漫画ネタバレ

暴力亭主から逃れる10の方法【最終話(11話)】ネタバレ感想『おしえて! 石井先生~弁護士と振り返る暴10~』

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、『暴力亭主から逃れる10の方法』最終話(11話)のネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国
公式ページへ

※『ぼうりょくていしゅ』と検索してね。

暴力亭主から逃れる10の方法【最終話(11話)】『おしえて! 石井先生~弁護士と振り返る暴10~』のネタバレ

暴力亭主から逃れる10の方法を弁護士の先生と一緒に振り返ります。

弁護士の先生は石井誠一郎(いしいせいいちろう)先生。

暴10(ボウテン)を読んだ先生は10の方法が11個あるのはどうして?と塔子に聞こうとして睨まれてやめます。

それでは振り返ってみましょう!と笑顔の塔子。

塔子は協議離婚をしたのでお金をあまり受け取りませんでした。

もしもあの時、協議離婚ではない他の方法で離婚をしていたらどうなっていたのかママ友のヨミコが聞きます。

石井先生は離婚は3種類あると説明。

協議離婚・・・話し合いによる離婚で日本の離婚の9割を占める。

調停離婚・・・家庭裁判所で調停委員を挟んで話し合い、夫婦は顔を合わせなくていい。

裁判離婚・・・協議離婚、調停離婚で決着が付かない場合に裁判になります。

裁判離婚は時間かかるのよね、とヨミコ。

石井先生は、以下のように説明します。

「裁判離婚は時間はかかりますが、慰謝料や養育費、財産分与などきっちり決めれるので、納得がいく離婚ができますよ」

これらのどの離婚の仕方でも、養育費、慰謝料、財産分与がきっちりできれば後味がいいとのこと。

塔子は、元旦那から「自分は無職だから支払い能力がなく、養育費と慰謝料は払えない」と言われたことを思い出し、本当に1円ももらえないのか石井先生に聞きます。

石井先生は、「旦那さんが無職だと、取れる金額は0円に等しい」と答えます。

養育費は14歳までのお子さんを扶養する方がもらえるもので、給与所得の人の方が自営業に人より少し安く設定されているとのこと。

塔子は、自分は一刻も早く別れたくて調停離婚を選ばなかったことを悔いていました。

もし調停離婚を選んでいたら、慰謝料はいくらもらえていたのか石井先生に尋ねます。

石井先生は、証拠をたくさん集めてられたと言って、だいたいの金額ですがと電卓でパチパチ計算して出た数字を塔子たちに見せます。

その数字を見て絶句する塔子とママ友たち。

なんともすごい形相で、汚い言葉で憤る塔子。

おびえる石井先生は、「弁護士を雇う費用はかかりますがその分しっかり回収もできる」と続けます。

もはや人ではない顔をしている…!!となおもおびえる石井先生。

ママ友たちがどうにか塔子をなだめ、まだ口から火が出ている塔子も石井先生に謝ります。

請求に時効はあるのかとママ友に聞かれた石井先生は、「時効はある」と答えます。

主に、損害及び加害を知った時から慰謝料は3年、養育費は5年(協議で決めた場合)で、時効が完成すると請求はできなくなるので要注意とのこと。

相手への怒りに時効はないのに、としょんぼりする塔子。

ただ塔子の場合、親権で揉めなかったのは救いでした。

親権はかなりもめる問題だと、石井先生が離婚届の紙を見せます。

離婚届にある項目で「未成年の子の氏名」という欄に注目して欲しいと言います。

子どもがいる場合はここが空欄だと不受理になるとのこと。

ここで、ちふゆさんから塔子さんに質問のおはがきの紹介です。

「そんなヒドイ配偶者だと結婚前に気づかなかったの?」

ずいぶん痛いところをつかれた塔子。

こればかりは猫をかぶっている人もいるので、結婚前にはわからない部分です。

お店やコンビニでの店員さんに対する態度でわかるなんて言う人もいるけれど、100%そうだとは言い切れないからよく観察することが必須です。

塔子は、見抜けなかった、と悔しそう。

男女平等でお互いが助け合える素敵な家庭をみなさんが築けることを、塔子たちは願っています。

最後に、同じ問題に直面している全ての人に辛いときは我慢しなくていいんだよ!とエールを送っていました!

暴力亭主から逃れる10の方法【最終話(11話)】の感想

最終回は離婚の仕方を弁護士の先生と振り返ってくれて、これから離婚しようと思っている方にはすごく為になるお話でしたね!

塔子は結局お金をもらうことができずに離婚しましたが、裁判離婚であれば慰謝料は結構もらえたようですね。

あれだけの仕打ちをモラハラ夫&モラハラ義両親に受けた事実を考えると、慰謝料をもらって欲しかったところです。

早く別れたい気持ちももちろんわかりますが、後から後悔しても遅いってことが今回の話でよくわかりましたよね!

弁護士さんはやっぱりプロなので、最初は多少お金がかかったとしても、後から返ってくる可能性のほうが高いので、きっちり相談するべきだと思いました。

一人で戦うのはやっぱり心細いですが、弁護士先生が一緒に戦ってくれるんですから、大丈夫な気がします!

塔子さん、幸せに日々を過ごしていけますように願っています!

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国
公式ページへ

※『ぼうりょくていしゅ』と検索してね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です