漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【73話】ネタバレ感想!薫のクビを宣告する恭弥!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』73話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに『待てば0円』で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

第72話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【72話】ネタバレ感想!本格的な訓練へ!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【73話】のネタバレ

薫の反発

ミシェルから電話を受け取った恭弥。

愛子がメインに抜擢されたことで腹を立て、駄々をこねているという。

ミシェルいわく、薫は人気があるから引く手数多。

「違約金を支払ってでも、薫を欲しがる事務所は多いのよ」

薫はとにかく、恭弥に誤ってほしいらしい。

「それなら出ていけばいい」と恭弥。

でもそうすると、薫と一緒の番組に出ている女優たちまで降板になり、ドラマの役ももらえなくなるのだとか。

恭弥は怯まず、「クビにしろ」と宣言した。

驚くミシェルに、恭弥は断固たる意思を伝える。

「薫との契約は解除だ。すべて任せると言っといて悪いが、オレの言う通りに頼む」

ダエルと京極の訓練

食事に戻った恭弥は、首斬り屋について、京極と話し出した。

首斬り屋が出港する前に、処理したほうがよいと、京極は言う。

訓練については、恭弥ではなく、ダエルに任せるとのことで話がついた。

「メイン教官は須賀先生です。実力はオレと同等なので、心配ないですよ」

恭弥にしてみれば、『須賀先生』から『ダエル』に変貌を遂げてもらうという意味もあった。

傭兵時代の強さを取り戻してほしい、という意味だ。

こうして週3回、京極とダエルが訓練することが決まった。

訓練スタート

さっそく、訓練をスタートするダエルと京極。

警備員たちもまた、スパーリングしたり、運動部の生徒たちと一緒に走ったりしている。

恭弥だけは、監督の立場で観察している状況だ。

そこへ、ミシェルからメールがあった。

薫が駄々をこねていて、恭弥に会って話がしたい、と言っているそうだ。

恭弥は面倒がりながらも、分かった、と返事した。

今度はラノックからの電話があった。

ドラマの件や車の件で話したあと、ラノックは自分のスケジュールを伝えてきた。

「来週の水曜日、午後3時に、さいたま市民球場に寄るよ」

これにより、敵の囮となる算段だ。

「やはり危険です。考え直したほうが…」と恭弥。

しかしラノックは、もう決心はついているようだった。

最後に恭弥は、ゴント社の件で感謝を述べ、電話を切った。

そのあと、ダエルと訓練中の京極に、相談を持ちかけるのだった。

警備はむずかしい

水道に移動し、京極と話す恭弥。

球場での警護がどれくらいむずかしいかを尋ねると、わかりやすい例で教えてくれた。

「暗殺犯のほうが有利だ」と京極は言う。

「国内屈指の警護院20名いたとして、私1人で暗殺を試みても十中八九成功する」

それを聞いて、恭弥は表情を堅くするばかりだった。

京極は、そんなことを訪ねてきた理由を聞いてきた。

でも今は、恭弥は事務所に向かわねばならない。

あとで話すと言い残し、その場は別れた。

険悪な態度の薫

事務所に着いた恭弥。

やつれた表情のミシェルを見て、何日も寝てないみたいな顔してるな、と思った。

どうやらミシェルも、薫にはかなり骨を折っているようだ。

薫が待つ場所まで向かうと、3人の女優が待っていた。

薫以外の2人は立ち上がり、頭を下げたが、薫だけは腕組みして座ったままだった。

「オレに話があるって? それなら早く済ませろ」と恭弥。

「なんなの、その態度?」と、薫は鋭い目つきで食ってかかってきた。

「あんたの望み通り、出てってやるわ。けどその前に、誤ってよね」

「オマエに謝るようなことなど、何もしてないはずだが」

恭弥の態度を受けて、薫は激昂する。

「制作発表の件よ。私に恥をかかせたわ。土下座しなさい。さもないと、この会社の連中をこの世界で生きてけないようにしてやるわ」

「オマエにはできない」と、恭弥は涼しい顔だ。

さらに恭弥は、薫以外の2人にも尋ねた。

「オマエたちは、コイツと一緒に出てくのか?」

真ん中に座った女優は、薫について出ていくと宣言した。

「愛子、オマエはどうする?」

愛子は言葉につまり、堅い表情を浮かべていた。

ゴッド オブ ブラックフィールド【73話】の感想

ラノックから今後の動きを伝えられた恭弥は、浮かない表情を浮かべます。

敵をおびき出す効果はあるが、さすがに危険過ぎると感じているんですね。

でもラノックはきっと、宣言通り行動を起こすことでしょう。

球場でどんな戦いが起こるか、今後の見どころになりそうですね。

さて、薫のほうは、ものすごい剣幕で恭弥にくってかかりました。

事務所も出ていくと宣言し、恭弥たちを会社もろとも潰すつもりのようです。

最後に進退を尋ねられた愛子は、どんな決断を下すのでしょう?

次回の展開からも、目が離せませんね!

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です