漫画無料・最安値情報

あざとかわいいワタシが優勝を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『あざとかわいいワタシが優勝』を無料で読める電子書籍サービスがあるかをリサーチしてみました。

ここあ
ここあ
今すぐ試し読みしたい場合は、以下からどうぞ!

※検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してね!

『あざとかわいいワタシが優勝』は無料で読める?

2022年4月現在、『あざとかわいいワタシが優勝』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『あざとかわいいワタシが優勝』の取り扱い
まんが王国 ◎(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
music.jp ○(1巻8p試し読みOK:3巻まで配信)
コミック.jp ○(1巻8p試し読みOK:3巻まで配信)
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! △(4月25日配信予定)
Kindle △(4月25日配信予定)
楽天Kobo △(4月25日配信予定)
honto △(4月25日配信予定)
Reader Store ×

表のように、『あざとかわいいワタシが優勝』の試し読みは、以下の3サイトで叶います。

  • まんが王国
  • music.jp
  • コミック.jp

まんが王国のみ1巻丸ごと試し読みOK!

しかもまんが王国なら、初回50%OFFクーポンや『おみフリ』の30%OFFもあって、とても安くすみます。

いっぽうのmusic.jpとコミック.jpは、初回利用時にもらえるポイントを利用して、無料で読むことができます。

無料でもらえるポイント 無料期間 月額(税込) 解約後も読める?
music.jp ・600pt(通常:漫画可)
・1000pt(動画:漫画不可)
30日間 1958 読める
コミック.jp 1200pt 30日間 1100 読める

それぞれ無料期間にもらえるポイントがあるので、これを利用して『あざとかわいいワタシが優勝』を無料で読むことができるんですね。

『あざとかわいいワタシが優勝』は1巻あたり200円ですので、music.jpなら3冊分、コミック.jpなら6冊分まで無料で読めます(今後発売されればの話です)。

ただし、無料期間が終わったあとは、月額を支払わなければならなくなります。(2サイトとも、解約しても無料期間で得た巻は読めます。)

その点、まんが王国は、月額コースと都度払い(ポイント購入)が用意されているので、都度払いを選べば毎月課金しなくてもOKです。

まんが王国には、ほとんど毎日30%OFFが出る『おみフリ』もありますので、長い目で見ればお得になります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、その点をふまえて選ぶといいですよ。

→まんが王国で『あざとかわいいワタシが優勝』を試し読み!

※検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してね!

→music.jpで『あざとかわいいワタシが優勝』を試し読み!

※music.jpは、いったん左上にある「music.jp」のロゴをクリックしてから、検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してくださいね。

→コミック.jpで『あざとかわいいワタシが優勝』を試し読み!

※コミック.jpは、いったん左上にある「コミック.jp」のロゴをクリックしてから、検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してくださいね。

表にあるように、コミック.jpとmusic.jpの無料期間は30日間です。

その後は月額が発生しますので、継続するか解約するか、30日の間にしっかり吟味しておきましょう。

上述した12の電子書籍サイト以外に、人気の漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリでも配信はされていませんでした。

まんが王国のおみフリは必ずチェックすべし!

まんが王国を選ぶ場合、作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

200Pt ⇨ 140Ptに割引されるわけです!

『あざとかわいいワタシが優勝』の場合も、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずにね!

※検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してね!

第1話:ネタバレ

自分が1番

松嶋琴音(まつしま ことね)、自分は可愛いと絶対的な自信を持っている23歳。

道を歩いていて男性とぶつかれば、耳に髪をかけながら上目遣いで謝る。

不機嫌だった相手は、琴音に見惚れ、逆にお詫びがしたいと連絡先を尋ねてくる程だった。

それは、社会人になった今でも変わらない。

IT企業に勤めている琴音は、この度、広報部へ異動となった。

教育係として指導するのは、佐原(佐原)という眼鏡をかけた女性。

(あ~、女の人かぁ… 期待ハズレ…

まあ、いいか… この部署でも1番可愛いのは私だし…!)

笑顔で挨拶をし、部署を案内するという佐原に着いていく。

琴音は、それぞれのデスクで仕事をする同僚達をさりげなくチェックした。

(さすが…!! 噂は本当だったのね…!

イケメンがいっぱい!)

「松嶋さん、今から資料棚に行きましょう。

確認しなければいけないファイルもあるしね」

テクニック①

違うファイルを取って来てしまい、琴音は再び資料棚へ、1人で向かう。

(佐原先輩は、この踏み台に登ってたけど、私は…)

琴音は、こっそり踏み台を棚の隅に隠した。

そして、手を目一杯、棚の上段へ伸ばし、ピョコピョコと飛び跳ねる。

「あ~! もう少しで届くのに…!」

イケメン瀬口(せぐち)の視界に、さりげなく入るように…

計算通り、それに気づいた彼が琴音の元へやって来た。

「これが取りたかったのか?

…てか、絶対届かないだろ…!」

呆れたように笑い、ファイルを琴音に渡すと、辺りをキョロキョロ見回した。

「あれ…? 踏み台があるはずなんだけど…

それにしても… 必死で跳んでるから、つい笑ってしまったよ」

「学生の頃より、身長高くなったんですよ~!!

…3ミリですけど…」

「えっ…! それ、伸びたっていうより誤差でしょ!

(なんか… 可愛い…)」

「も~! 頑張って、牛乳飲んでるのに~!!」

案の定、可愛らしく頬を膨らませ、上目遣いに睨む琴音に瀬口は見惚れていた。

テクニック②

ブラックのホットコーヒーを持って、琴音は山本(やまもと)のデスクへと向かう。

「山本さん、コーヒーどうぞ。

休暇もせずに、ずっと仕事をしておられるので…」

最初は戸惑った様子だった山本も、琴音に促されコーヒーを口に運ぶ。

「えっ?! ブラック…

俺、ブラックが好きだって言ってないよね?」

「机に刺激の強いガムが置いてあったので、甘いものはあまりお好きではないのかと…」

「(ガムだけで、俺の好みを…)

松嶋さん、ありがとう。

君のおかげで一息つけたよ!」

「良かったです。

そう言っていただけて、私も嬉しいです」

ニッコリと微笑んでから、彼の元を離れる。

(男は… 少し頼りないところがあって、でも、気配りができる…

そんな可愛い女の人が好きなの…

さぁ、お昼休みが楽しみ!!

どれだけの男の人が、私のところにくるかしら…!)

ライバル出現

時計の針は、昼の12時をとっくに過ぎている。

それなのに、琴音に話しかけようとする男性は、誰もいなかった。

(ど、どうして?!

今まで、こんな事、1度もなかったのに!)

自分の席に座り、1人で悶々としていると山本の声が聞こえてきた。

「佐原さん。先程は、ありがとうございました!」

「ご飯をきちんと食べる事も大切だけど…

山本君の場合は、胃薬止めて、きちんと病院で診てもらった方がいいと思うわ」

「そうですね… コーヒーもブラックじゃなく、ミルクを入れるようにします」

佐原と山本の会話に瀬口が交じる。

「そういう佐原も、たいがいだぞ!

踏み台から落ちそうになってたじゃないか! 足首、大丈夫?」

「もぉ~ 瀬口君…!

えぇ、あなたが支えてくれたから、大丈夫。ありがとう」

和気あいあいとした雰囲気で3人が喋っていた。

琴音の中で、どす黒い感情が渦巻く。

(どうして、あの女が?!

そこは、私のポジションなのに!!

私が、負けるなんて、ありえない!)

上級者の心得

「そういえば… 佐原、どうして今日は眼鏡なんだ? 珍しいな…」

「出勤途中で、コンタクトを片方落としてしまったの…

それで、急きょ、眼鏡にしたのよ。でも、目が疲れちゃうわね…」

瀬口の質問に佐原は、眼鏡を外しながら答える。

男ウケのする、とびっきりの笑顔を浮かべて…

(男は… 少し頼りないところがあって、でも、気配りができる…

そんな可愛い女の人が好きなの…)

…時間は少し前に遡る…

資料棚に再びファイルを取りに行った琴音が戻って来ず、佐原は様子を見に行った。

そして、隅に隠された踏み台と、琴音が瀬口と楽しそうに話している姿を目にする。

全てを悟った佐原は、自分も行動に移した。

まず、瀬口の前で、高い所にある箱に手を伸ばし、踏み台から足を踏み外す…

予想通り、彼は佐原を後ろから抱き抱え、その箱を取って彼女に渡した。

「危ないだろ。言ってくれたら俺が取るから!」

「でも… 瀬口君、みんなから頼られてるでしょ…?

だから、あんまり言うと迷惑かなって…」

佐原は、少し困った表情を浮かべ、上目遣いに瀬口の目を見つめた。

「そんなの気にしなくていいから。

無理して怪我したらどうするんだよ。その方が心配だ」

「…そうだね。ありがとう、瀬口君」

瀬口は、照れを隠すかのように頭を掻きながら、頬を赤く染めた。

そして、琴音が入れたブラックのコーヒーを飲もうとした山本には…

エネルギー補給のゼリー飲料とコーヒーのミルクを渡す。

「胃薬に頼るのはダメよ。朝ご飯も食べてないでしょ?

勘違いしないでね、怒ってるわけじゃないの。

ただ、山本君の事が…

無理はしないようにね」

心配そうな表情で、山本の顔を覗き込む。

彼も顔を赤くして、佐原の言葉に素直に頷いた。

バトル開始

ある日、取引企業との打ち合わせの席で…

取引相手の男性がつけていた新幹線のネクタイを見て、琴音が口を開いた。

「あの… 身につけておられるそのネクタイは… 限定品では…?」

一瞬、驚いた男性は、顔をほころばせ、笑顔で答える。

鉄道好きだという彼は、その後、上機嫌で話し始めた。

琴音は、彼の心を掴んだと勝ち誇ったような笑みを浮かべる。

ところが、それ以上に佐原は鉄道の知識が豊富で、あっという間に主導権を琴音から奪い、

男性と鉄道談義に花を咲かせる。

琴音は、全く話題について行けず、佐原の隣で沈黙するしかなかった。

そして、琴音の歓迎会の席では…

たくさんの男性達が佐原の周りに集まり、楽しそうにはしゃいでいた。

(どうして?!

どうして主役の私より、アンタが目立って、みんなに囲まれてるのよ?!)

トイレの個室に入り気持ちを怒りを落ち着かせていると、佐原が琴音を探しにやってきた。

「遅いから心配になって見に来たの」

「それはすみませんでした。

そういえば… 先輩、いつもお化粧すごくきれいですね。

年齢を感じさせないというか…

私にも教えてください!(年増のくせに若作りすんな!!)」

「そう…? でも、松嶋さんのニキビ跡を隠すのは無理かな…?

先に肌を整える方法を教えようか?(ニキビ治して出直して来い!)」

トイレでの攻防を経て、歓迎会はお開きとなった。

瀬口とタクシーに乗って帰って行く佐原と対照的に、琴音は1人で帰路につく。

(受けて立とうじゃないの!!

絶対に後悔させてやる!)

琴音は、鬼の形相でメラメラと対抗心を燃やした。

第1話:感想・考察

2人の常に計算された言動に脱帽です。

男性にアピールするために必死に頑張ってる姿が、滑稽でした。

途中から、あざとかわいいというより、性悪女に変わってきてるようにも思いましたが…

好みが分かれるストーリーかも知れませんが、ツッコミどころ満載で面白いです。

気があるような素振りを見せられた瀬口君や山本君が、気の毒にも思いました。

男性達の知らないところで、繰り広げられているバトルの行方が気になります。

あざとかわいいワタシが優勝を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、『あざとかわいいワタシが優勝~絶対に別れさせます~』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

→まんが王国で『あざとかわいいワタシが優勝』を試し読み!

※検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してね!

→music.jpで『あざとかわいいワタシが優勝』を試し読み!

※music.jpは、いったん左上にある「music.jp」のロゴをクリックしてから、検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してくださいね。

→コミック.jpで『あざとかわいいワタシが優勝』を試し読み!

※コミック.jpは、いったん左上にある「コミック.jp」のロゴをクリックしてから、検索窓に「あざとかわいいわたし」と入力してくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。