漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【42話】ネタバレ感想!ミシェルのダイビングキス!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」42話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は24時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

第41話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【41話】ネタバレ感想!フランス大使からのお礼と口止め!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」...

ゴッド オブ ブラックフィールド【42話】のネタバレ

ミシェルのダイビングキスが恭弥に炸裂

ライトアップされる車のすぐ近くで、カメラマンに指示を出したり、撮影のアングルを考えたりしているミシェル。

車のすぐ横でパフォーマンスしている2人のモデルは、ミシェルの姿を見て、自分たちよりスタイルがいいことを羨ましく思っていた。

モデルの心情を察したのか、やや離れた位置で見ている恭弥は、、モデルのほうがが顔負けだな、と思っていた。

やがてモデルが会場にお辞儀して、新車の発表は終わった。

ミシェルも仕事を終えたらしく、場所を移動する。

無視するわけにもいかず、恭弥はミシェルに手を上げた。

ミシェルも手を上げ返してくれて、「キョウヤ」という声とともにダッシュで近づいてきた。

そのままのいきおいで恭弥の胸に飛びつき、いきなり恭弥の頬に手をあてがってキス!

その様子をすぐ近くでみている両親は、びっくり!

恭弥がフランス語で話すように伝えると、突然会えたことを嬉しがるミシェル。

恭弥はいったんミシェルをなだめ、両親に挨拶することにした。

母とは前に店であっているが、母は最初、ミシェルが誰かわからない様子。

レストランで会った女性ですと恭弥が伝えると、母も思い出した。

「ちょっと仲の良いくらいの相手じゃなさそうね?」と母に言われ、

「フランス人は積極的にスキンシップしてくるから」と恭弥は返した。

恭弥は、なんでここにいるのかをミシェルに尋ねる。

「雑誌社で働いてるって言ったわよね?」というミシェルは、シープの特集のために来たと説明してくれた。

ミシェルのほうも、なぜ恭弥がここにいるか知りたがった。

「父さんが西モータースの社長なんだ」と答えると、「お坊っちゃまだったのね」と驚くミシェル。

飲みにいかない? と誘ってきたミシェルに、いきなり誘ってくるのは白井美紅と同じだなと思った恭弥だが、ずいぶん世話になったこともあってOKした。

そこへラノック大使が通りかかって恭弥に会釈したため、恭弥も軽く頭を下げた。

それを見て驚くミシェルは、ラノックはフランスでは傲慢で有名な人物だと教えてくれた。

再来年の大統領選に名乗りを上げる噂もあると。

ミシェルにしてみれば、ラノックのほうが先に頭を下げたことが、すごいことだと思っていたようだ。

店に移動する前、両親にひとこと告げると、母は反対そうな表情を見せたが、父はあっさり許可してくれた。

先に帰るから、ゆっくり話してきなさい、と。

ミシェルの胸の内

オープンカフェのテーブルで、向き合って話す恭弥とミシェル。

なんで壁を作るの? と聞いてきたミシェルに、お互いの人生がある、と答えた恭弥。

「嫌ってるわけじゃないんだ。いい友達だとは思ってるけど、それ以上は•••」

ミシェルは眉を潜めて、「他の男は見ないでキョウヤだけを見ればいいの?」

そういうことじゃないんだ、と恭弥は言う。

「今は、誰かと特別な関係にはなれない」

何か重い雰囲気をまとう恭弥を見て、ミシェルは「本当に高校生なの?」と聞いてきた。

「好きに考えろ」

恭弥の胸中を悟ったミシェルは、これからはしつこくアプローチしないから、これ以上冷たくしないでほしいと願ってきた。

恭弥は返事をせずに、ドリンクを飲んで答えを見送った。

そこへ、若い女性がミシェルに挨拶しにきた。

愛子というその女性を、恭弥に紹介するミシェル。

さっき車のモデルをしていた人だと、恭弥は気づいた。

最近テレビにも出てるそうだが、あまりテレビを見ない恭弥にはピンとこない。

席を立ったこともあって、恭弥はそのまま帰ることにした。

お代は俺が持つよ、と言い残して。

少し残念そうなミシェル。

トレーニングに余念がない恭弥

翌朝。

まだ日も昇らない早朝に、恭弥はトレーナー姿で外に出ていた。

シャフランのことを考えながら、ランニングを開始する。

戦いの場から離れたシャフランは、指揮官になって(戦闘)能力が衰えた。

そして、命を落とした。

俺は絶対にごめんだ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【42話】の感想

ミシェルとの会話で、恭弥の気持ちが語られます。

やはり恭弥には、自分の人生には危険がつきまとうから、一般人を巻き込みたくない、という気持ちがあるようです。

いっぽうのミシェルは、恭弥のことを本気で好きみたいですね。

いきなりのキスは、フランス人ならではの積極的なスキンシップでしょう。

もしこのことを白井美紅が知ったら、どんな反応をするでしょう?

知らないままでいたほうがいいかもしれませんね(笑)

最後に恭弥は、シャフランの二の舞になるのはごめんだと思って、戦いの感覚が衰えないようにトレーニングします。

シャフランを倒したのは、恭弥自身なんですけどね(笑)

第43話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【43話】ネタバレ感想!脅迫メッセージが美紅や母にも!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は24時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です