漫画ネタバレ

【呪術廻戦】131話『渋谷事変(48)』ネタバレ感想!虎杖VS真人の白熱バトル!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、11月30日発売の少年ジャンプ52号に掲載されている、呪術廻戦の131話『渋谷事変(48)』について、ネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国の公式ページへ

※『じゅじゅつ』と検索してね。

呪術廻戦 131話『渋谷事変(48)』のネタバレ

新生・真人

さらに新しい姿を見せた真人を見て、悠仁は思う。

今までの手段としての変形じゃない、どこか違う、と。

新生・真人の顔は、口から上にサニーレタスを一枚のせたようなビジュアルだった。

頭の後ろには、黒くたなびく布切れのようなものがついている。

肘の後ろには、黒く尖ったツノのようなものがある。

上半身は引き締まった肉体で、下半身は黒、太い尻尾は先端に向かって細くなっている。

「ハッピーバースデーってやつだ。黒閃を経て理解したんだ、俺の、剥き出しの魂を」

「オマエが自分探しするタイプだったとはな、知らなかったよ」と虎杖。

軽く笑った真人は、軽く胸に手を当てながら言う。

「オマエを殺し、俺は初めてこの世界に生まれ堕ちる」

ラストバトル

まずは真人が、右腕を伸ばしながらのひと振り。

衝撃波が起こり、半円を描くように砂埃が舞う。

悠仁はそれを、体勢を低くして避け、勢いのまま右の蹴りを真人の顔目掛けて放つ。

すっと避けられ、真人の後頭部にある黒い部分に足を絡めとられた。

すぐに右手で、黒い部分を千切る悠仁。

右足が上がった状態の悠仁に、真人の尻尾攻撃が襲いくる。

先端で突き刺すような攻撃だったが、悠仁は右手でバチッと払い退けた。

直後、アッパーカット気味に繰り出される真人の右の拳を、半身の悠仁が右手で軌道を逸らし、左拳を真人の右脇腹にクリーンヒット!

固い!

生身で、あのとき(脹相の脇腹に左拳をヒットさせたとき)以上に!

すると今度は、真人が左拳を繰り出してきて、悠仁は右肩にダメージを負った。

服が破れ、体勢も崩れた。

悠仁は、真人の連続攻撃を受けながら、さっき真人が口にした言葉の真意について考える。

コイツはもう、呪霊として、変身前とは別次元の存在になったんだ!

実際、悠仁の攻撃は真人に通らなくなっていた。

右手で顔面を鷲掴みにされ、悠仁は地面に叩きつけられた。

その場一帯が崩れ落ちるほどの衝撃!

陥没した地面には水が溜まり、浅い池のような場所ができた。

立ち上がった悠仁は、勝つ方法を考える。

コイツを倒すには、俺の最大呪力を出し切った黒閃を、ブツけるしかない!

しかし、黒閃を狙って出せる術師はいない。

ふと気づくと、悠仁の意思とは無関係に、右膝がガクガクと震え出していた。

どうやら体が恐怖を感じ、勝手に反応しはじめているようだ。

悠仁に接近しようとした真人も、左肘の後ろにある角のような黒い部分がボロッと崩れ落ちた。

領域展開直後に黒閃を喰らったのがマズかった、と思う真人。

悠仁は、右手で右膝を何度か叩き、どうにか震えを止まらせた。

まるで、壊れた電化製品を一時だけ直すかのように。

「お互いに、元気いっぱいだな」と真人。

真人が瞬時に接近し、悠仁の手前で、まるで目隠しするかのように足元の水を飛び散らせた。

そのまま悠仁の背中に回る真人。

悠仁は、それを読んでいたと言わんばかりに身を屈め、真人の左拳をかわす。

さらに、真人の右拳も右手の甲で払い除け、近い距離で正面から対峙する。

悠仁は右を、真人は左を、相手に向けて放つ!

呪術廻戦 131話『渋谷事変(48)』の感想

言葉は少なく、白熱のバトルで構成された回でしたね。

お互いに打撃の連続で、ハンパない臨場感が伝わってくる戦闘シーンです。

どっちが有利とも不利ともいえず、それぞれの特徴を出し合った戦いが繰り広げられています。

あとはもう、実際に読んでもらうしかありません。

バトルはやはり、文字より絵で見るのが一番ですからね。

132話のネタバレは以下をどうぞ!

【呪術廻戦】132話『渋谷事変(49)』ネタバレ感想!逃げる真人と追う悠仁!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、呪術廻戦の132話『渋谷事変(49)』について、ネタバレ感想を紹介していきま...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国の公式ページへ

※『じゅじゅつ』と検索してね。
※試し読みは3話までです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA