漫画無料・最安値情報

バツイチがモテるなんて聞いてませんを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『バツイチがモテるなんて聞いてません』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料(0pt)配信中/

『バツイチがモテるなんて聞いてません』は無料で読める?

2022年5月現在、『バツイチがモテるなんて聞いてません』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『バツイチがモテるなんて聞いてません』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:4巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年5月現在、『バツイチがモテるなんて聞いてません』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK(会員になるだけで0ptで読めます)!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
とりあえず気軽に試し読みもOKなので、以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料(0pt)配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『バツイチがモテるなんて聞いてません』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『バツイチがモテるなんて聞いてません』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『バツイチがモテるなんて聞いてません』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『バツイチがモテるなんて聞いてません』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『バツイチがモテるなんて聞いてません』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『バツイチがモテるなんて聞いてません』のように、親しみやすくて応援したくなるヒロインを描いた作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『バツイチがモテるなんて聞いてません』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回70%OFFは利用OKです。

『バツイチがモテるなんて聞いてません』は1巻当たり110ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、33ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『バツイチがモテるなんて聞いてません』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『バツイチがモテるなんて聞いてません』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『バツイチがモテるなんて聞いてません』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料(0pt)配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

離婚手続き

1組の男女の向かいに座った公証役場の職員が、机上に置かれた書類の説明をしている。

離婚するにあたって交わされた合意書と、それを保証する公正証書。

財産分与は、7:3。

小野和葉(おの かずは)が7、安藤由樹(あんどう ゆき)が3。

それに加えて、由樹は和葉に慰謝料300万円を1年以内に支払わなければならない。

その説明を聞く和葉の隣で、夫の由樹は、前屈みになり小さくなっている。

職員が書類内容を一通り確認し、2人に同意を求めた。

和葉が、背筋を伸ばし、はっきりと肯定する。

一方の由樹は、和葉の顔をちらっと見上げ、情けない表情で弱々しく肯定した。

「たくさん話し合って決めた事でしょ。

…ねぇ、最後なんだから、男らしくしてよ…」

夫の裏切り

9年前、和葉は、由樹の誠実なところに惹かれ、彼からの交際の申し込みを受け入れた。

付き合って6年が経った頃、由樹にプロポーズされ、2人は晴れて夫婦となる。

それから3年。

お互い仕事は忙しいものの、それなりに幸せな結婚生活を送っている…

レスだけど、心は繋がっている…

少なくとも、和葉は、そう信じていた。

しかし、彼女の気持ちとは反対に、由樹の不倫が発覚する。

彼が、職場の若い女性と何度も逢瀬を重ねていたのだ。

「もう、離婚よ!!」

和葉は、涙を流し、由樹を責めた。

土下座し、必死に謝る彼を見て、和葉は、内心で安堵感を覚える。

(ただの浮気… 本気じゃない…

この人は、ちゃんと私を好きで、夫婦関係を続けたいと思ってるんだ…

私だって、本気で離婚する気は…)

ところが、数日後…

「和葉、離婚してほしいんだ…」

由樹からカフェに呼び出され、和葉は唐突に別れを告げられた。

由樹の隣には、不倫相手の女性が座っている。

「和葉は、仕事もできるし、友達もたくさんいる。

…でも、彼女は、君みたいに強くない。

僕が一緒にいてあげないといけないんだ…!

だから、お願いします。離婚してください」

やりきれない思い

由樹から離婚を切り出したにもかかわらず、彼は今、合意書に判を押すのを躊躇っている。

「…和葉、今からでもやり直せない?」

由樹が、絞り出すような声で尋ねる。

「もう、止めてよ! 今になって何を考えてるのよ!」

「で、でも… 7:3は、ちょっと…

それに慰謝料も…」

「あなたが、自分で言ったんでしょ?

出した条件は、全てのむって…」

悲壮感を漂わせ、和葉にすがる。

実は… 由樹が、離婚に難色を示すのには理由があった。

手続きが着々と進む中、彼は相手の女性にフラれてしまう。

全てを失ってでも結婚したいと思っていたその女性は、他に好きな人ができたからと、

あっさり、由樹の元を去った。

(本当… 哀れな男ね…

一生を共にしようと誓った相手がこんな男だったとは…)

由樹が、震える手で書類に判を押し、署名する。

その左手の薬指には結婚指輪の跡がうっすらと残っていた。

それを目にした途端、和葉の頭に、由樹との楽しかった思い出が蘇る。

「…分かったわ。 …慰謝料もいらないし、財産分与も5:5でいいわ。

…あなたって、かわいそうな人ね…」

建物を出た和葉と由樹。

彼女の手には離婚届が入った封筒が握られている。

「これは、私が提出しておくわ。

それじゃ、もう顔を合わせる事もないでしょうけど…」

背を向け、去ろうとする和葉を由樹が呼び止める。

「本当にごめん。こんな情けない男で…

僕は… 君に憧れてた。

君のような強い人になりたかった…」

地面に両膝をつき、泣きながら謝る由樹を見下ろす。

和葉は、ただ一言、さよならとだけ口にし、その場を去った。

家に帰った和葉は、玄関を開けるなり、ベッドに倒れ込む。

「…私だって、強くなりたくて、なってるんじゃない!

あんたが頼りないからでしょ?!

何が強くなりたいよ! それなら最初から不倫なんかするな!

言い訳しやがって!

ああ~っ! 慰謝料いらないなんて、言うんじゃなかった~!!」

和葉は布団に突っ伏し、1人、涙を流した。

新たなスタート

翌日の朝。

和葉は、泣いたせいで腫れてしまった瞼を冷やし、出勤の準備を急ぐ。

不思議と心はスッキリとして、落ち着いていた。

会社に着き、早速、ファッション編集部のミーティングが行われる会議室へと向かう。

「ミーティング、始めるぞー」

編集長の声が部屋に響いた。

「あの、すみません、少しだけよろしいですか?」

みんなが、一斉に和葉に視線を向ける。

「個人的な事なのですが、私…

この度、バツイチになりました!」

そう言った和葉の笑顔は、眩しいほどにキラキラしている。

(クヨクヨしてても仕方ない。

35歳、フリーになったんだし、これからの人生楽しまないと!)

和葉は、晴れやかな気持ちで、新たな1歩を踏み出した。

第1話:感想・考察

夫の由樹が、あまりにもダメ男で、読みながらイライラしちゃいますね。

妻を『強い女性』と決めつけ、勝手に劣等感を感じてるように見えちゃいました。

強いのではなく、強くならざるを得なかった、という事に気づく事もできないなんて…

辛い経験をしたからこそ、和葉には、素敵な男性と幸せになってほしい!

1話目は、重い内容だったので、次巻以降の明るい展開に期待しています。

同僚達にバツイチの報告をした時の和葉の笑顔が、とても印象的でした。

バツイチがモテるなんて聞いてませんを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『バツイチがモテるなんて聞いてません』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『バツイチがモテるなんて聞いてません』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料(0pt)配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。