当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画無料・最安値情報

欺かれ聖女と守護竜の婚約を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』は無料で読める?

2022年6月現在、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『欺かれ聖女と守護竜の婚約』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:4巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年6月現在、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』のように、悲劇の連続でちょっぴり可哀想になってくるヒロインを描いた作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『欺かれ聖女と守護竜の婚約』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回70%OFFは利用OKです。

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』は1巻当たり150ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、45ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
試し読みして、ちょっとでも続きが読みたくなったら?
ここあ
ここあ
ほんの100円ちょっとだし、迷ってるくらいなら思い切ってコンテニューしちゃったほうがいいよ! 人生、楽しめそうなときには楽しんでおかなくちゃね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

竜の加護

森の中で、子供の竜が1匹、罠に掛かり、うずくまっていた。

その左足には、鉄のギザギザとした歯が食い込み、血が滲んでいる。

少女は、その竜にそっと近づき、優しく語りかけた。

「怖がらないで、大丈夫よ。

すぐに、助けてあげるから…」

…長きにわたり竜の加護を受けているダリ王国。

竜との契約の証として,王族の娘は治癒の力を授かり、聖女と呼ばれていた。

現・ガランド国王の娘、ロヴェッタ姫も、その力を持っている。

しかし、今、それは失われ、聖女としての務めを果たせないでいた。

王家の威信に関わるこの機密を民に知られてはいけない。

そこで、孤児にもかかわらず治癒の力を持つ少女が、代理として呼ばれる事となった。

もう1人の聖女

その少女の名はフィリア。

…治癒の施しを受けに来た男が、ロヴェッタの前でひざまずき、目を閉じた。

ロヴェッタの背後にある衝立の裏では、フィリアが身を潜めている。

そして、ロヴェッタが、彼の頭に手をかざすタイミングで、フィリアは祈りを捧げた。

フィリアから光が放たれ、たちまち、男のケガの痛みは消える。

その時…

「くしゅん!」

フィリアが、我慢できずにくしゃみをしてしまい、その声が男の耳にも届く。

「今、後ろから声が聞こえたような…?」

「私のくしゃみですわ。風邪をひいたようで…」

ロヴェッタは、何とかその場を誤魔化し、去っていく男を見送る。

やがて、男が出て行き、部屋に誰もいなくなった途端…

「フィリア!! さっきのあれは何!!」

ロヴェッタが、飲み物の入っていたカップをフィリアの顔に投げつけた。

「お許しください…」

「くしゃみだなんて…

お前の存在が知れたらどうするつもり!

私の代わりとして、使ってやってるというのに!」

孤児院にいたフィリアと弟は、父親が王と顔なじみだという事で王に拾われた。

罵声を浴びせられる中、フィリアは、床に転がるカップに目をやる。

それには、ダリ王国の紋章である竜が描かれていた。

2本の角がある守護竜…

この竜は、フィリアにとって、幼い頃から、心の支えとなっていた。

性悪姫と王の命令

「フィリア、どこを見てるの!!」

俯いたままのフィリアの髪を、ロヴェッタが力任せに引っ張る。

バランスを崩したフィリアは、テーブルにぶつかり、床に倒れ込んだ。

置かれていた花瓶が床に落ち、派手な音を立てて割れる。

その音を聞きつけた侍女達が、急いで部屋に入って来ると…

「大丈夫? フィリア?

どこか痛むところはない?」

ロヴェッタが、フィリアの側にしゃがみ、ハンカチで彼女の顔を拭く。

「聖女様は、下々の者に対しても、本当に優しく接してくださって…

私達は、そのような方にお仕えでき幸せです」

「大切にして当たり前じゃない!」

嬉しそうに話す侍女に、ロヴェッタは、さも当然という顔で答える。

そこへ、ロヴェッタの父・ガランドが入ってきた。

それと同時に侍女達を下がらせ、室内は3人だけとなる。

「お父様! フィリアが、酷い事をするんです!」

それを聞いた王は、冷酷な視線でフィリアを見下ろす。

「お前は、姫のおかげで、生きながらえているという事を理解しているのか?

もし、また同じような過ちを犯せば…

お前の弟に罰を下す… 覚えておけ」

弟という言葉を聞いて、フィリアは床に額をこすりつけ、謝罪の言葉を口にした。

そんなフィリアを見て、ロヴェッタが満足そうにクスクスとあざ笑う。

(…弟だけは、絶対に守ってみせる!)

直後、ロヴェッタの悲痛な声が聞こえ、フィリアは思わず顔を上げた。

「嫌よ! お父様!!

西の森なんか行きたくありません!」

「祠から出ている邪気を払わねばならない。」

「それなら、フィリア1人で行けばいいだけの話ですわ!」

「それは許さん! 聖女としての務めだ。

民衆の心を掴むためにも、フィリアを連れてお前が行くんだ!」

森の祠

翌日、フィリアは、ロヴェッタと数人の護衛と共に西の森へ出発した。

草木を掻き分け、険しい道を徒歩で進む。

途中、ロヴェッタが崖から落ちそうになり、フィリアが、間一髪のところで彼女を助けた。

「フィリア、ありがとう! あなた、怪我しなかった?」

護衛の目を気にして、ロヴェッタが気遣いの言葉をかける。

助けた時に左腕を負傷したフィリアだが、痛みをこらえ、平気なフリをした。

しかし、ケガに気づいたロヴェッタは、大袈裟に彼女を抱き締める。

「良かったわぁ~! フィリア、心配したんだから!」

そして、誰にも聞こえないようフィリアの耳元で囁いた。

「護衛がいるんだから、その左腕、治癒の力で治してはダメよ…」

やがて、目的地の邪気が流れ出ているという祠に到着した。

大きな石を積み上げて作られた入口。

その中は真っ暗で、外からは様子をうかがう事はできない。

フィリアは、その祠に何か特別な力を感じた。

(何だか神聖な雰囲気に包まれているようだわ。

でも、こんなに廃れてしまって…)

その時、ロヴェッタが護衛に指示を出した。

「あなた達は、この辺りの警護をしてちょうだい。

フィリアは、私の補佐をしなさい」

護衛が去って行くと、ロヴェッタは祠へと近づく。

「この岩のせいで、こんな山奥まで来る羽目に…!」

彼女は、フィリアの制止をはね除け、忌々しげに入口の大岩を蹴る。

その瞬間、祠から霧が勢いよく出て来て、辺りを覆い始めた。

絶体絶命

白い霧の中から、低い唸り声と共に、数匹の獰猛な狼が姿を現し、2人を囲む。

フィリアは、ロヴェッタを後ろに匿い、自分の身を挺して守ろうと構えた。

そんなフィリアの背後でロヴェッタが不敵な笑みを浮かべる。

そして、近くに落ちていた石を掴むと、フィリアの頭を力いっぱい殴りつけた。

「あなたの存在が不愉快なの。

庶民の分際で、本来、私が持つべき力を…

フィリア、これは命令よ! ここで最期を迎えなさい…!」

ロヴェッタの声色には、敵意や憎悪といった負の感情が入り混じっていた。

地面にうずくまるフィリアを1本の木の根元に連れて行く。

逃げられないよう木に縛りつけると、ロヴェッタは急いでその場を去った。

狼達が、じりじりとフィリアとの距離を詰める。

(あぁ… 私は、ここで死ぬのね…

最期にもう1度、弟に会いたかった…)

1匹の狼がフィリアに飛び掛かり、彼女は、覚悟を決めて目をぎゅっと閉じた。

『ペロッ』

(…えっ?! 今の何?!)

フィリアの頬を、狼がしっぽを振りながら舐めている。

「何と酷い… どうして、この祠は、こんな状態になっているんだ?」

突然、男の声が聞こえ、フィリアは、声のする方へ顔を向けた。

2本の角を頭に持つ男が、翼を羽ばたかせ宙を飛んでいる。

それは、ダリ王国の紋章にある守護竜と同じ角のようで、フィリアは目を奪われた。

「なぜ、お前が、このような事に…?」

男は、フィリアの前に降り立つと、そう彼女に尋ねた。

第1話:感想・考察

フィリアが子供の頃に助けた竜と再会…

物語は、ここから面白くなっていくのかなと期待できますね!

冒頭から、フィリアがあまりにもかわいそうで、読んでいて辛くなりました。

国王と姫の仕打ちが、とにかく酷い!

早く、この理不尽な状況から救われてほしいです。

孤児であるフィリアが、なぜ治癒の力を持っているのかという点も気になります。

実は、王族の血を引いてるのかな…?と勝手な推測をしながら読んでいました。

竜と人間のラブファンタジーを楽しめる作品です!

欺かれ聖女と守護竜の婚約を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『欺かれ聖女と守護竜の婚約』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『欺かれ聖女と守護竜の婚約』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。