漫画無料・最安値情報

アラフォー女子、婚活やめて家を建てるを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』を無料で読める電子書籍サービスがあるかをリサーチしてみました。

ここあ
ここあ
今すぐ試し読みしたい場合は、以下からどうぞ!

※検索窓に「こんかつやめて」と入力してね!

『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』は無料で読める?

2022年2月現在、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』の取り扱い
まんが王国 ○(1巻無料試し読みOK:4巻まで配信)
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

表のように、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』を試し読みするなら、まんが王国がおすすめです。

1巻を丸ごと無料で試し読みできて、2巻以降も数ページ試し読みできますからね。

また、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』はまんが王国の先行配信作品なので、続編が出たときにも他サービスよりいち早く読むことができますよ。

ここあ
ここあ
1巻丸ごと試し読みは期間限定なので、以下からチェックしてみてね!

※検索窓に「こんかつやめて」と入力してね!

 

人気の漫画アプリもチェックしてみましたが、配信されていませんでした。

では次に、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』を、できるだけ安く読む方法を紹介しますね。

【アラフォー女子、婚活やめて家を建てる】を今すぐ安く読む方法!

まんが王国を利用して、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』の全巻をできるだけ安く読む方法を紹介します。

まんが王国には、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイント購入

それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

※赤文字がボーナスポイントです。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
月額まんが300 330円 300Pt
月額まんが500 550円 500Pt + 50pt
月額まんが1000 1100円 1000Pt + 150pt
月額まんが2000 2200円 2000Pt + 500pt
月額まんが3000 3300円 3000Pt + 780pt
月額まんが5000 5500円 5000Pt + 1400pt
月額まんが10000 11000円 10000Pt + 3000pt

上記以外に、携帯電話料金合算払いで利用する『月額まんが2800』もあります。

月額3080円、3280Pt付与です。

『月額まんが500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶメリットが弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるわけですね。

漫画が趣味で、毎月それなりの量を読むのなら、ある程度高めのコースを選ぶのもありです。

ちなみに、まんが王国のポイント失効は、ポイント付与から5ヶ月後の末日になります。

毎月どれくらい読むのかを考えて、どのコースにするか決めるといいでしょう。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、まんが王国自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに『無料』会員でいるだけなら、もちろん無料ですよ。

『月額まんが1000』以上を選ぶと、5大特典も利用できますよ。

  • 毎月ポイントバッククーポンをプレゼント
  • 毎月割引クーポンをプレゼント
  • 来店ポイントがいつも2倍
  • 月額コース継続ボーナスがつく
  • 月額コース限定キャンペーンを実施
ここあ
ここあ
では次に、『ポイント購入(都度払い)』を紹介するね。

ポイント購入

「毎月支払いが発生する月額コースより、とりあえず『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』だけ読みたいな」

という希望をお持ちなら、月額コースよりはポイント購入を利用したほうがいいでしょう。

ボーナスポイントは少なめですが、欲しい作品があるときだけ都度課金できるので、堅実な利用が叶います。

※赤文字がボーナスポイントです。

料金(税込) 付与ポイント
110円 100pt
330円 300pt
550円 500pt
1100円 1000pt
2200円 2000pt + 100pt
3300円 3000pt + 150pt
5500円 5000pt + 400pt
11000円 10000pt + 1500pt
22000円 20000pt + 4000pt
33000円 30000pt + 9000pt

ポイント購入であれば、一気に最新話までのポイントを購入しなくてもいいと思います。

ボーナスポイントを期待せず、堅実でリーズナブルな利用を目指す方法だからです。

なので、とりあえず1〜2巻くらいまで読んでみて、そのあとで3巻以降を読むか検討する、という利用法がしやすいです。

みるく
みるく
ちなみに、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』はいくらなの?
ここあ
ここあ
1冊あたり150ptだよ。

「無料試し読みできる1巻を読んでみて、2巻まで読んでから、3巻を買うか決めよう」

そんなふうに思ったら、100Ptだけ購入し、初回50%OFFクーポンを利用して、75ptで2巻を読むといいでしょう。

1000Pt以下の購入であれば、どれを選んでもボーナスポイントはないので、小さな金額をちょくちょく買うほうが堅実ですからね。

ここあ
ここあ
月額コースか、ポイント購入か、まとめると以下みたいな感じだよ!
  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、ポイント購入を利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
私はいろんな作品をたっぷり読みたい派だから、ボーナスポイント多めの月額コースかな!
ここあ
ここあ
私は、読みたい作品を読めればいいから、ポイント購入にしよう!

月額コース、ポイント購入、どちらを選ぶ場合でも、おみフリを利用すればさらに安くできますよ。

ということで、以下もチェックしてみてくださいね。

おみフリは必ずチェックすべし!

作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

150Pt ⇨ 105Ptに割引されるわけです!

『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』の場合も、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずに!

※検索窓に「こんかつやめて」と入力してね!

第1話:ネタバレ

結婚詐欺

ATMの画面に表示された内容を読んで、鈴原岬(すずはら みさき)は、大声を出した。

「どうしよう! 限度額が…!」

今日中に婚約者・幸田裕一郎(こうだ ゆういちろう)に300万を渡さなければいけない。

困り果てる岬に、後ろに並んでいた男性・深町(ふかまち)が親切に声をかけた。

事情を説明していると、上海にいるという幸田から連絡が入る。

『もしもし、岬? 振り込みは?』

「今からです。でも、上限が…

えっ?! はい、じゃあ、100万だけ先に振り込みます。

あの… 帰国したら、私の親に挨拶しに来てくれるんですよね…?」

岬の隣で会話を聞いていた深町は、唐突に入金の取消ボタンをタップした。

「失礼を承知で言いますが… 詐欺ではないですか?

この300万は、何のために…?」

「は?! 急に何ですか?

彼の経営する会社が移転するので、その費用です。

とりあえず立て替えてほしいと頼まれて…

会社のサイトもきちんとあるので大丈夫です!」

岬は、スマホでホームページを開き、深町に見せる。

けれど、その画面を確認した彼は、国税庁の法人番号がない事を指摘した。

その時、幸田から再び着信が入る。

躊躇う岬に代わり、深町が電話をとった。

「もしもし、この電話の持ち主の女性が倒れて、今、救急車を呼んだところなんです。

僕はたまたま居合わせただけで…」

『なんだそれ?! 入金終わってるのか聞いてくれ!』

電話口からは、幸田の声以外にパチンコ店の雑音が聞こえる。

深町は、一方的に電話を切り、岬を複雑な表情で見つめた。

「今すぐ、彼とは終わらせるべきです。

あなたが倒れたと言ってるのに、入金の心配しかしていません。

上海というのも嘘でパチンコ店から電話しています。

これは、間違いなく詐欺です!!

…決めるのは、あなたですが…」

困惑する岬のスマホにまた幸田から着信が。

電話に出ると、知らない声が電話口から聞こえた。

『警察です。今、幸田裕一郎を結婚詐欺の容疑で逮捕しました』

結婚に求めるもの

コンビニのイートインコーナーで、岬は、次から次へと溢れる涙をハンカチで拭った。

隣では、深町が、早く帰りたそうにコーヒーを飲んでいる。

「横で、悲しんでる女がいるというのに…!」

「かわいそうだと思ってますよ。

だから、こうやって、コーヒーもご馳走してんるでしょ」

やがて、少し気持ちが落ち着いた岬は、過去に付き合っていた男性の話を始めた。

6年間交際していた彼氏には、浮気をされたうえにフラれた。

相手の女性は24歳、しかも妊娠までしていたという。

当時、35歳を過ぎてた岬は、結婚を意識していた事もあり、大きなショックを受けた。

「…それで、私、婚活を始めたんです。

前の彼を見返してやりたくて、やっと優良物件と結婚できると思ったのに…」

黙って聞いていた深町が口を開いた。

「…結婚詐欺のカモにされるわけですね。

40歳手前のお金に余裕がありそうな人で、男を中身ではなく、条件で選ぶ。

あなたが結婚に求めているのは、幸せな家庭や、パートナーじゃない。

周りが羨むような結婚というラベルが欲しいだけだ!

…それじゃあ、確実に、また、同じ目に合いますよ」

容赦ない言葉を浴びせられた岬は、勢いよく立ち上がり、コーヒーをイッキ飲みする。

「ごちそうさまでした。 深町くん。

2度と顔を合わす事はありませんけど!」

コンビニを出た岬は、1人になった途端、両手で顔を覆う。

堪えていた涙が、堰を切ったように溢れ、頬を濡らした。

一方、深町は…

まだ、イートインコーナーに座ったまま、コーヒーの入った紙コップを見つめている。

(…あれは、言い過ぎたな。

彼女が似てたとは言え、八つ当たりもいいとこだ…)

一生独身…?!

帰宅した岬は、自室に入るとベッドへ突っ伏した。

これからの事を考えただけで、気持ちが沈む。

(結婚がなくなった事、みんなに言わないといけないのか~ キツイな…

幼い頃は、結婚への憧れもあったのに…

…あの時、深町くんに、言い返す言葉がなかった…)

週明けの月曜日、出社した職場は、岬にとって非常に居心地の悪いものだった。

結婚詐欺の犯人が岬の婚約者では?という話が、広まっている。

それを面白おかしくうわさする同僚の声が、岬の心をえぐった。

休暇時間、ベンチでスマホを眺めていると、隣の女性社員の会話が耳に入る。

岬は、こっそりとその内容に意識を集中した。

(へ~ 自分で家を買って、資産にするか…

なんか、それって、かっこいい…

私の場合は、実家の家を相続すると思うけど)

その日の夜、岬は、夕食時に、今住んでいる家の将来について親に尋ねた。

「えっ? この家? 私達の老後資金にするのよ。

岬、この家が自分のものになると思わないように!!

一生独身のつもりなら、家ぐらい自分でどうにかしなさい!」

母親の厳しい言葉が、岬に重くのしかかる。

自室に戻り、ベッドに寝転んで天井を見上げた。

(小さい時は、もっと簡単に結婚できると思ってたのに…

そういえば、おじいちゃんの家の近くに建ってたオシャレな洋館…

結婚したらああいう家に住みたいと思ってたけど…

今は、どうなってるかな…)

自立に向けて

「えーっと… たしか、この辺りだったはず…」

数日後、岬は、気分転換をかねて、祖父の家の近所にある思い出の洋館へと足を運ぶ。

けれど、そこに、昔の面影はなく、2階建ての新しいハイツが建っていた。

何とも言えない寂しさが込み上げ、じわりと涙が滲む。

「あれ? もしかして、岬ちゃん?

…どうしてここに?」

突然、名前を呼ばれ振り向くと、親戚のおじさんが立っていた。

「あっ! 剛志(つよし)おじさん!

昔、ここに建ってた洋館を見に来たんだけど…」

「…3年ぐらい前に取り壊されたんだよ。

…あのさ、突然なんだけど…

岬ちゃんの知り合いとかで、おじいちゃんの家を買ってくれる人いないかな?

管理が大変なんだ…

もし、岬ちゃんが買ってくれるなら、安くするけど!」

岬は、すぐそばの誰も住んでいない祖父の家を見上げた。

『鈴原写真館』と書かれた大きな文字が、まだはっきりと残っている。

けれど、壁があちこち剥がれ、建物自体の傷みは激しかった。

元カレの事、結婚詐欺の事… そして、深町の言葉…

様々な記憶が蘇り、岬は、ある結論に至る。

「私、婚活やめて、ここに理想の家を建てます!」

剛志の前でそう宣言した瞬間、岬のどんよりとしていた心が、軽くなる。

その後、両親を何とか説得し、岬は、破格の安さで祖父の家を買い取った。

週末になり…

剛志が建築士と工務店を紹介してくれ、早速、建て替えに伴う打ち合わせが行われた。

「岬ちゃん、こちらが、これからお世話になる建築士の深町くんだよ」

岬は、その顔を見て、絶句した…

第1話:感想・考察

前半では、婚活で辛い経験をする岬が描かれています。

でも、結婚以外に目を向けた事で、気持ちが晴れ、平安な心を持てて良かったです。

幸せには様々な形があるので、岬に合った幸せが見つかればいいなと思いました。

そして、深町くんの言葉には、考えさせられるものがありました。

人間、だれしも、見栄やプライドがあるので、打算的な考え方をしてしまいがちです。

それが悪いとは、一概に言えませんが、心にグサリと刺さり印象に残りました。

岬が前向きに頑張る姿は、読んでるこちらも元気になります。

深町くんとのこれからも楽しみですね。

アラフォー女子、婚活やめて家を建てるを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、『アラフォー女子、婚活やめて家を建てる』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

※検索窓に「こんかつやめて」と入力してね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。