漫画無料・最安値情報

注文の多い玉の輿婚を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『注文の多い玉の輿婚』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『注文の多い玉の輿婚』は無料で読める?

2022年4月現在、『注文の多い玉の輿婚』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『注文の多い玉の輿婚』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年4月現在、『注文の多い玉の輿婚』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『注文の多い玉の輿婚』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『注文の多い玉の輿婚』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『注文の多い玉の輿婚』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『注文の多い玉の輿婚』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『注文の多い玉の輿婚』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『注文の多い玉の輿婚』のように、しっかりタイプのヒロインとイケメン御曹司、境遇は違えどどこかお似合いな2人を描いた作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『注文の多い玉の輿婚』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回70%OFFは利用OKです。

『注文の多い玉の輿婚』は1巻当たり110ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、33ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『注文の多い玉の輿婚』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『注文の多い玉の輿婚』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『注文の多い玉の輿婚』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

結婚相手に求める条件

年収5000万以上。

慎みがあり優しい人柄で、家族を何よりも大切にする。

賭け事はせず、浪費癖もない… でも、ケチは嫌!

マザコンも無理だし、長男じゃない方がいい。

死ぬまで、何の不自由もない生活を与えてくれる人…

美園里香(みその りか 24歳)は、完璧な相手と結婚するという夢を叶えるため、

会員制のセレブ限定婚活パーティーに参加していた。

めぼしい男性を見つけては、職業、服装、立ち振る舞いをチェックし、ランクづけする。

もちろん、身につけているブランド品や、SNSの確認も怠らない。

(お金持ちならいいってわけでもない。

全ての条件をクリアした男との結婚… それこそが真の玉の輿よ!!)

その時、周囲がざわめき、高宮グループの社長が姿を現した。

国内屈指の有名企業で、総資産もトップレベル。

…にもかかわらず、里香は、あまりにも現実離れした家柄ゆえに全く興味を示さなかった。

ところが、背を向けた里香に、社長が声をかける。

「君…

僕は、高宮燐太郎(たかみや りんたろう)というのだが、君の名は?」

振り向いた里香は、彼の整った顔立ちを見て、思わず息をのんだ。

(なっ!! なんて美形なの?! レベルが違う!)

自分の名前を告げると、燐太郎は真剣な表情でとんでもない事を口にした。

「里香、僕と結婚してくれないか?」

(…はぁ?! 早速、プロポーズ?

…金銭面は完璧! でも、イケメン過ぎる…!

女性関係で苦労する確率が高くなるしな… よって却下!!)

涙を浮かべて、謙虚さを装いつつ、丁重にお断りする。

そして、頭をペコリと下げると、その場を後にした。

危険な男

婚活パーティーの翌日。

この日、新しい職場へ初めて出勤した里香は、早速、受付嬢としての業務をこなしていた。

新たな出会いを期待していた彼女だが、予想外の人物との再会によってピンチに陥る。

高宮燐太郎…

親会社の社長であり、昨夜求婚を断られた彼が現れ、里香を会議室へと連れて行く。

「君に会いたいと思っていた。

うちのグループの子会社で働いていたとはね…」

その後、燐太郎は自分がどれだけモテて大変かという話を長々と始めた。

相手の女性達が、燐太郎の魅力に正気を失い、ストーカー化するという。

「昨夜のパーティーでも、君だけが僕に無関心だった。

だから求婚したんだが、まさか断られるとは思わなかったよ。

しかも、断り方が… 悲劇のヒロインを演じるなんてね…」

燐太郎は、里香を壁際に追い込むと、彼女を囲うように両手を壁についた。

そして、里香の瞳を正面から見据える。

「そんな君と、真剣に結婚したいと思った…」

顔を赤らめる彼女の頬に、そっと手を添える。

「祖母がね… 涙袋のある女性と結婚するように言ってたんだ。

情が深いんだって… 君は、理想だね」

(はぁ~?! 何を言ってるの?

この人、ババコン?! 絶対無理!!)

フツフツと怒りが込み上げ、里香は、燐太郎を睨みつけ叫ぶ。

「アンタは、ゲームみたいに思ってるんだろうけど、私は、人生賭けてんの!

真の玉の輿に乗るためにね!!」

「玉の輿なら、僕がピッタリじゃないか」

「その顔が嫌いよ! では、さようなら!!」

里香は、捨て台詞を吐き、会議室を飛び出す。

(バカにしやがって~!!

誰があんなヤツと結婚するか!!)

愛情の有無

ある日の夜、里香は、数ヶ月前に出会った理想の結婚相手とホテルで夕食を楽しんでいた。

百貨店の御曹司である伊藤(いとう)は、里香の挙げる条件を全て満たしている。

そろそろプロポーズされるのではと、彼女自身、内心で期待していた。

予想通り、伊藤が指輪を差し出し、頬を赤く染める。

「里香さん、結婚してください」

(やっぱりね… 断るなんて選択肢、私にはないわ…)

「嬉しいです。お受け…」

「ふ~ん… 君の理想の相手って、この男なの? 意外だね…」

里香の言葉を遮るように、燐太郎が突然割り込んできた。

焦った里香は、急いで燐太郎の腕を掴み、席を外す。

人目のつかない場所に連れて行き、燐太郎に詰め寄った。

「ど、どうして居るんですか?!

…邪魔しないで下さい。伊藤さんにも失礼です!」

「僕は、本当の事を言っただけだ。

プロポーズされたのに、あの顔は、おかしいだろ?

君は、好きで彼と結婚するわけじゃない!」

「私は、結婚相手と恋愛する気はないの!

そんな感情に振り回されて相手を選ばない!」

愛はあるが貧乏だった両親を持つ里香は、幼い頃からひもじい生活を強いられていた。

愛さえあればお金は必要ないという親の考えを全く理解できず、反骨心が膨らむ。

その思いを強く持ったまま成長した里香は、恋愛感情抜きで相手を探すようになっていた。

「私は、絶対に玉の輿に乗るの!!

そのためならどんな努力だって惜しまない!

私の理想は、伊藤さんなの! お願い…! 邪魔しないで…」

里香は、今まで誰にも言わず、自分の中に抑え込んでいた感情を、燐太郎にぶつける。

その後、伊藤の元に戻った里香は、改めて、プロポーズを受けると伝えた。

「嬉しいよ。1つだけ、里香さんに確認しておきたい事があるんだ。

部屋を取ってあるから、先に上に行ってて」

処女である里香は、体の相性をみるのかと、ドキドキしながら部屋で待っていた。

しばらくすると、伊藤が入ってくる。

彼の手には赤ちゃんが使うおもちゃのガラガラが握られていた。

「実は… 赤ちゃんプレイが大好きで…

僕は、これでしか興奮しないんだ。

結婚するのに、黙ってるのは良くないと思うから…

この事を知った上で、結婚するかどうか決めてほしい」

(伊藤さんは、私の完璧な理想の相手。

この性癖さえ、目をつぶれば…)

理想の王子様

一方の燐太郎は、ホテル内にあるバーのカウンター席で1人、お酒を飲んでいた。

内から沸き起こる嫉妬心が、彼の端正な顔を歪めさせる。

その時、女性が近づいてきて、燐太郎の隣に腰を下ろした。

「えっ?! どうして君が…?」

「伊藤さんとは、破談になったのでやけ酒をしに来たんです!」

里香は、注文したウイスキーのロックを一気に煽る。

「もう、ずっとお酒なんて飲んでない…

夜の8時を過ぎたら何も食べずに我慢してきたし、美容のためにといろいろ努力もした。

料理は何でも作れるし、結婚に有利な資格もたくさん取ったわ。

それなのに… 一瞬で全部消えちゃった…!」

里香の頬を、大粒の涙が流れ落ちる。

伊藤に性癖を打ち明けられた里香は、別れる道を選んだ。

「正直な気持ちを教えてくれてありがとう」

彼は、最後に誠実な態度で、そう言った。

里香は、打算的な考えで生きてきた自分が情けなくなる。

「他人の所有するものを当てにして、自分の幸せを掴もうとしたくせに、

1つの短所さえ、許せず逃げてしまった…」

「詳しい事情は知らないが、君の今までの努力が無駄になったわけじゃない。

金持ちなんていっぱいいるんだ。

短所さえ愛しいと感じられる相手がきっといる。

…ところで、君の理想の結婚相手とは?」

里香は、理想の条件を事細かに並べていく。

「注文が多過ぎないか? まあ、僕は、全てクリアだな」

燐太郎が、里香に笑顔を向ける。

しかし、彼女は、それをキッパリと否定した。

「イケメンは、浮気するから嫌!

だから、アンタも無理なの! …でも、ちょっと優しいところは、加点かな…」

すると、燐太郎が里香の顎に手を添え、ぐいっと引き寄せた。

至近距離で、彼女を見つめ…

「君も、思っていたより可愛いところがあるようだ。

俺以外の男が原因で涙を流すというのは不愉快だが、必要ならもっと慰めるよ…?」

唇同士が触れそうになった瞬間…

彼女の体からガクッと力が抜け、そのままカウンターに突っ伏し眠り始めた。

「君の口から、結婚してほしいと言わせたくなったよ…」

里香の寝顔を見ながら燐太郎は呟いた。

第1話:感想・考察

玉の輿婚という目的のため、あらゆる努力や自分磨きを怠らない里香の気迫が凄いです!

育った環境が、それだけ彼女に影響を与えているんだなと思いました。

それぞれのキャラクターにしっかりとした個性があり、面白かったです。

燐太郎が、美形過ぎて相手の女性が正気を失うという設定に笑いました。

でも、1番は、赤ちゃんプレイの伊藤さんでしょうか…

控え目で、おっとりとしたイメージだったのに…

設定がぶっ飛び過ぎて、脇役なのに忘れる事ができません。

楽しく読めるオススメの1冊だと思います!

注文の多い玉の輿婚を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『注文の多い玉の輿婚』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『注文の多い玉の輿婚』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。