漫画ネタバレ

復讐の赤線【37話】『罪深き女』ネタバレ感想!兄弟の対立!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さない~』37話のネタバレ感想を紹介していきます。

10話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

11話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは12話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※11話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

36話のネタバレは、以下をどうぞ!

復讐の赤線【36話】『夢想家の追憶』ネタバレ感想!直視できない現実!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さ...

復讐の赤線【37話】『罪深き女』のネタバレ

36話の続き

百合の園で鉢合わせになった篤人と俊人。

篤人は娼館に通う俊人を責め立てる。

「父親を亡くしているのに娼館に来るなんて、どうかしてる!」

「兄さんだってここに来てるじゃないか」

俊人に蔑むように指摘された篤人は、二の句が継げなくなる。

兄弟喧嘩

「兄さんがここを知っていたとは驚いた」

俊人はそう言うと頼子に問い質す。

「僕に隠しごとをしているのか?」

「ごめんなさい、わざわざ話す必要もないかと思って」

篤人はお金で自分を買ってくれる訳ではないから、俊人に話す必要性を感じなかったと、頼子が答える。

それを聞いた篤人は焦ったように、父の死を伝えに来たと訴えようとしたが、話が堂々巡りになると察して途中で押し黙る。

「俊人、今日は家に帰ろう」

「は?嫌だね。金は用意してるんだ。僕と奴隷のひとときを邪魔するなよ」

「その金はどうやって手に入れたんだ?」

また母から盗んだんじゃないかと疑う篤人。

「親切な人が貸してくれた」

弟が借金までして娼館に通っている事実を知り、篤人は驚いた。

「そんなことはやめろ!借りた金もすぐに返すんだ!」

「黙れ!偉そうに僕に命令するなよ!」

二人が言い争いを始める。

「うるさーーーいっっ!」

夢子が大きな叫び声を上げて仲裁に入る。

「なんだい、また揉め事が起きてるのかい?」

釣られて女将の芳子も店先に顔を出す。

夢子が二人が兄弟喧嘩を始めたと芳子に説明する。

「喧嘩はよそでやってくれない?他のお客さんに迷惑よ」

うんざりした顔の夢子が文句を言うと、二人は気まずそうに黙り込む。

すると、頼子が夢子に近寄り、俊人から受け取ったお金を返すよう申し出る。

「…ごめんなさい。今日はもう帰ってください」

「頼ちゃん…」

「頼子…」

丁重に追い払われた篤人と俊人は、ばつが悪そうに頼子を見つめる。

「俊人さん、また遊びに来てくださいね」

満面の笑みを浮かべて、お客である俊人にだけ挨拶する頼子。

俊人は照れ臭そうに頬を染める。

頼子の胸元を見て、首輪(ネックレス)をしていないと指摘する。

奴隷の証として、いつも身につけておくよう注意を促した。

「俊人、もう行くぞ!」

篤人に腕を取られ、急き立てられる俊人。

後ろ髪を引かれるように篤人と共に去って行った。

男を惑わす娼婦

二人が店を出て行った直後、娼婦の中で人気NO1の蘭子が顔を出す。

「自分のために兄弟が争うなんて、スズランは罪深い女ね」

それほど娼婦の頼子は、男にとって魅力的な存在だと話す蘭子。

頼子は気恥ずかしそうに蘭子の言葉を聞いていた。

すると、女将の芳子が仕事を再開するよう促す。

気持ちを切り替えて仕事に戻る頼子の顔色がふと曇った。

篤人さんに、俊人さんがここに通っていることを知られてしまったわ…

この出来事がきっかけで、俊人が娼館に来なくなるんじゃないかと不安を抱く。

親切な見知らぬ人

店に来た高塚と事を終えた頼子。

布団の中で篤人と俊人が鉢合わせた出来事を報告する。

「そんなに不安がる必要もないだろう。借金を作ってまで入れ込んでる女を早々手放すとは思えない」

「その借金も気になるわ。お金を無利子で借りてるなんて…」

心配そうに話す頼子に高塚は、お金を貸してくれる人物について俊人は何か話していたかと問いかける。

「特には聞いていないわ。でも、なぜ見知らぬ他人が俊人さんにお金を貸してくれるのかしら」

疑問を口にする頼子。

高塚は頼子の話を聞きながら、何か考え込んでいる。

「…悪いようにはならないさ」

「……?」

口元にニヤリと笑みを浮かべて答える高塚。

頼子はその言葉の意味が分からず、不思議そうに高塚を眺めていた。

復讐の赤線【37話】『罪深き女』の感想

頼子を巡って対立する篤人と俊人。

篤人は娼婦の仕事をとことん見下していますが、頼子にとって自分の誇りを否定されたようなものですからね。

奴隷だなんだと言いながらも、お金という対価を払ってスズランを買っている俊人の方が頼子の存在意義を肯定していると思います。

俊人にお金を貸している謎のイケメンは、高塚の反応からして何かありそうですね。

やはり、高塚と繋がりがある人物なんでしょうか。

このままお金を借りまくってたら、ヤバいことになりそうです。

38話のネタバレは、以下をどうぞ!

復讐の赤線【38話】『ネフティスの夜』ネタバレ感想!溢れ出す想い!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さ...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※11話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA