当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【218話】ネタバレ感想!アメリカ大使から見限られる周防!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』218話のネタバレ感想を紹介していきます。

第217話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【217話】ネタバレ感想!周防宅に乗り込んだ恭弥たち!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【218話】のネタバレ

余裕をひけらかす周防

お互いに対峙した、恭弥と周防。

周防はなぜか、余裕しゃくしゃくの態度で、笑ったり、恭弥を罵ったりするばかりだ。

「権力ってものが、わかってないようだな」

周防は、煉屋にも、軽い言葉をかけた。

「煉屋さん。せっかくだが、私は忙しいんだ。これから用があってね」

なぜに周防がこんなにも余裕なのか、それは、近くにいるアメリカ人に声をかけたことで判明する。

アメリカ大使館のフランクと名乗ったその男は、周防に代わって説明した。

「あなたたちは、アメリカ市民を脅迫している状況です」

周防は、アメリカ国籍を持っているため、アメリカ政府の後ろ盾がある、という意味だ。

「わかったか」と周防はニンマリする。「これがエリートってやつだ」

フランクが寝返る

たまらず銃を取り出し、構えた恭弥。

ダエルも続いた。

「その銃を撃てば、アメリカと戦争することになるぞ」

周防の脅しにも屈せず、恭弥は構え続ける。

恭弥はフランクに向けて、フランス大使館のラノックに繋ぐよう声をかけた。

黒川がフランクに電話番号を伝え、フランクは電話する。

フランクが軽くラノックと会話したあと、恭弥に渡すためにスマホを地面に置き、恭弥がそのスマホを耳に当てがった。

「君の望みは、アメリカ大使たちを退かせることかな?」

「おっしゃる通りです」

ラノックいわく、あとでちょっと面倒なことになる可能性もあるが、とのこと。

それも飲み込んだ上で、恭弥はラノックに頼った。

スマホを投げ返すと、フランクはラノックと話し、突然態度を変えた。

肩に触れてきた周防の手を振り払い、アメリカ国籍の剥奪まで言い渡すのだった。

さらにフランクは、恭弥に歩み寄って、「ご協力感謝いたします」とまで。

「この件で問題が発生したら、西さんは正当防衛だったと私が証言しましょう」

去ろうとするフランクに、周防はすがりつく。

「いくら欲しいんだ? 金なら倍は払うぞ」

しかしフランクは、冷たい態度で周防を見下ろし、数名の部下を連れてさっさと去ってしまった。

後ろ盾を失った周防は、冷や汗を流すばかり…

ゴッド オブ ブラックフィールド【218話】の感想

戦いにやってきた恭弥に大使、周防は権力で応じてきました。

アメリカ大使を後ろ盾にして、自分は守られているアピールしてきたのです。

迂闊に手を出すと、恭弥たちが悪者になってしまう…

こういったときに頼りになるのは、やはりラノックですね。

目には目を、権力には権力を、って感じでしょうか。

ラノックは、ちょっとだけフランクと話しをして、恭弥の願いを叶えてくれました。

アメリカ大使というバリアを失った周防は、かなり引きつった表情を浮かべます。

逆に恭弥のほうは、形成逆転といわんばかりの意気揚々とした表情に変わります。

周防の護衛はまだ残っているため、次回はいよいよ、激戦必至でしょうか?

第219話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【219話】ネタバレ感想!周防をたたき伏せる恭弥!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。