漫画無料・最安値情報

ダブルステップファザーの無料試し読み!今すぐ全巻読める先行配信サービスはここ!

今回は、『ダブルステップファザー』を無料で読める電子書籍サービスがあるか、チェックしてみました。

『ダブルステップファザー』は無料で読める?

2021年11月現在、『ダブルステップファザー』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『ダブルステップファザー』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2021年11月現在、『ダブルステップファザー』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
※1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『ダブルステップファザー』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『ダブルステップファザー』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『ダブルステップファザー』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『ダブルステップファザー』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300Pt
シーモア500 550円 500Pt
(+50Pt)
シーモア1000 1100円 1000Pt
(+150Pt)
シーモア2000 2200円 2000Pt
(+450Pt)
シーモア3000 3300円 3000Pt
(+690Pt)
シーモア5000 5500円 5000Pt
(+1200Pt)
シーモア10000 11000円 10000Pt
(+2500Pt)
シーモア20000 22000円 20000Pt
(+6000Pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『ダブルステップファザー』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『ダブルステップファザー』のように、子供を挟んだ展開を描くBL作品は、これからも続々と登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『ダブルステップファザー』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『ダブルステップファザー』は1巻当たりは165Ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、82Ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『ダブルステップファザー』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『ダブルステップファザー』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『ダブルステップファザー』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

第1話:『男二人で子育てはじめます』ネタバレ

イケメン建築士

「くだらん… 何がイケメンだ!

俺は30半ばのオッサンだっていうのに…」

一級建築士の宮野凌(みやの りょう)は、自分が出演したテレビ番組『熱情大陸』の

録画をチェックしながら、1人愚痴を零した。

途中でテレビを消し、手元のさやいんげんの下ごしらえに集中する。

凌は、大きな賞を受賞するほどの才能があり、日々忙しくも充実した生活を送っていた。

テーブルの上にあるスマホが、また音をたてて振動する。

テレビに出てからというもの、多くの自称友人からLIMEが届き、凌はうんざりしていた。

送られてくる内容は、皆同じ… 凌の結婚に関しての質問ばかり。

(結婚したくないわけじゃない…

最近、浮いた話もないし、もしかしたら一生、独りって事も…)

将来についてあれこれ考えていると、インターホンが鳴った。

「誰だよ…! こんな時間に…」

凌が、玄関の扉を開けると、スーツ姿の男性、加瀬大我(かせ たいが)が立っていた。

「よぉ! イケメン建築士。

昨日の熱情大陸、しっかり観たぞ!」

凌の事務所の顧問弁護士でもある大我は、幼稚園からの幼なじみだ。

「お前に話があって来たんだ。今ちょっといいか?」

大我は、そう言うとしゃがみ込み、自分の後ろに隠れていた、小さな男の子を引き寄せる。

「俺たちの子供だ! うれしいだろ?!

お前、テレビで子供が大好きって言ってたもんな!

2人で子育て頑張ろうな!」

キラキラした笑顔を向ける大我とは対照的に、凌の眉間には、深いシワが刻まれている。

(また、厄介事を…!

俺は、コイツに振り回される運命にあるのか?!)

突然の同居

「この子の名前は律、5歳になる俺の甥っ子だ」

律(りつ)は、凌の家のソファーに座り、行儀良くジュースを飲んでいる。

大我の姉、琴海(ことみ)が亡くなり、引き取る事になったらしい。

「お前、子育て出来るのか?

弁護士の仕事だって、忙しいだろ?」

「おっ! 心配してくれるのか?

大丈夫! 家政婦とかシッターとか利用するし。

幸い、金はいくらでもあるからな」

凌は、自分に抱き着く大我を引き剥がし、顔をプイッと背けて言う。

「…ま、まぁ、俺も相談聞くぐらいは出来るから…」

「本当!! 凌… 実は、相談が…」

大我は、凌の顔を両手で挟み固定すると、正面からグッと顔を近づける。

凌の嫌な予感は見事に的中し、大我は、とんでもない事を口にした。

「律と一緒に俺のマンションに帰ったら、火事で大騒ぎになっててさ…

まぁ、規模自体は、たいした事なかったんだけど、部屋が水浸しに…」

「ちょっと待て!! 俺のとこに来た理由って…?!」

「そういえば、凌の家、部屋余ってたよな!?」

マンションのリフォームが完了するまでの期間限定とは言え、

凌もすぐに首を縦に振ることが躊躇われた。

その様子を見て、大我は、急に肩を落とし、元気なくうなだれる。

「そりゃあ、迷惑だよな… 悪かったよ…」

「…っく! あ~っ!! 分かったよ!」

「り、凌ー!! やっぱりお前は優しいな。これこそ愛だ!」

落ち込んでいた大我は、態度を一変させ、ガシッと凌に抱き着く。

そして、首筋に顔を埋めながら、懐かしい過去の出来事を口にした…

「あの時… 俺が性嗜好をカミングアウトした時も優しかった…」

2人の関係

高校時代の記憶が蘇る。

凌と大我は、誰もいない教室で1つの机を挟み、向かい合って話をしていた。

「俺… 恋愛の対象が男なんだ。

…こんな事聞かされて、気持ち悪いって思った?」

凌は、思いもしていなかった発言に一瞬驚くが、過剰に反応する事はなかった。

ただ、自分の思いをそのまま大我に伝える。

「そんなふうに思わないよ。

お前はお前であって、突然別人になるわけでもないんだから」

「うん、そうだな。

でも… 俺が、凌の事好きだって言ったら?」

机に伏せるようにして横を向いていた大我が、急に体を起こし、凌に手を伸ばす。

そのまま首の後ろに手を添え、引き寄せると、唇にキスをした。

「やめろっ!!」

凌は、反射的に、大我の頬をおもいっきり殴り飛ばす。

大きな音を立てて、大我が椅子から転げ落ち、床にお尻を着いた。

「いった~! 本気で殴っただろ。

…キスして悪かった。返事もいらないから…」

大我は、口元を手の甲で拭いながら、目を合わす事なく言った…

(…あの時の告白に返事もせず、20年が経った…

大我は、どう思っているんだろう…

答えを告げるべきだったんじゃないか…)

大我の体温を服越しに感じながら、凌は、いまだに出ない答えを考える。

「お前、あの時、俺に言ってくれただろ?

好きでいるのは、自由だって…」

「よくそんな事言えるな!

俺は、知ってるんだぞ! お前がしょっちゅうゲイバーで男を持ち帰ってるだろ!」

ママのオムライス

『ぐぅ~っ』

律のお腹が大きな音を立てる。

恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら、お腹を抑える律の頭を、凌が優しく撫でた。

「俺もお腹空いたなぁ。もうこんな時間だし。

律! ハンバーグとオムライス、どっちが食べたい?」

時間はすでに19時を過ぎており、凌は、手早く夕食の準備をした。

…律の目がキラキラと輝き、目の前に置かれたフワトロオムライスに釘付けになっている。

3人でテーブルを囲み、賑やかな食事が始まった。

オムライスを一口食べた律が、皿を手に固まっている。

「おい、律? どうしたんだ?」

不思議そうに凌が、尋ねる。

「おんなじ… ママのオムライスとおんなじ味がする…」

「律、そうだよ。ママのオムライスと同じだ。

ママは、小さい時、この家で一緒に俺達と遊んでたんだ。

この家で、俺の母さんからオムライスの作り方も教わったんだろう…」

「えっ…? ママ、ここに居たの…?」

律の目が見る見るうちに赤くなり、零れんばかりの涙が溜まる。

歯を食いしばり、必死で泣くのを堪える律に、凌が寄り添った。

「我慢せず、泣いてもいいんだぞ」

「で、でも、ママと約束したんだ…

強い子になるって… だから…」

「そうだったのか… 約束、守ってたんだな。

この事は、ママに黙っておくから、大丈夫だ」

凌の大きな手が、律の頭を撫でる。

「ママ…! ママに会いたいよ…!!」

律の目から大粒の涙が幾筋にもなって流れ落ちた。

今まで、ずっと我慢していた寂しさが、凌の優しさと温かさに触れて溢れ出す。

凌は、しがみつき、泣きじゃくる律を、ずっとその腕で包み込んでいた。

風呂場で欲情

泣き疲れ、眠った律を、寝室のベッドに寝かせ、凌は、大我の元へ向かう。

シャワーを浴びる大我に、ドアを挟んで話しかけた。

「おい! 律と一緒に寝るだろ?

おーい、大我? どうした? 大丈夫か?」

「…大丈夫だ」

(全然、大丈夫って声じゃないだろ…!)

しばらくの沈黙の後、大我がぽつぽつと話し始めた。

「俺、律の気持ちに全く気付いてやれなかった…

叔父さん、失格だよ…」

「何言ってるんだ。

姉を亡くしたお前だって大変なんだから… そう気にするな。

風呂出たらビールでも飲めよ」

凌が、脱衣室から出て行こうと扉に手をかけた時、風呂場から大我が姿を見せた。

そして、凌の服を強引に引っ張ると、風呂場へと引きずり込む。

大我は、何も言わず、ただ凌をきつく抱きしめた。

シャワーから出る温かいお湯を頭上から浴び、服を来た凌までびしょ濡れになっている。

いつもと様子が違う大我に、凌は、抵抗するのを止め、抱きしめ返した。

(コイツのこの表情…

ヘラヘラして、弱い自分を隠そうとする。

無理してんの、バレてるっつーの…)

「…大我、好きなだけ泣けよ。我慢なんかするな…」

「り、凌…!!」

大我は、凌の優しい言葉に体を一層密着させる。

「…おい。なんか、硬いもんが…」

「すまん、反応しちまった。どう? このまま、慰め合う?」

「お前な、俺をセフレと同じにするな!」

凌は、体を引き離し、鋭い視線を大我に向ける。

大我の下半身は、凌との触れ合いで、すっかり立ち上がっり硬くなっていた。

真剣な眼差しで、凌を見つめる。

「お前をセフレと同列にするわけないだろ!」

「おい、冗談はよせ! 俺は、36のオッサンだぞ!」

「いいや… 衰えなんて感じないし、色気がヤバい…」

大我は、治まる気配のない自身のソレを凌の体に押し付ける。

「おい、落ち着け、大我!

悪いが、俺は、EDなんだ! だから出来ない!」

「えっ?! ED? えっ?」

まさかの告白に、大我も固まる。

すると、遠くから、律の泣き声が聞こえた。

凌は、急いで濡れた服を着替え、律の元へと走る。

大我は、シャワーを頭から浴びたまま、呆然と立ち尽くしていた。

「アイツが…ED? ヤバい… めちゃくちゃエロい…」

第1話:『男二人で子育てはじめます』感想・考察

イケメンおじさん2人の恋が、美しい絵で描かれています。

20年以上凌を想い続けるって、大我は、すごく一途ですね。

この想いが、どんな形で実るのか楽しみです。

同居という設定が、すでにドキドキしますし、凌のED問題も先が気になります。

甥っ子の律がとてもかわいくて、見ているだけで癒されます。

ぜひ、漫画でご覧になっていただければと思います!

ダブルステップファザーの無料試し読み!今すぐ全巻読める先行配信サービスはここ!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『ダブルステップファザー』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『ダブルステップファザー』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断するといいでしょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA