当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【196話】ネタバレ感想!恭弥が好きな人とは?

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』196話のネタバレ感想を紹介していきます。

第195話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【195話】ネタバレ感想!ヴァシリに言い返す恭弥!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【196話】のネタバレ

部下に満足する周防

仕事ができる部下を持ってご満悦の周防は、不適な笑みを浮かべながら部下を褒めた。

「君はきっと、近いうちに日の目を見るだろう。その調子で頼む」

ルイのアンヌへの思い

控室で話す、恭弥とルイ。

ルイに一服を持ちかけられた恭弥は、年齢を理由に断った。

するとルイも、目上の人の前では吸えないと言って、遠慮した。

「オレは目上の人じゃねえ。吸いたいなら吸え」

それでも遠慮するルイだったが、恭弥が自ら動いてルイの口に咥えさえ、ライターで火をつけた。

礼を言いながら、一服するルイ。

ルイいわく、情報機関の担当者たちは、今夜で帰国するらしい。

予定は明日までだが、実際は1日余裕を持った日取りが組まれているそうだ。

そんな話題の最中、恭弥はふいに尋ねた。

「アンヌとはどうなんだ?」

ドキッとするルイに、目を細める恭弥。

「ムッシュ西のお気持ちは?」

「オレには好きなヤツがいる」

ゴルフ場でアンヌを助けた際、アンヌは恭弥に惹かれたようだが、それが恋愛感情じゃないことを、恭弥はわかっていた。

そこへ黒川がやってきて、気になる点を伝えてくれた。

「爆弾は見つかっていませんが、上の階に中国人の団体が泊まっているのが気になります」

さらに、このビルを所有しているのは、清水建設だということも。

公の場での食事

ラノックと再会した恭弥は、移動しながら話し合いの内容を聞いた。

晩餐会場の扉の前で、恭弥は遠慮しようとしたが、総理からの指名だということを聞き、苦笑いするばかり。

仕方なく会場に入り、カメラのシャッターを浴びる。

内心で撮られるのを嫌がりながらも、ラノックと共に席まで移動。

総理が入場し、壇上で軽い挨拶を述べた。

その後、ワイングラスを持った総理に合わせ、会場全体もグラスを持つ。

「乾杯!」

ゴッド オブ ブラックフィールド【196話】の感想

今回のハイライトは、なんと言っても恭弥の一言ですね。

「オレには好きなヤツがいる」

さらりと描かれたシーンで、恭弥も軽く言葉にしたくらいの感じでしたが、きっと本心なのでしょう。

相手が誰かまでは言ってませんが、候補は絞られますよね。

恋愛に対する気持ちを言葉にしただけあって、けっこうインパクトがあります。

いっぽうのルイは、どうやらアンヌに気持ちが向かっているようですね。

同じフランス人同士、お似合いのカップルができるのではないでしょうか?

さて、黒川からは、いくつか気になる点が報告されました。

上の階には中国人が泊まっていること。

ビルが清水建設の所有であること。

総理やラノックなど、各国の主要な人物が集う晩餐会だけあって、敵にしてみれば願ってもないチャンスのはず。

祝いの席が一転、バイオレンスな場に変わってしまうのでしょうか?

恭弥がどのように危険を察知し、主要な人物たちを守るのか、そのあたりが見どころになりそうですね。

第197話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【197話】ネタバレ感想!警備隊隊長の煉屋万寿郎!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。