当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【188話】ネタバレ感想!ユニコーンの発表はなぜ日本で?

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』188話のネタバレ感想を紹介していきます。

第187話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【187話】ネタバレ感想!先生の立場を利用するダエル!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【188話】のネタバレ

ダエルをたしなめる

不動産屋から連絡が来た、というダエル。

しかしその内容は、またしても詐欺っぽいものだった。

「いい加減、忘れろ」と恭弥がたしなめると、ダエルは了解した。

ラノックからの指令

ダエルとの通話直後、ラノックから電話が入った。

予定を合わせ、ネクサスホテルで会うことに。

火曜日になり、ホテルへ向かった恭弥は、スイートルームでラノックと会った。

食事を楽しみながら、サシで会話する。

ラノックはまず、第一声からこんな言葉を発した。

「明日はルイから銃を受け取ってくれ」

なんでも、ラノックとロリアムの友たちは、警護責任者に恭弥を指名する予定とのこと。

恭弥にしては、寝耳に水。

ラノックの口ぶりからして、どうやら恭弥が警護の統制権を持つことは、前もって決まっていたらしい。

他にも何かあると感じた恭弥は、ストレートにそう尋ねた。

「情報機関の担当者が一人、亡命する可能性がある。となれば、銃撃戦になるかもしれない」

「そんなこと、日本政府が許さないと思いますが」

「ああ。だからこそ、総理官邸の警備と内閣情報調査室に状況を伝え、了解を得る人物が必要なんだ。適任なのは、君だよ」

気が進む案件ではないものの、恭弥にとってラノックは味方である。

ということで、恭弥はこの件を引き受けた。

周防について

話は変わり、周防についての話題になった。

ラノックからしても、周防は邪魔な存在だそうで、恭弥にいろいろと情報をくれた。

「もう知っていると思うが、ヤツは小児性愛者だ。童顔の女性社員に手を出したこともあるそうだ」

周防は、海外でも同じようなことをしているらしい。

「私にも娘がいる。社会のためにも、君の計画に協力するよ」

次に恭弥は、なぜ日本でユニコーンの発表を決めたか、という質問をした。

「一つは、中国などの東北アジアの国々に、我々の意思を伝えるため。もう一つは、アメリカとイギリスの動きを見るためだ」

ゴッド オブ ブラックフィールド【188話】の感想

ネクサスホテルにやってきた恭弥は、ラノックとサシで会話します。

ユニコーンの発表にて、ラノックやその友人たちの警護は、恭弥が担当することが決まりました。

大々的なプロジェクトだけに、警護のプロはもちろん配置される予定です。

それでも恭弥を指名してきたのは、信頼の証とも言えるでしょう。

でも恭弥にしてみれば、まったくもって寝耳に水。

それでもラノックは味方だと割り切り、すんなり了承していましたね。

周防についても、ラノックから情報が入りました。

海外でも周防の暴挙は猛威を振るっているようで、ラノックからしても厄介な存在みたいです。

ということで、この点も恭弥のバックアップをしてくれるようです。

そして最後には、アメリカとイギリスがブラックヘッドを追っている、といった話題も飛び出しました。

ユニコーンを日本で発表する理由として、ブラックヘッドが関係しているようです。

恭弥が転生した要因とされている宝石です。

次回、ラノックの口から、どんな内容が語られるのでしょう?

第189話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【189話】ネタバレ感想!杉田未央に迫る危機!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。