ。

※1巻丸ごと無料の期間の話です。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶメリットが弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるわけですね。

漫画が趣味で、毎月それなりの量を読むのなら、ある程度高めのコースを選ぶのもありです。

ちなみに、まんが王国のポイント失効は、ポイント付与から5ヶ月後の末日になります。

毎月どれくらい読むのかを考えて、どのコースにするか決めるといいでしょう。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、まんが王国自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに『無料』会員でいるだけなら、もちろん無料ですよ。

『月額まんが1000』以上を選ぶと、5大特典も利用できますよ。

  • 毎月ポイントバッククーポンをプレゼント
  • 毎月割引クーポンをプレゼント
  • 来店ポイントがいつも2倍
  • 月額コース継続ボーナスがつく
  • 月額コース限定キャンペーンを実施
ここあ
ここあ
では次に、『ポイント購入(都度払い)』を紹介するね。

ポイント購入

「毎月支払いが発生する月額コースより、とりあえず『仇討ち遊郭』だけ読みたいな」

という希望をお持ちなら、月額コースよりはポイント購入を利用したほうがいいでしょう。

ボーナスポイントは少なめですが、欲しい作品があるときだけ都度課金できるので、堅実な利用が叶います。

料金(税込) 付与ポイント
110円 100Pt
330円 300Pt
550円 500Pt
1100円 1000Pt
2200円 2100Pt
3300円 3150Pt
5500円 5400Pt
11000円 11500Pt
22000円 24000Pt
33000円 39000Pt

ポイント購入で『仇討ち遊郭』を読む場合、1巻無料の期間であれば、800Ptで5巻まで読むことができます。

  • 1巻は無料(期間限定)
  • 2巻に初回50%OFFクーポン利用で100Pt
  • 3巻〜5巻で600Pt

ポイント購入であれば、一気に最新話までのポイントを購入しなくてもいいと思います。

ボーナスポイントを期待せず、堅実でリーズナブルな利用を目指す方法だからです。

なので、とりあえず1〜2巻くらいまで読んでみて、そのあとで3巻以降のポイントも考慮する、という利用法がしやすいです。

「無料試し読みできる1巻を読んでみて、さらに2巻まで読んでから、3巻を買うか決めよう」

そんなふうに思ったら、100Ptだけ購入し、初回50%OFFクーポンを利用して2巻を読むといいでしょう。

1000Pt以下の購入であれば、どれを選んでもボーナスポイントはないので、小さな金額をちょくちょく買うほうが堅実ですからね。

ここあ
ここあ
月額コースか、ポイント購入か、まとめると以下みたいな感じだよ!
  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、ポイント購入を利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
私はいろんな作品をたっぷり読みたい派だから、ボーナスポイント多めの月額コースかな!
ここあ
ここあ
私は、読みたい作品を読めればいいから、ポイント購入にしよう!

月額コース、ポイント購入、どちらを選ぶ場合でも、おみフリを利用すればさらに安くできますよ。

ということで、以下もチェックしてみてくださいね。

おみフリは必ずチェックすべし!

作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

200Pt ⇨ 140Ptに割引されるわけです!

『仇討ち遊郭』の場合、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

最新話以外をおみフリ利用で購入するなら、

  • 1巻無料
  • 2〜4巻はそれぞれ140Ptで、計420Pt
  • 5巻に初回クーポン利用で100Pt
  • トータル520Pt

こんな風に、かなり割引できちゃうんです!

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずに!

※検索窓に「あだうちゆ」と入力してね!

『仇討ち遊郭』の見どころ紹介!

舞台は江戸、吉原。

主人公の牡丹は、女郎として働きながらも、「いつかきっと自由になってみせる」という強い決意を持って生きている。

しかし、経済力や人脈が弱い今はまだ、囚われた生活から抜け出すことはできない。

遊郭には日々、快楽を求めて男どもがやってくる。

力なき若い女が生き抜くには、我が身を捧げるしかすべがない。

そんな中にあって、牡丹は、もちまえの機転や人柄を軸にして、どうにかして光明を見出そうと悪戦苦闘する日々。

楼主からは、こっぴどく鞭打たれ…

同じく女郎の胡蝶からは、度重なる嫌がらせを受け…

駆け引きが渦巻く女たちの世界で、牡丹はどのようにして自分の夢を叶えるのか?

それまで牡丹をないがしろにしてきた者たちに、リベンジしてやることはできるのか?

権力ある男性の援護を受けることができれば、あるいは…

みるく
みるく
力なき牡丹が、我がひとつで夢を叶えようとするストーリーは、何気に感動しちゃうよね。
ここあ
ここあ
シンデレラストーリーの要素もあるから、読後感もけっこう爽快なのよね。

牡丹の生き様には、現代を生きる女性も、勇気づけられることでしょう。

牡丹が生活する遊郭は、まさに江戸時代のブラック企業ですからね。

ブラックな環境で仕事をしているOLさんなら、共感どころ満載の作品ですよ。

仇討ち遊郭『1巻』のネタバレ

牡丹と散り菊

「全く… 男ってのは幸せなもんだねぇ…

演技だとは思ってもいないだろうよ…」

一仕事終えた牡丹(ぼたん)は、他の女朗たちにそう愚痴る。

ここは、江戸・吉原遊郭に立つ見世、三巴屋。

売られた娘たちは、借金を返すため自分の身を売る。

外へ出ることも許されない、使い捨ての商品…

誰かがボソッと呟いた。

「…生きてたって、苦界さ…」

そう、ここは地獄だ。

そして、面倒な事は、他にもある。

女朗の1人が、牡丹を見つけ言った。

「牡丹姉さん、今朝方、扇屋の若旦那が、帰って行ったよ。

あの人、姉さんの客じゃなかったかい?」

牡丹、そして一緒にいた新造の松葉(まつば)は、一瞬固まる。

そこに、上機嫌の楼主がやって来た。

「良くやった! 胡蝶! 扇屋の若旦那も喜んでおったぞ!」

「わっちは、何も… 楼主様のお陰でござりんす…」

「さすが、胡蝶姉さん! その奥ゆかしさが、良かったんですよ。

…それに比べてあの女朗は…」

胡蝶の新造たちも胡蝶をもてはやし、挙げ句には、牡丹に嫌みを言い始めた。

牡丹は、彼女たちを相手にせず、その場を立ち去る。

「牡丹姉さん、あんな言い方されていいの?!

それに、胡蝶姉さんだって…楼主様に媚びて… 上客は、みんなあの人に回ってる!」

腹が立った松葉は、牡丹の後を追いながら言った。

立ち止まり、松葉と向き合った牡丹は、その発言をたしなめる。

人にはそれぞれやり方があるのだ。

「散り菊姉さんが、戻ってきてくれたらいいのに…

あの頃は、こんな酷くなかったし、もっとみんなきちんとしてた!」

「おバカ! 散り菊姉さんは身請けされてやっと幸せになれたんだ。

そんな事、絶対、言っちゃあいけないよ」

松葉から、散り菊という言葉を聞き、牡丹は、昔を思い出した。

14の歳でこの世界に足を踏み入れた牡丹。

引き取り手がなく、行き場のない牡丹は、不安でいっぱいだった。

そんな牡丹を、楼主を説得してまで引き取ってくれたのが散り菊だった。

優しく微笑み、震える牡丹に手をさしのべてくれた散り菊の温もりは、今も覚えている…

昔の良かった頃を振り返っても仕方がない。

いまを生きていくしかないのだから。

新造の後始末

翌日の朝。

(あれ? 松葉がいない…)

牡丹が松葉を探していると、胡蝶の新造、赤瓜と里緑に出くわした。

2人は、ニヤつきながら、昨晩の松葉について話しだす。

「お座敷で、失敗したらしいよ。

楼主様に朝から折檻だってさ!」

それを聞いた牡丹は、急いで、松葉と楼主の元へ駆け付けた。

木の枝に縄で吊され、ぐったりとした松葉が目に入る。

牡丹が来た事に気づいた楼主。

今度は、牡丹を何度も殴りはじめた。

「おい、牡丹! どういう躾してんだ!? 客に刃向かいやがって!」

「牡丹姉さん、ごめんなさい!

突然、無理矢理に着物を脱がされて…思わず…」

「楼主様! 新造には手を出さないのが、この世界の決まりでは?」

「うるさい! そんな事、俺が決める!

お前たちは、股を開いてりゃいいんだよ! そのためのモノなんだ!」

牡丹の中で何かが切れた。

「わっちの新造の不始末は、責任を持って、わっちがどうにかします。

その客をわっちに回して下さい」

土下座しながら謝る牡丹を前に楼主の顔がにやける。

その客は、厄介者で嫌われていると有名な男らしい。

これから、牡丹がどんな目に合うか想像して、楼主は、ほくそ笑んだ。

木から下ろされた松葉は、大泣きしながら牡丹に謝る。

落ち込む松葉を慰め、そして、ぎゅっと抱きしめた。

いつも、笑顔を忘れないようにと励ましながら…

(大丈夫… まだ生きてる。

食べる物も着る物も… 寝るとこだってある…

だから… まだ大丈夫…)

…あの客が、遂にやって来た。

噂通り、たちが悪い。

物を投げつけ、暴言を吐く。

牡丹は、両手で男の頬を包み込み言った。

「かわいい… なんて罪なお方…

主様のような人を見ると、わっちは、もう…

全て、ゆだねておくんなし。

かわいがってあげしいしょう…」

男の指を舐めながら、瞳を潤ませ誘う。

牡丹の巧みな性技に翻弄され、男はあっという間に果ててしまう。

中に入れる事のないまま、何度も果て、全て搾り取られた男はもう牡丹の虜になっていた。

折れない心

「おい、牡丹! 客に生意気な口を利いたそうじゃねえか?!

何様のつもりだ!」

翌日、牡丹は、なぜか楼主から折檻を受けることに。

あの男は、牡丹をえらく気に入り、また来るといって去って行ったはずだ。

その様子を影から見ていた松葉は、納得がいかない。

「楼主は、思い通りにならないといつもアレだ。

牡丹姉さんも折れときゃいいものを…」

松葉と一緒にいた女朗が悔しそうに言った。

日はすっかり暮れ、夜空には、丸い月が浮かんでいる。

木に吊されたままの牡丹は、散り菊の事を思い出していた。

まだ、仕事に慣れず、お座敷で客相手に失敗をした時の事を…

一気に白けてしまった場が、散り菊の機転で一瞬にして戻る。

(改めて、自分の立場、考えの甘さを知らされた。

私の生きていく場所は、もうここしかないんだ…)

牡丹は、心の中で決意する。

(絶対に、負けない! この地獄から必ず抜け出してやる!)

牡丹の目は、まだ見ぬ幸せな将来を思い、きらきらと輝いていた。

仇討ち遊郭『第1話』感想・考察

遊郭の世界は、女性にとって、本当に厳しく地獄だったんですね。

この作品を読んで改めてそう感じました。

でも生きていくためには、泣き言ばかりも言っていられないわけで…

前向きな強い意思を持つ牡丹を、応援したくなりました。

この漫画のタイトルの『仇討ち』というキーワードが、

これから先どのよう絡んでいくのか楽しみです。

【仇討ち遊郭】無料試し読み&1巻ネタバレ!自由を求めてもがく牡丹:まとめ

今回は、『仇討ち遊郭』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

みるく
みるく
江戸時代のブラック企業と、そこからの大脱出劇、ぜひ堪能してね!
ここあ
ここあ
職場環境がよくないところで働くOKさんには、共感どころいっぱい! とりわけリベンジシーンはかなり爽快なので、必見ですよ!

※検索窓に「あだうちゆ」と入力してね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA