漫画ネタバレ

実験島【8話(前編)】『外』ネタバレ感想!ダクトを進んで外の世界へ!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『マンガワン』のオリジナル作品、『実験島』8話(前編)のネタバレ感想を紹介していきます。

『実験島』を読みたい方は、人気漫画アプリ『マンガワン』で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

7話(後編)のネタバレは以下をどうぞ!

実験島【7話(後編)】『モルモット』ネタバレ感想!水に潜ってピンチをやり過ごす!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『マンガワン』のオリジナル作品、『実験島』7話(後編)のネタバレ感...

実験島【8話(前編)】『外』ネタバレ

笹島の部下が1人、実験台になった人たちに襲われて倒れてしまう。

もう1人の部下も襲われそうになり、逃げの手を打つのだった。

その間にも、サトルとナナはプールの中でひたすら耐えていた。

特にナナは、今にも溺れてしまいそうだ。

でもまだ水面上に顔を出すわけにはいかない。

実験台になった血塗れ人間たちが、まだプールに入ってくるからだ。

サトルがふと見ると、ヘリのところから衣服の袖がプールに入り込んでいるのが目に映った。

どうやら血塗れ人間の誰かが落としていったらしい。

それを手に取り、服に隠れるようにして水面上に顔を出したサトルとナナ。

壁際に寄り添って、血塗れ人間に見えないように。

でも1人の血塗れ人間が何かに気づき、こちらへと寄ってきた。

サトルが被った衣服の匂いを、背中からクンクンと嗅ぐ血塗れ人間。

どうやらサトルたちには気づかなかったらしく、そのまま前と進んでいった。

実際にサトルたちの姿を見なければ、人間がそこにいるとは気がつかないらしい。

小さい頃にロードショーで見た記憶が、こんなところで役に立つなんて、とサトルは思っていた。

ダクトへ

実験台になった者たちが全員いなくなると、ようやくプールから出たサトルとナナ。

ゴホゴホと咳をするナナは、少し意識が混濁しているようだった。

とにかく今は逃げるしかない。

しかし、先に進めば笹島が待ち受けていて、戻ったところであの研修室に出るだけだ。

どこから逃げればいいのか思案するサトル。

その時ふと、壁にあるダクトが目についた。

見てみると、ボルトが緩んでいるではないか。

これならいけそうだと判断したサトルは、鉄棒の間に指を差し入れてボルトを緩めていった。

そのとき、天井から煙のようなものが吹き出してきた。

サトルやナナを捕まえるための煙に違いない。

ダクトを外したサトルは、ナナを先にダクトへと押し上げようとした。

しかしナナは、足を怪我していることもあり、自分を置いてサトルだけで逃げるように言ってくる。

そんな2人の背中に、血塗れ人間が1人、のそのそと迫っていた。

「元カノから話があるって言われてるんだよ。 気になるに決まってる」

サトルが声を荒げると、諦めかけていたナナは気を取り直し、前を向いてダクトへと入っていくのだった。

迫りくる血塗れ人間を間一髪でかわし、サトルもダクトの中へ。

血塗れ人間は煙を吸い込み、その場に倒れた。

外へ

狭い通路を四つん這いで進む2人。

前をゆくナナが、「ありがとうね」とお礼をってきた。

「ただ、前は見ないでね。穿いてないから」

上下が一緒になった服を着ているを着ているだけで、下着はつけていないナナ。

太腿まで覆われているが、それでもちょっと艶かしい格好だ。

「見ないよ」と照れ臭そうに顔を背けるサトル。

やがて目の前に、外の光が見えてきた。

鉄格子を隔てた向こうに、外の世界がある。

「やったね、ナナちゃん」と喜ぶサトル。

しかしそのとき、外に設置してあるスピーカーからこんなアナウンスが鳴り響いた。

「ピースイン製薬より、島民の皆様にお知らせがあります。実験に使われている猿が脱走しました。捕獲にご協力ください」

実験島【8話(前編)】『外』の感想

いくつものピンチを脱し、どうにか外の世界にたどり着いたサトルとナナ。

まだ鉄格子があるので、喜んでる場合じゃないと思うのですが、とにかくサトルは大喜びしちゃってます。

しかもアナウンスによって捕獲作戦も実行されますから、依然としてピンチなんですよね。

ちなみに、ロードショーで見たシーンというのは、映画「プレデター」のワンシーンことです。

地球外生命体とのバトルを描いた、SFアクション作品ですね。

スリル満点の映画なので、『実験島』とも通じるものがあるかも。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です