漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【96話】ネタバレ感想!恭弥を翻弄するミシェル!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』96話のネタバレ感想を紹介していきます。

第95話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【95話】ネタバレ感想!国賓訪問レベルのVIP待遇を受ける西夫妻!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【96話】のネタバレ

ミシェルを止められない

恭弥のは母は、恭弥が現れたことに驚いていた。

「このホテルにいるって言ったじゃないですか」と恭弥。

隣に立つミシェルのことは、前にもゴント社の発表会で会った女性だと紹介した。

ミシェルは打ち合わせ通り、日本語ペラペラなのを隠して挨拶する。

「私ミシェル。日本語学んでる。また会えて嬉しい」

「私も嬉しいわ」と母。

「はい、お義母さま」と、ミシェルはフランス語で言う。

その言葉を聞いた恭弥は、ミシェルにちょっとばかり反感を持った。

今の言葉の通訳を頼まれ、恭弥は慌てて「ありがとう、って言ってます」と伝えた。

「ありがとうはメルシーでしょ?」と母。

「感謝します、みたいなもんです」と切り返した恭弥は、首筋に血管を浮き立たせながらミシェルに笑顔を向ける。

「変なこと言うなと言ったはずだぞ?」

「じゃあ代わりに何してくれる?」

「そういうのをやめろと言ってるんだ」

両親の手前、ミシェルの暴挙を止められず、恭弥は青ざめるばかり。

フランス語がペラペラの恭弥を見て、婦人の1人が表情を堅くしていた。

どうみてもネイティブレベルよね、どこの教室に通わせてるの?

ミシェルはまだ止まらない。

明るい表情のまま、恭弥に対してフランス語で話す。

「2人で食事するのが嫌なの? 日本語で話しちゃおうかな? キョウヤの財産の話とか」

恭弥は笑顔を取り繕いながらも、顔中を血管だらけにしていた。

「卑怯だぞ」

「冗談よ。食事の件は本気だけど」

フランス語で会話する2人に、母が何の話をしているのかと聞いてきた。

「父さんのファッションセンスがいいって、ミシェルが褒めてくれて」

「私、そんなこと言った? でも本当に、キョウヤのお父さん、ステキ」

ミシェルは恭弥の父に向けて、グッドサインを送るのだった。

松田にも注意

席に着いた恭弥に、この席が取れたのは恭弥のおかげだと、父が言う。

疑問に思う恭弥に、母が問いかける。

「恭弥がこのホテルの親会社のVIPって聞いたわ。どういうこと?」

どうやら松田が余計なことを喋ったと気付き、恭弥は背後にいる松田を軽く睨んだ。

口では、ゴント社やラノック大使の仕事を手伝った際に、このホテルに繋がりができたと説明しながら。

恭弥の話を聞いていた2人の婦人は、ゴント社の独占輸入販売権や、フランス大使との関係まで知って、驚きを隠せない。

「とりあえず食べましょうか」と母。

音楽が奏でられる中、食事がスタートした。

あまりの美味しさに、2人の婦人も表情をほころばせる。

ひと段落すると、婦人の1人が、隣の女性との関係を尋ねてきた。

「もしかして、彼女?」

すかさずミシェルが、「はい、私が彼女です」とフランス語で答える。

恭弥は日本語で、フランス語を教わる代わりに日本語を教えてるだけです、と冷静に説明した。

直後、ミシェルを睨んで「いい加減にしろ」と脅しつける。

でもミシェルはすまし顔。

フランス大使との関係も聞かれ、恭弥はちょっと連絡を取り合うくらいの関係だと答えた。

恭弥のことがあまりにも眩しく見えたのか、2人の婦人は感嘆するばかり。

と、そこへ松田が、恭弥の母にプレゼントを持ってきた。

ちょっとオシャレな紙袋だ。

「VIPのお客様への記念品です」

ハンカチやボールペンが入っているのだろうと予想した母だが、出てきたのはなんと高級バッグ!

2人の婦人は、そのバッグが100万円以上する人気の新作モデルだと、すぐに気づいた。

「こんな高級なもの、受け取れません」と、冷や汗をかく母。

松田は母に頭を下げ、「受け取ってくださらないと、我々が困ります」と言う。

恭弥は松田を呼びつけ、席を外して事情を聞いた。

「神代からだろ?」

「はい。奥様にお渡しするようにと」

「余計なことを。オレにツケとけ」

「それは困ります。俺がクビにされますので」

恭弥は額に手を当てて、「今回だけだ。二度とするなと伝えとけ」と釘を打った。

とにもかくにも、母は婦人たちにもちやほやされて、楽しそうにしている。

それを見て、恭弥も満足するのだった。

2人の夫人から礼を言われる

楽しいひとときを終え、部屋を出た一向。

その矢先、レストランのシェフから、またしてもプレゼントが差し出された。

恭弥は、また松田が余計なことをしたかと思って睨んだが、それは松田からではなくシェフからだった。

クッキーとケーキをお土産に、というパティシエからの心遣いらしい。

母が嬉しそうに受け取ったことで、恭弥も引き下がる。

2人の婦人は、恭弥の母に対して礼を述べ、父には服を汚したことを詫びてくれた。

いっぽう、事務所に戻るというミシェルに、「ご苦労さん、ありがとな」と声を掛ける恭弥。

「感謝してくれるなら…」と誘いかけようとするミシェルだが、恭弥はそそくさと両親の元へ。

ミシェルは憤慨し、ハイヒールで地面を蹴りつけるのだった。

父の運転する車に揺られながら、恭弥は幸せを噛み締めていた。

そして、今は最高に幸せだからこそ、不幸がやってくるんじゃないかと予感するのだった。

脅される愛子

電話中の愛子は、ドラマ制作の話がなくなったことを、相手から伝えられていた。

代表(恭弥)が喧嘩をふっかけてきたことで、ご破産になったと。

もうDIファミリーはおしまいねと脅しつけられ、愛子は言葉を詰まらせる。

「でもDIを救う方法もあるにはあるわ」と相手が言う。

「戸塚局長とお酒の席があるから、参加しなさい。練習生の美咲もね。もちろん、露出の多い服で来るのよ」

愛子が電話で話す相手は、薫だった。

ゴッド オブ ブラックフィールド【96話】の感想

恭弥の計らいで、両親に笑顔が戻りました。

いっぽうの恭弥は、ミシェルの暴挙をあしらったり、松田の余計なお世話に対応したりと、ちょっと大変そう。

バトルシーンで敵に対して見せる怒りの表情とは、ちょっと違った怒りの表情が、たっぷり描かれてる回でした(笑)

帰宅の車の中、幸せを感じる恭弥は、どこか不安も感じています。

その不安は、どうやらドラマ制作の件に繋がっていきそうです。

肉弾戦とは違う、事務所VS事務所のバトルが描かれるのかもしれませんね。

第97話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【97話】ネタバレ感想!父の質問に答える恭弥!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA