漫画ネタバレ

復讐の赤線【11話】『暴かれた真実(2)』ネタバレ感想!俊人の暴露によって杉山一家崩壊!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さない~』11話のネタバレ感想を紹介していきます。

10話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

11話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは12話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※11話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※11話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

復讐の赤線【11話】のネタバレ

俊人が全て暴露する

「こいつは父さんを誘惑するような汚らわしい女なんだ。いつ頃からか、父さんの書斎から夜な夜なこの女が出てくるのが多くなってな」

ただ黙って聞いている頼子、いっぽうの父は声を張り上げた。

「俊人、やめるんだ」

父に一喝されても俊人の言葉が止まらない。

「それで僕は見たんだ。この女は父さんの股の間に顔を埋めてたんだ、気持ち悪い!」

回想

俊人がいうとおり、椅子に座った父の股の間に、頼子が顔を埋めていた。

「優しく、歯を立てずにな」と父。

すぐに父は、「もう少し強めでもいいんだぞ」と言って頼子のあたまをガシッと掴んだ。

「手も離すんだ」と父に言われ、頼子は両手をだらりと下げた。

「いいよ、ユキちゃん」と、頼子の母の名を呼ぶ父。

父と頼子の母はいとこだが、どうやら父は、頼子の母に密かな願望を抱いたいたようだ。

父と頼子のそんな様子を、陰でこそこそ覗き見している俊人。

家族が壊れる

「どんな状況なら、股の間に顔を埋めるってんだ?」と俊人。

俊人の暴露によって焦る父は、顔中から冷や汗を流している。

そんな父を横目で見る母は、なんとも言えない表情。

恵子はすっかり青ざめて、おぞましそうな目で父を見下ろしている。

何も言えない頼子を見て、篤人は弟の俊人を問い詰める。

「お前、頭おかしくなったのか?」

母がパニックになったかのように立ち上がり、髪の毛をわしゃわしゃと掻きむしりながら「なんてこと」と呟いた。

「世話をなるばかりか、うちの人に手を出すなんて。どこまで図々しいんだい?」

睨み付けるように頼子を見た母は、爪を立てて頼子の頬を引っ掻こうとした。

それは掠めただけだったが、すぐに母は頼子の首を両手で締める。

篤人が止めるが、母の気持ちはおさまらない。

恵子に塩を持ってくるように命じ、頼子と突き飛ばして塩をまく母。

まるで砂かけ婆のように、何度も何度も頼子に塩をかけ続ける。

「出ていけ」と繰り返しながら。

口を固く結んだ頼子は、ついに家を飛び出して行った。

すぐに追いかける篤人。

その場にがっくりと倒れる母は、まるで抜け殻になったかのように青ざめていた。

「あああああああああああ」と奇声を上げ、畳に泣き伏せる母。

父はただ無言を貫いている。

俊人は「あはははは」と笑い声を上げ、してやったりとばかりに切り出した。

「みろ、あの女を追い出してやったぞ。みんな、僕を認めるんだ」

俊人の笑い声が、夜の空に鳴り響く。

庭に出た頼子

庭で立ち尽くす頼子の背中に、篤人が声をかけてきた。

暗い空の中、微妙な距離を保って立つ篤人。

復讐の赤線【11話】の感想

壮絶ないじめの末に、俊人の暴露によって家族崩壊を迎えた杉山家。

悪いのは全て杉山一家ですが、自分たちが悪いとは思ってもいないのでしょう。

ただ一人、長男の篤人だけは頼子の味方です。

しかしもう、頼子の心も限界に近いはず。

タイトルの通り、復讐劇が始まっていきそうな予感がしますね。

12話のネタバレは、以下をどうぞ!

復讐の赤線【12話】『さよならも告げずに』ネタバレ感想!杉山家を出た頼子!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さ...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※11話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※11話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です