漫画ネタバレ

犬になったら好きな人に拾われた。【4話】ネタバレ感想!『犬飼ハウス』

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「マガポケ」のオリジナル作品、「犬になったら好きな人に拾われた。」4話のネタバレ感想を紹介していきます。

「犬になったら好きな人に拾われた。」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マガポケ」で毎日1話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マガポケの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

犬になったら好きな人に拾われた。【4話】ネタバレ『犬飼ハウス』

犬飼さんの足をペロッ

ストッキングを脱いで裸足になった犬飼さんが、足を舐めてと迫ってくる。

なんか興奮状態になっていて、はあはあと吐息を漏らしちゃってる。

犬になった主人公(ポチ太)は、犬飼さんが自ら足をぶつけるシーンを思い出した。

舐めないでいると、また同じことやって怪我してしまうかもしれない。

ポチ太はそうやって自分を納得させ、犬飼さんの左足の小指をペロッとした。

体全体で感じる犬飼さん。

床の上に倒れ、はあはあと息を切らせちゃう。

ニッたりした笑みを漏らす犬飼さんは、主人公の舌のざらざら感が気に入ったようだ。

そんな様子を壁際で見ている、猫谷。

ふらっと立ち上がって猫谷に歩み寄った犬飼さんは、怒りを込めた表情で、自分がいないときにポチ太と何してたかを尋ねた。

「服の中に入られた」という猫谷。

ポチ太が自分から入ったことを知った犬飼さんは、わなわなと体を震わせ、体全体で羨ましい思いを表現した。

私のいぬまにポチ太とあんなことやこんなことを!

「許さない」と頬を膨らませながら、犬飼さんはポチ太の真上で自分のスカートをめくるのだった。

猫谷が服の中に入られたのに、自分はそれをやられてないのが、許せないと言う。

身の危険を感じたポチ太は、さっと身を翻して逃走を試みる。

しかし、犬飼さんのほうが早い。

スカートをめくったまま、パンティが見える状態で迫りくる。

それならとポチ太は、さっと反転して犬飼さんの股の下を潜り抜けた。

見事に成功し、犬飼さんと距離をとった。

ポチ太だって元は人間の男である、好きな女子の服の中に入れるなんて嬉しい!

でも、犬の姿ではいるのは卑怯だ、と思っていた。

すると犬飼さんはその場にしゃがみ込み、「ハウス」という掛け声とともに、ポチ太に向けてスカートをめくり上げた。

M字開脚だ。

そんな犬飼さんを見て、唖然とする猫谷。

ポチ太も観念し、犬飼さんのハウスの中に入ることにした。

入らなければ、犬飼さんはいつまでも同じことをやり続けるだろうから、と自分に言い聞かせて。

「これが私とポチ太の絆よ」と、誇らしげに言う犬飼さん。

アホか、といった感じの猫谷。

服の中

もぞもぞと犬飼さんの服の中を這い上がるポチ太。

上の方から犬飼さんの顔が覗いているが、そこに猫谷も顔を出した。

犬のことでジェラシー感じた犬飼さんの顔を見て、猫谷はちょっとおちょくる言葉をかけた。

恥ずかしそうに顔を背ける犬飼さん。

「ポチ太は渡さないわよ」と、犬飼さんは断固たる姿勢を見せる。

猫谷からのお礼

猫谷は帰り際、ポチ太の頭をなでなでしながら、ムカデをとってくれたことに対するお礼を言ってくれた。

少しは気に入られたか、と感じるポチ太を見て、犬飼さんは頬を膨らませて怒っていた。

犬飼さんの次なるアクション

猫谷が去ると、犬飼さんは別のアクションを起こした。

自分が犬になりきり、ポチ太に向かってしっぽを振るという遊びだった!

しかも、かなり肌の露出が激しいコスプレに身を包んでいる。

犬になったら好きな人に拾われた。【4話】の感想

学校での犬飼さんと、家で犬と遊ぶ犬飼さんは、とても同一人物とは思えないほどのギャップがあります。

ポチ太は犬飼さんのことが好きなのですが、犬の姿では嬉しいやら困ったやらで、もうタジタジ。

クールビューティーな犬飼さんの意外な一面は、犬好きなら共感できるところも多い?

犬の視点から見た女子高生とのラブコメ作品で、今までにない斬新なアイディアを形にした作品です。

新感覚のラブコメ作品を、ぜひ漫画で楽しんでみてくださいね。

無料で「犬になったら好きな人に拾われた。」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マガポケ」でのみ読むことができますよ〜!

マガポケの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です