漫画無料・最安値情報

秘め妻の無料試し読み!今すぐ全巻読める先行配信サービスはここ!

今回は、『秘め妻』を無料で読める電子書籍サービスがあるか、チェックしてみました。

『秘め妻』は無料で読める?

2021年11月現在、『秘め妻』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『秘め妻』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻試し読みOK:4巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2021年11月現在、『秘め妻』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
※1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『秘め妻』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『秘め妻』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『秘め妻』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『秘め妻』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『秘め妻』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『秘め妻』のように、人妻を攻略する方法を学んだり、楽しんだりできる漫画は、これからも続々と登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『秘め妻』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『秘め妻』は1巻当たりは180Ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、90Ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『秘め妻』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『秘め妻』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『秘め妻』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

秘め妻:見どころ!

これぞまさに、『ザ・人妻をものにする方法!』ですね。

バイブルと言いますか、教本といいますか、人妻好きの男性には『指南書』にもなりそうな内容です。

すでに結婚相手がいる女性だけに、ものにしたときの快楽は計り知れない!

そんな男性的な本能を、さりげなく満たしてくれる作品です。

人妻と関わり合う愉悦は、男性の奥底に眠る本能なのかも?

オスの中に眠る「勝りたい」、「奪いたい」、「上に立ちたい」という本能が、この作品をより面白いものに感じさせてくれるのでしょう。

意中の人妻を本気でオトしたい人なら、もうこの作品を読んでズキュンと胸を撃ち抜かれちゃってくださいな。

狙いの人妻はいるけどハードルが高そうな人は、せめてこの作品で癒しを得てくださいね(笑)

秘め妻【第1話】ネタバレ

出勤時の日課

「全部持った? 忘れものはない?」

「大丈夫だよ、いつも… 俺、社会人だよ!」

自宅の玄関で靴紐を結びながら、慎(まこと)は後ろに立つ母親に答えた。

「親が子供の心配をするのは当然でしょ。

…それから、他に着る服はないの? 毎日同じだけど…?」

「誰も気にしてないからいいんだよ! じゃあ、行ってきます!」

(私が本当の母親じゃないから、言う事を聞いてくれないのかしら…)

ロングのナイトドレスを纏った母親は、玄関のドアを見つめながらため息をついた。

慎は、有名塾『テラスタディ』で講師として働いている。

職場であるビルを見上げ、思わず感嘆の声が漏れた。

「やっぱりあいつは凄いな…」

慎の目線の先には、人気No.1、スター講師の巨大看板があった。

勝者と敗者

「おはようございます! 河合さん、大きな看板見ましたよ!」

「いや~、恥ずかしいですね!」

出勤してきたスター講師の河合靖也(かわい せいや)は、自信満々に返事をする。

慎は、その様子を嫉妬にも似た複雑な気持ちで見ていた。

不意に靖也と目が合い、彼が慎に近づいて来る。

「おい、暗い顔してないで、もっと愛想良くしろよ!

…それと、例のプリントは?」

「ちゃんとお前の席に置いてあるよ」

靖也は、満足そうに慎を見下ろすとその場を離れた。

慎は、ため息をつきながら靖也と出会った頃の事を思い出す。

親の再婚を経験しているという共通点があって仲良くなり、10年以上経つ。

靖也の父親は私学財団の理事長、慎の方は、普通の教師。

親の立場は、2人の関係にも影響を及ぼしていた。

教員の採用試験を何年も落ちていた慎が、今の職場に就職出来なのも靖也のおかげだ。

(俺は社会の敗者… 幼なじみの靖也は間違いなく勝者だろう…)

慎は眼鏡越しに、同僚と笑って話す靖也をジロリと睨みつけると、講義へと向かう。

ざわつく教室で、言うことを聞かない生徒相手に、苛立ちを抑えながら授業を進めた。

(こんな職場、出来るならすぐにでも辞めたいのに…!)

授業を終え、慎は廊下にある椅子に座りコーヒーを飲んでいた。

コツコツとヒールの足音が近づいてきたので顔を上げる。

「えっ?! 母さん? あっ! 違う、すみません!」

(一瞬、似てると思ったんだけど…)

立ち止まったその女性は、怪訝そうな表情で慎を見た。

白いブラウスと、ミニのタイトスカートに黒のパンスト。

赤いピンヒールのパンプスを履いている。

女性らしい体のラインに、慎は思わず唾を飲み込んだ。

「さっきから、ジロジロと… 何か?」

「あっ! ここの講師をしているんですが、入塾相談ですか? いかがでした?」

「良さそうですが、高い受講料で悩んでいます」

「あ~、そ、そうですよね… あ、あの…」

「もう行っていいですか?」

そういうと女性は、背を向け不機嫌そうに歩いて行った。

(はぁ~、20代後半で、デートさえ経験のない童貞男が人妻相手に上手く話せる訳ない…)

誰もいない教室で

時刻は、間もなく21時になろうとしている。

帰る準備をしていた慎は、講義室に忘れ物をした事に気づき、取りに向かう。

スマホに母からのメールが届き、無意識に顔が緩む。

息子を思いやる優しい言葉に、慎の心も温かな気持ちでいっぱいになった。

(俺の帰りを待つ家族がいる… 今の生活も悪くない…

いい人生だと自分に言い聞かせる。本当は、そうじゃないけど…)

人気のない廊下を歩き、目的の部屋に着き、扉を開けようとした。

突然、どこからか人の声が聞こえ、慎は驚きのあまり体をびくつかせる。

(な、何だ?! 生徒…? こんなとこで!!)

妙に色気のある声がすぐ近くの講義室から漏れている。

慎は、そぉ~と扉を開け、中を覗いた。

真っ暗な部屋にいる1組の男女が、窓から入る外の光に照らされている。

(えっ?! 靖也?! …もう1人は、さっきの人妻?!)

教壇を背に、もたれるようにして立つ靖也は、足元でひざまずく女性を見下ろす。

「俺は、忙しいんだ! 舐めるなら早くしろよ!」

女性は、言われた通り、ズボンのチャックを下ろし前をくつろげる。

靖也の屹立した下半身に一瞬驚きを見せるが、覚悟を決め口に含んだ。

大きくなったそれを口にくわえながら、前後に扱く。

講義室には、卑猥な水音と2人の息遣いだけが響いていた。

(う、うわ~! すげぇ…)

慎は、目を離す事が出来ず、目の前の行為に釘付けになっていた。

靖也は、女性の頭を掴んでいた両手に力を一層込める。

ますます息が荒くなり… そして、うめき声と同時に体をびくつかせた。

精を放たれた口からは、大量の白濁した液体が滴り落ちる。

「上手いんだな。旦那にも、同じようにやってんのか?」

「主人の話は出さないで!」

「分かったよ。じゃあ、服脱いで」

少ししかめた顔で答えると、その女性は、言われた通り服を脱ぎ始めた。

ブラウスを脱ぎ、真っ赤なブラジャーのホックを外す。

大きくて、形の良い胸が靖也の前に晒される。

「やっぱ、子持ち人妻の体はヤバいなぁ…

これ、自分で付けて俺の上に乗れよ! 生でもいいけど」

興奮を抑えながら、靖也は財布からコンドームを取り出し渡す。

「…約束、絶対に守ってくれるんですよね?」

「ああ、約束する」

女性は、それを受け取ると、ショーツを脱ぎ、靖也の上に跨がった。

そのまま、ゆっくりと腰を下ろし、靖也を根元までくわえ込む。

「どうだ? 旦那のものと比べて」

「凄く大きくて… それに固いです…」

「お前が動けよ!」

靖也は、そう言いながら腰を突き上げた。

女性は、大きく喘ぎながら体をのけ反らせ、自ら腰を振り始めた。

余りの気持ち良さに力が入らず、靖也にすがる。

「…じゃあ、立てよ」

体位を変えようと靖也は顔を上げ…

その時、靖也の目が、慎が覗く扉を射抜く。

(ば、ばれた…?)

慎は、動揺して後ずさるが、靖也は、そのまま行為を続けた。

後ろから激しく突き上げられ、上下に揺れる大きな胸。

衝撃的な光景に慎は、尻もちをついてスマホを床に落としてしまう。

運悪く着信があり、床の上で震えだすスマホを急いで拾うと、走って建物の外へと出た。

「…もしもし、母さん、急に何の用?」

「遅いし、何も連絡ないし、心配だったから」

「そ、そんな連絡して来るな!!!

…いや、ごめん… 怒鳴って。すぐ帰るよ」

交換条件

「ただいま」

「お帰りなさい。職場で何かあったの?

…悩み事があったら靖也君に相談したら?」

「母さんは、あいつの事、何も知らないから… さっきだって…」

慎は、母とあの女性の顔が重なり、それを打ち消すように勢いよく席を立った。

自分の部屋に行き、気持ちを落ち着かせようとするが、先程の光景が頭に蘇る。

慎の下半身は、しっかりと反応し、ズボンを押し上げていた。

「あいつは、モテるから好きに女を抱けるんだ… うらやましい…!」

慎は、唇を噛んでやり場のない嫉妬心に耐えた。

突然、手に持っていたスマホが震える。

画面を見ると、靖也からの電話だった。

(覗いてたのが、やっぱりばれてたのか?!)

無視出来ず、慎は、しぶしぶ電話に出る。

『お前、ずっと覗いてただろ?

…今、お前の家の近くにいるんだ。公園あるだろ?

そこにいるから、お前も来いよ。話がある』

慎は、上着だけ羽織るとすぐに公園へと向かった。

ブランコに座る靖也の姿を確認し、近づく。

「話って何だよ」

「さっき見た事は秘密にしてくれ。

タダでとは言わない… お前も興味あるんだろ?

教えてやる…! 人妻とヤる方法を!!!」

靖也は、戸惑う慎にニヤリと怪しい笑みを向けた…

秘め妻【第1話】感想・考察

劣等感を抱える主人公が、幼なじみの影響で人妻と深い関係になる、といった感じで物語が進行していきます。

一番、気になるのは慎の母親です。

再婚なので義理になると思いますが、若くて綺麗ですし、息子の前であの格好…!

最初、読んだ時、誘惑してるのかと思ったぐらいです。

いずれは、義理の母親とそういう事になるのかなと勝手に想像してしまいました。

靖也は、見た目も肩書も文句なしで、女性がたくさん寄ってきそうなタイプですね。

いつも俯き加減の慎が、この先どんな風になっていくのか楽しみです。

秘め妻の無料試し読み!今すぐ全巻読める先行配信サービスはここ!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『秘め妻』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『秘め妻』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断するといいでしょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA