漫画ネタバレ

実験島【7話】ネタバレ感想!『モルモット』サトルは前回の記憶を頼りに逃げ出せるか?

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「マンガワン」で配信中の作品、「実験島」7話のネタバレ感想を紹介していきます。

「実験島」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

実験島【7話】ネタバレ

まともな者だけが会場を出る

足を怪我して車椅子に座っているナナが、本当に逃げられるのかをサトルに尋ねた。

なぜかここ数日のループを繰り返しているサトルは、記憶があることが自分の武器だと思っていた。

前回は、実験台になった末に血だらけになってしまい、挙句にナナを襲ってそのまま死ぬことになった。

しかし今回は、その記憶が頼りになる。

周りの男女はすでに狂人と化していて、男性が女性に暴力をふるったり、裸になって結ばれたりしていた。

冷静なサトルとナナのコンビは、上から見下ろす笹島から目をつけられていた。

練習終了の合図を告げる笹島。

「様子がおかしい方がいらっしゃるようですね」と笹島は言う。

さらに笹島は、「言葉が通じる皆さん、不安だったでしょう。どうぞご安心を。こちらから出てください」

言葉が通じる皆さん、とはおそらく、Dを選んだ者たちだろう。

そして、出口の扉が開いた。

まともな者たちはみなホッとして、出口へと向かう。

サトルもナナの車椅子を押して外に出ようとする。

しかし、出口を通って少し行くと、目の前にプールのような液体のたまり場が現れたではないか。

そこで笹島のアナウンスが入る。

「念のために服を脱いで、洗体槽を通ってください」

どう考えても実験のためだと疑うサトルだが、そうしてる間にも後ろの出口は閉じてしまった。

誰もが不審に思う中、「アツイ」との声がさっきの会場から聞こえてくる。

狂人と化してしまった者たちの声だ。

その声を聞き、みんなは我先にと服を脱ぎ出した。

サトルは疑って服を脱ごうとしなかったが、ナナが脱いだのを見て、仕方なく脱ぐのだった。

ナナは怪しまれないよう、みんなに合わせて脱いだのだ。

足を怪我しているナナを心配するサトルに、少しなら歩ける、とナナは答えた。

商品として出荷される気持ちを感じながら、サトルは洗体槽を通り抜けた。

サトルは考える、笹島さんの目的はなんなのか? と。

血塗れ人間を作るのが目的なのか?

そうじゃないなら、少なくとも命までは奪われずに済むのだろうか?

洗体槽を抜けた先には衣服が用意してあり、皆はそれを来てさらに進むのだった。

サトルが怪しまれる

扉の前に来ると、順番に待つようアナウンスが入った。

採血が行われるという。

採決後のテストが終われば、今日の研修は終了になる、と。

さらに、明日は研修の中日で休日だとも。

休みも何もあったもんじゃないと思うサトルだが、とにかく今日はテストまで終われば自由だ。

そのときを利用して、なんとか逃げなければならない。

と、最後に扉の前に差し掛かったサトルに、壁に隠れていた笹島が話しかけてきた。

「君は採血しなくていいでしょう。おとといからおかしいと思っててね。君の目的は・・・」

そう言って笹島が取り出したのは、Dの印がついた例のパックだった。

「どこで知ったんです? コレが当たりだと?」と笹島。

話したことが筒抜けになっていることに恐怖を覚えるサトル。

「いまさら演技なんてしないでくださいよ。答えてもらえないなら、こちらにも・・・」

と笹島が言いかけた瞬間、後ろからナナが現れ、笹島の頭を木の棒のようなもので殴りつけた。

笹島が倒れた隙に、2人は逃げ出す。

頭から血を流した笹島は起き上がり、不敵な笑みをこぼしながら呟くのだった。

「逃げられるとでも? モルモットの分際で」

実験島【7話】の感想

怪しい実験をする側とされる側で、圧倒的な不利な立場にあるサトル。

情報も不足していますし、組織相手に個人で戦うには、かなり強靭な体力と心が必要になるはずです。

幸いにもまだ薬を飲んでいないサトルは、その点に関しては他の被験者よりも有利でしょう。

そして何より、ループした記憶が役に立ってくれそうです。

はたしてサトルは、ナナを連れて無事に逃げ出すことができるのか?

7話(後編)のネタバレは以下をどうぞ!

実験島【7話(後編)】『モルモット』ネタバレ感想!水に潜ってピンチをやり過ごす!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『マンガワン』のオリジナル作品、『実験島』7話(後編)のネタバレ感...

無料で「実験島」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です