当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【202話】ネタバレ感想!条件は周防の身柄?

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』202話のネタバレ感想を紹介していきます。

第201話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【201話】ネタバレ感想!周防に対するリベンジを誓う!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【202話】のネタバレ

杉田未央について語る黒川

朝。

病室にて、両親を送り出した恭弥の元に、黒川とダエルがやってきた。

黒川いわく、佐古田と周防は日本を出ている、とのこと。

さらに黒川は、衝撃の事実を口にした。

「杉田未央というホテルのスタッフが、首を吊ったようです」

ショックを受ける恭弥は、杉田に対して自分が味方になる、といったセリフを伝えたことを思い出した。

テロに人員を割いたため、杉田の警護まで手が回らなかったのだ。

黒川から、周防がアメリカにいると聞いて、すぐに飛んでいくと口にする恭弥。

「それは控えるべきです」

黒川は冷静に、国外ではあまり派手に動くべきではない理由を語った。

恭弥はしぶしぶ納得し、黒川の言葉に耳を傾ける。

「周防はアメリカ国籍を、佐古田は中国国籍を持ってます」

つまり、日本で連中と戦うのと、アメリカや中国で戦うのとでは、状況がまるで違うのだ。

「本来なら、別の国の国籍を取得した時点で、日本の国籍はなくなります。しかし、中国は佐古田に、水面下で国籍を与えたのでしょう」

連中の愛国心ってやつが、日本以外にあると知って、ダエルは血管を浮き立たせた。

報復してゆくラノック

大使館にて、ラノックは部下からの報告を受けていた。

「セルパン・ブニムーの最高幹部を2人、始末しました」

「ボスも頼む。それと、周防の動向も把握してくれ」

その後、ルイとアンヌの話題へ移った。

ルイは少し入院する必要があり、アンヌはルイに寄り添っているそうだ。

それを聞いて、ラノックはつぶやく。

「ルイが不満なわけじゃないが…彼だったらな」

周防を差し出す?

黒川が去った病室で、ダエルと話す恭弥。

ダエルは、他国にでも行ってやると息巻いていた。

そこへ、4人の強面がやってきた。

その手には、セルパン・ブニムーの刺青。

「話がある」と、先頭に立つ男(ザビエ)が言った。

すぐに暴力を振るおうとしたダエルに、恭弥は待ったをかける。

ザビエは話し出した。

「ラノックが、俺たちを一掃するよう動いている。そこでボスは、あんたからラノックの説得を頼みたいと言っている」

このままじゃ潰し合いになる、とザビエは続けた。

相手の要望を聞いて、恭弥もダエルに賛同した。

殴り掛かろうとしたが…

「周防を捉えて差し出してやる」

と聞いて、足を止めた。

ゴッド オブ ブラックフィールド【202話】の感想

杉田未央が首を吊ったと聞いて、恭弥は衝撃を受けます。

ちょっとした回想のあと、周防や佐古田への怒りをあらわにします。

どうやら、杉田未央は姉と同じように、自殺に見せかけて始末されたのでしょう。

恭弥にしてみれば、ちょっとだけ話したくらいの関係ですが、守れなかった悔しさも入り混じっているはず。

ラノックのほうも、悪者退治を着々と進行中のようですね。

ヨーロッパ随一の権力を持って、セルパン・ブニムーを根絶やしにしてゆくつもりなのでしょう。

今話では、ラノックの口から、ちょっとした本音も垣間見えました。

娘のお相手についてです。

この辺りは、実際の絵で脚色なしのセリフを読んでみたほうが、臨場感が伝わってくると思います。

セルパン・ブニムーも、どうやらかなり追い込まれているようで、恭弥に頼みに来ました。

その条件は、周防の身柄!

次回、恭弥がどのような決断をくだすのでしょう?

第203話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【203話】ネタバレ感想!美紅と愛子が病室で対面!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。