当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【192話】ネタバレ感想!警護の打ち合わせ!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』192話のネタバレ感想を紹介していきます。

第191話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【191話】ネタバレ感想!情報漏洩の犯人は氷室?こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【192話】のネタバレ

黒川と打ち合わせ

氷室との通話を終えた恭弥は、ダエルに連絡を入れ、黒川の元へと向かった。

ユニコーンプロジェクトの警備について、事前の打ち合わせだ。

食事を終えてから、話を始める3人。

まずはラノックの表向きの予定を確認しながら、警備について話し合う。

「もし銃撃戦が起こったら」という恭弥の問いに、黒川は答える。

まずは総理官邸の警備隊が動き、内閣情報調査室が鎮圧にあたる。

そして、自衛隊も投入する、と。

「C-4が搬入された場合は?」

隅々までチェックした結果、今のところは、会場のどこにもC-4は設置されていないらしい。

「設置されるなら、発表会の最中ってことですね」

「はい。でも、参加者全員をボディチェックしますので、まず不可能です」

とはいえ、他の階に勤務している者や、訪問客、マスコミの人たちまでは対応しきれないそうだ。

つまり、敵に隙をつかれる可能性もある、ということだ。

「時間があれば、他の会場を用意してました。国際ビル(ホテル)、警護はしにくいですからね」

黒川の言葉を聞き、恭弥はひとこと詫びた。

ラノックの頼みを受託したことに。

「そんなふうに思わないでください。あなたの功績は、銅像が建つくらいのものなのですから」

恭弥はひとつ息をつき、話を整理した。

そして最後に、指揮権を自分に委ねてもらうことを、黒川に確認した。

承諾した黒川は、最後に聞きにくい質問をしようとして、思いとどまった。

恭弥はすぐに見抜いて、万が一のことを自ら口にする。

「オレがやられたら須賀先生が、その次はフランス要員のルイに。この順で指揮権を渡してください」

ダエルに共有する

黒川と別れ、車で会話する恭弥とダエル。

恭弥は、ラノックから聞いたアメリカとイギリスの動きを、ダエルに話した。

恭弥やダエルが生まれ変わったことと、何か関係があるのか…?

「考えてもわかんねえっす」とダエル。

とりあえず、今はユニコーンの警備が優先だ。

そんな会話をしたあと、ダエルはグラスから氷を口に運び、ガリガリと噛み砕いた。

「うるせえな、腹減ってんのかよ?」

「そうなんすよ、無性に腹減ってしょうがないんす」

準備をして、いざ会場へ

ユニコーン発表当日の朝。

恭弥はいつものようにトレーニングで汗を流した後、シャワーを浴び、ビシッとしたスーツに身を包んだ。

そしていざ、会場へ。

ゴッド オブ ブラックフィールド【192話】の感想

今回は、ユニコーンプロジェクトについて、黒川と打ち合わせる様子がメインに描かれてましたね。

場所や人物の動き、指揮権についてなど、いろんな角度から話し合いが進められてました。

世界が注目するくらいのビッグイベントですが、阻止しようとする反対勢力がいるのも事実。

ただ華やかなだけではなく、危険が伴う任務です。

警備は万全の状態で実施されるのでしょうが、そこを掻い潜ってくる敵もいるのでしょう。

だからこそ、恭弥の活躍シーンが際立つわけですけどね。

今回の敵は、どうやって警備の隙をついてくるのか?

恭弥たちは、邪魔しようとする敵をどうやって倒していくのか?

ラノックや、海外の大物たちにも、危険が及ぶのか?

日本の政治家たちの動向は?

今後の注目ポイントは、そのあたりに集まりそうですね。

第193話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【193話】ネタバレ感想!ラノックの警護として会場入り!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。