漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【59話】ネタバレ感想!京極と首斬り屋の因縁!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』59話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに『待てば0円』で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

第58話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【58話】ネタバレ感想!京極に打ち明ける恭弥!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【59話】のネタバレ

首斬り屋

京極は首斬り屋について語り始めた。

味方の陣地に密かに侵入し、痕跡も残さずに首を斬って殺すため、そう呼ばれている男の話だ。

京極の回想

闇夜の中、戦場で首斬り屋を仕留める計画を立てる京極たち。

部下の一人が言うには、7時間前に何者かが1人で味方の陣地に侵入する姿が目撃されているが、正体は不明。

しかし1人で乗り込んできたことから、おそらく首斬り屋であることが予想されていた。

これはつまり、今が首斬り屋を捉えるチャンスということだ

鬱蒼とした森の中で、首斬り屋に隠れられたら、探し出すのは困難。

しかし首斬り屋が駐屯地に戻るには、2つのルートしかない。

峠を越えるか、川を渡るか、どちらかだ。

そこで京極は、味方を二手に分けて待ち伏せる作戦を敢行する。

京極たちB班は3人、A班は5人のうちわけだ。

なぜなら京極は強く、1人んで3人分だからだ。

こうして二手に分かれて待ち伏せしたが、京極の願いは自分のほうに首斬り屋が来てくれることだった。

なぜなら若い後輩たちは実践経験が浅く、少々荷が重いと思われるからだった。

しかし首斬り屋が現れたのは、京極がいるB班ではなかった。

A版の方に現れたと無線で聞き、京極たち3人はそちらに向かって急ぐ。

連絡があった場所までたどり着いたが、既にA班の姿はなくなっていた。

「まさか全員やられたのか?」

「縁起でもないこと言うな」

とにかく5人がいることを確かめるため、京極たちは周囲を探し始めた。

そして、A班が全滅させられていたことに気づく。

怒りに燃える、京極。

木に何らかの合図を発見し、さらに進むと血痕が地面に残っているのに気づいた。

どうやら戦いはあったようで、首斬り屋も負傷しているらしい。

さらに進むと、やや離れたところに首斬り屋の姿が!

京極はすぐに突進しようとするが、味方の2人に止められた。

首斬り屋がいる場所はすでに敵の陣地のため、踏み込んでいったら一瞬で敵が群がってくる、と。

それでも強引に突き進もうとする京極。

2人の味方に体を抑えられ、すぐ目の前に首斬り屋がいながら何もできない京極。

首斬り屋は暗闇の中で、指で首を横に斬る動作を見せつけてきた。

京極は叫ぶ。

「首斬り屋、お前の顔は覚えたからな。必ず俺が殺す」

首斬り屋は背を向けて、暗闇の森の中へ消えていった。

病室での会話

回想から戻った京極は、恭弥の前で打ち明ける。

「それから私は、首斬り屋を殺すと暴れたせいで、除隊させられた。そうならなければ1人で敵陣に乗り込んでただろう」

さらに京極は話を続けた。

「生き残った2人のうち、1人は情報局、もう1人はその部隊の隊長だ。情報局にいるやつが、シャフランの件に関わるなと言っていた。最近、中国とフランスの動きが怪しいからと」

そして京極は、表情を強張らせてこう言った。

「私がこの件に関わらざるを得ない情報がもう1つある。首斬り屋が今、中国の情報局にいるらしいのだ」

「では、中国に?」と恭弥が問いかけると、京極はこう続けた。

「奴は今日本にいる。シャフランが入国する前に、通話した相手のリストに入っていた」

「なんですって?」

どうやら、シャフランと首斬り屋には繋がりがあるらしい。

京極いわく、首斬り屋は今は有限会社の社長で、日本にいる。

貨物船を貸し切って、シャフランを海外に逃す計画を立てている、と。

「本名か偽名か分からないが、首斬り屋の名は劉珉邦」

こうして、恭弥と京極の利害は一致した。

京極の目的は、劉珉邦を倒すこと。

恭弥の目的は、シャフランを始末すること。

お互いに向き合って、口元を緩めた。

ゴッド オブ ブラックフィールド【59話】の感想

シャフランと首斬り屋が手を組んでいたとあって、京極と恭弥は、お互いの目的が一致していることを確かめ合います。

京極はもはや、恭弥に雇われる立場ではないんですね。

かつての部下の仇を打つため、戦いに参加するつもりのようです。

恭弥にとって、これほど頼もしい味方はないでしょう。

相手はかなり強力な組織だけに、恭弥たちも組織力を盤石にしなければなりません。

手強い相手にどうやって立ち向かっていくのか、今後の展開からも目が離せませんね。

第60話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【60話】ネタバレ感想!退院直後にラノックからのTEL!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です