当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

変な家【6話前編】ネタバレ感想!片渕夫妻が抱えていた二面性とは?

今回は、コミックシーモアの先行配信作品『変な家』の6話前編について、ネタバレ感想をシェアしていきます。

『変な家』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

変な家【6話前編】ネタバレ!

序盤の謎が、少しずつ解明されていく。

二人の子供の違いも見えてきます。

2人の子供

とあるファミレスに、私は来ていた。

子供が遊べるスペースには、人形遊びをする子供たちがいる。

栗原が現れ、「人形遊びが好きなんですか?」私に問いかけてきた。

「小さい頃、好きだったんです」と照れる私。

「人形遊びは、子供の発達上、良い影響があるんですよ」と、栗原。

人形遊びをさせてもらえる子は幸せだと。

その言葉を聞いて、私の脳裏に浮かんだのは、秘密の部屋に閉じ込められた子供のことだった。

近所のおばさんに聞いた話を、栗原に共有する。

2人の子供がいる可能性は栗原も見落としていたが、そうなると、間取りの謎が一気に解明される。

東京の変な家に、2人の子供が住んでいたのならば。

時系列を整理する。

  • 2016年:埼玉の家が建てられ、片渕家族が住んでいた。
  • 2017年:ひろとちゃんが生まれる。
  • 2018年:東京の家が建てられ、引っ越す。

「殺人代行をさせる子供以外に、ひろとちゃんがいることで、間取り図の謎が解けたと話す栗原。

埼玉の家には、夫婦と子供Aが住んでいた。

そこに、ひろとちゃんが生まれる。

「三角部屋は、ひろとちゃんのために作られたのではないでしょうか?」

夫婦の気持ち

「長男を殺害に利用するような夫婦が、もう一人の子供ために、わざわざそんなことを?」と私。

たしかに片渕夫婦は、ひろとちゃんを外に連れ出したりして可愛がっていた様子。

栗原は、「Aは実子ではなく、戸籍のない子供だった可能性がありますね」と推測した。

実子は可愛がり、Aには殺人代行をさせる。

夫婦にはそんな二面性があったのではないか、と。

「これは想像ですが」と話し出す栗原。

日常的に殺人が行われてる家の中で、愛するひろとちゃんを育てたくはなかった。

「別の家で育てるわけにも行かず、妥協案として三角部屋を作り、明るいその部屋でひろとちゃんを育てたのではないでしょうか?」

首謀者の存在

「でも、ひろとちゃんの幸せを願うなら、殺人をやめるべきでは?」と私。

「首謀者がいるのかもしれません」

そんな生活は罪悪感にまみれていて、地獄だろう。

もちろん、ひろとちゃんにとっても。

夫婦は、ひろとちゃんに自分たちの人生を託し、唯一の希望として育てた。

そう考えると、間取りの謎にも納得がいく。

東京の変な家は、殺人と育児を両立させる家だったのだ!

変な家【6話前編】感想

序盤に出てきた、間取りがたくさんある謎が解けてきましたね!

変な家の謎とともに、住んでいた一家の謎も、徐々に明らかになってきました。

それでも、まだまだ隠された謎はありそうです。

一体この夫婦は、どのような人だったのでしょうか。

血の繋がりがない子供には、残酷なことを強制する。

いっぽう、血のつながった我が子には、我が家で行われている残酷な事実から目を背けさせる。

夫婦ともに、親としての愛情と、人間としての欠落感が、ないまぜになったような人格だったのでしょう。

サディスティックでありながら、ドメスティックでもある、その究極系を絵に描いたような夫婦です。

次回もまた、栗原と私の推理合戦が繰り広げられるのでしょう。

漫画だとより詳細まで楽しめるので、ワクワクしながら読んでみてくださいね。

『変な家』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめですよ!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

6話後編のネタバレは、以下をどうぞ!

→6話後編のネタバレはこちら

ネタバレまとめ(全話)は、以下をどうぞ!

→『変な家』ネタバレまとめはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。