漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【94話】ネタバレ感想!両親の同級生にリベンジ開始!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』94話のネタバレ感想を紹介していきます。

第93話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【93話】ネタバレ感想!デイビッド大柴の圧力に屈しない!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【94話】のネタバレ

交渉は持ち越し

鼻持ちならない大柴の言動に、はっきりと言い返した恭弥。

「ユーは本当にファニーだな」と、大柴は声をあげて笑う。

「この業界からデリートされたいのか?」とも。

大柴はさらに、自分がどれだけの力を持っているか、得意顔で話し出す。

「地上波、BS、ネット放送、ミーの力でユーたちをログアウトするなど容易い」

ここまでニヒルな笑みを浮かべていた大柴だが、一瞬にして厳しい表情に変化した。

「だからミーの忍耐力を、テストするんじゃない」

恭弥は動じず、余裕の笑みを浮かべて言い返す。

「オレは別に構わないがな。制作会社や顧客は、日本以外にいくらでもいるんだからな」

「チャイナでもコリアでも、シャットダウンだ」

「金は大丈夫なのか? こっちはクレディ・ベンチャーズからの投資してもらえる立場だが」

「クレディがホワイ?」

言い合いを制するために、「2人とも落ち着いて」と戸塚が割って入った。

しかし大柴は止まらない。

「ギャングのフレンドがいるからって、アマチュアが好き勝手できる業界じゃない」

「こっちの心配してんのか? ならお礼に1つ忠告してやる」

恭弥は相手を指差し、鋭い表情で大柴を睨んだ。

「次に会う時は、オレの前で土下座して許しを乞うことになるぞ。そんときにちゃんとした日本語使わねえと、ぶっ飛ばすからな」

言い合いを聞いているミシェルはもう、冷や汗かいて魂が抜けちゃってる。

「ユーだけは、この業界からキックアウトしてやる」

テーブルを叩きつけた大柴に、戸塚の一喝が入った。

「ミスター大柴、いい加減にしなさい」

怒りで全身を震わせる大柴を見て、戸塚はこの場を切り上げる方向で恭弥に持ちかけた。

後日改めて、ってことで、ミシェルも苦笑いしながら応じるのだった。

去り際には、薫がこちらを見てほくそ笑んでいた。

自滅してくれるなんて、ラッキーだったわ、と思いながら。

ミシェルは恭弥にぞっこん

相手方が去ると、ミシェルは「キョウヤ」と心配そうな目を向けてきた。

「心配なのか?」と恭弥が尋ねる。

「それもあるけど…」

ミシェルは唇を噛みながら、うっとりとした表情を恭弥を見つめていた。

顔の周りにはハートが踊っている。

コイツも病気だな、仁道病院を紹介してやるか、と恭弥は思うのだった。

「これから一緒に過ごせる?」

誘ってきたミシェルに、このホテルに親が来てる、と言って断る恭弥。

「なら挨拶しなきゃ」と、ミシェルは表情を明るくした。

恭弥の鈍い反応を見て、ミシェルがふてくされる仕草を見せると、恭弥が折れて許可を出した。

「しょうがねえな。その代わりフランス語で話せよ。オレがオマエに日本語を教えてるってことにしてあるからな」

上機嫌なミシェルは「ウィ」と微笑みながら敬礼してみせた。

両親が見下されている?

ホテル内を移動しながら、恭弥はミシェルに、社員合宿の件について尋ねた。

学校の連中(運動部員たち)を連れてっていいか、と。

「私はいいけど、(間に立つ)恭弥が困るんじゃない?」

高校生たちはきっと、恭弥が代表であることを知って驚くだろう。

DIファミリーの面々はきっと、恭弥が高校生を連れてきたことで驚くだろう。

そんなイメージをした恭弥は、確かにな、と思うのだった。

社員合宿、運動部の合宿、家族旅行…

休み前にすることは盛り沢山だ。

両親のいる会場に入ろうとすると、若手の男性スタッフが恭弥に入場シールの提出を求めてきた。

そこへ中年の女性スタッフが飛んできて、恭弥を手間取らせたことに詫びを入れる。

「うちの若手が西様にご無礼を働き、申し訳ありませんでした」

「大丈夫です」と穏やかに対応する恭弥。

入場シールもとくに必要なくなり、恭弥はそのまま会場に案内された。

レストラン風の会場には、両親の他にも一般客が入っていた。

両親たちがいるテーブルを見つけた恭弥は、一瞬にして違和感を感じた。

父のシャツに食べ物がついたらしく、ハンカチで拭き取ろうとする母の姿がある。

両親と同じテーブルに着く男女4人は、ニヤニヤクスクスと陰湿な笑みを浮かべていた。

ミシェルの手を引き、恭弥はいったん会場から出た。

両親にとって、息子に見られたくない場面だろうと判断したのだ。

恭弥はさっきの女性スタッフに話しかけ、両親の様子がどうだったのかを尋ねた。

女性スタッフは、無線でウェイトレスを呼びつけ、事情を聞く。

ウェイトレスいわく、恭弥の父に対し、同席している女性がステーキを落としたそうだ。

ウェイトレスはさらに、料理を運んだときの会話の内容も教えてくれた。

ちょっとうまくいったからって、調子に乗るんじゃないわよ、と嫌味を言われていたと。

「さっきのステーキも、手が滑ったようには見えませんでした。わざとそうしたのかと…」

ウェイトレスの言葉を聞き、恭弥は歯を食いしばった。

「松田を呼んでください」

女性スタッフにそう頼みながら、恭弥は今朝、両親と話したことを思い出していた。

苦労して成功した父さんたちが気に食わないってか?

なら、あんたらのレベルで相手してやるよ!

飛んできた松田に、恭弥は自分の気持ちを伝えた。

「オレ見下されるのは構わねえ。だが、家族がそんな扱いされて黙ってられっか」

「ごもっともです」と松田。

「両親を見下す無礼な奴らの鼻をへし折ってやることはできるか?」

「ホテルの威信をかけて、最高の思い出を提供いたします」

お金は後で支払う、と言う恭弥に、費用は結構です、と答える松田。

でも恭弥は、1円単位まできっちり払う、と押し通した。

松田はさっそく、無線で全従業員に命令を出した。

国賓訪問モードに切り替えて、2階バントリーホールにいる西様ご夫妻をもてなすようにと。

ゴッド オブ ブラックフィールド【94話】の感想

噛み付いてくる大柴に牙を剥き、業界のことなんか知ったこっちゃねえという態度で応じる恭弥。

大柴は怒りに震えて去りましたが、恭弥のほうは冷静に応じていました。

理不尽を押し通してくる相手には絶対に屈しないのが、恭弥という人物なんですよね。

ミシェルはさらに、恭弥に惚れ込んじゃってみたいです。

その後、両親が嫌がらせを受けていると知って、こちらも対応に当たります。

両親は苦労の末に成功し、今の地位まで駆け上がりました。

世の中には、人の成功を妬む人も少なからずいます。

どうやら両親の同級生たちは、そういった心の狭い人種のようですね。

しかし恭弥の計らいで、ホテル総出で西夫妻をもてなす準備がスタート!

今度は両親の同級生に対するリベンジマッチが始まるようですね。

第95話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【95話】ネタバレ感想!国賓訪問レベルのVIP待遇を受ける西夫妻!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA