当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ギルティサークル【139話】『初めてのポテンシャル』ネタバレ感想!アイドルを意識する沢屋!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、『ギルティサークル』139話のネタバレ感想を紹介していきます。

第138話のネタバレは、以下をどうぞ!

ギルティサークル【138話】『アイドル陥落』ネタバレ感想!恥じらう文香!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、『ギルティサークル』138話のネタバレ感想を紹介していきます。 第13...

ギルティサークル【139話】『初めてのポテンシャル』のネタバレ

まずは指で

文香のパンティに手を入れた、沢屋。

クチュクチュ…

指先がニュルっとして、その感覚に文香は声を漏らす。

「んんっ」

「トロトロだね」

文香の背後にいる沢屋がそっとくちびると近づける。

それに応じるように文香も舌を出して、ピチャ、チュッ。

次は口で

沢屋はついに、文香のまたを開いた。

これが、アイドル十文字文香の…

そう思いながら口を近づけ、ピチャピチャ。

恥ずかしい、と思いながらも、文香は気持ちよさそう。

ビクビクウッと震えが走った文香は、ハアハアと息を切らす。

沢屋も曝け出す

沢屋も服を脱ぎ、直立でアレを曝け出した。

マジマジと見つめる文香は、これが、沢屋先輩の、と思っていた。

「無理しなくても…」

「私、やってみたいんです」

ハムっと口の中に含まれた瞬間、沢屋は震えた。

力を抜いて

ゴムを取り出した沢屋は、「ちゃんとつけるからね」と言って、文香を安心させた。

ズプンッ!

ギルティサークル【139話】『初めてのポテンシャル』の感想

139話は、文香ファンにはたまらない回となりましたね!

しばらく続いたミステリータッチの内容から一転、ギルティサークルらしい内容が描かれておりました。

タイトルもかなり、想像を掻き立ててくれますよね。

今回のような話は特に、絵で見てこそ、その価値が存分に味わえるものですw

ところどころに入ってくる、「これがアイドル十文字文香の…」というモノグラムも、読者の心理を見事に代弁してくれてます。

実際に、推しのアイドルがいる方にしてみれば、その推しアイドルを文香に見立てて読めることでしょう。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ここあ
ここあ
無加工(のりなし)で読みたい場合は、以下のページをチェックしてみてね!

→ギルティサークルを無加工(のりなし)で読めるサービスをチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。