漫画ネタバレ

カイジ【370話】『王様』ネタバレ感想!読みがドンピシャでピンチ脱出!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、『カイジ』370話のネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国の公式ページへ

※『カイジ』と検索してね。

カイジ【370話】『王様』のネタバレ

現金は無事か?

石高の車が開かず、カバンが取り出せない状況に焦るカイジたち。

コインロッカー移動作戦も、このままでは白紙に戻ってしまう。

するとレタスが、「もしかしたら石高さん、もうカバン見ちゃったんじゃ?」

はっとしたカイジは、すぐさま窓越しに車の中を覗いてみた。

カバンが積まれた形を見て、ほっとするカイジ。

実はカイジは、最後に車を離れる際に、カバンの積まれ方を記憶していたのだ。

一番上に積まれたカバンの形状や、持ち手の重なり具合、傾き具合からして、前と変わった様子はない。

これはつまり、カバンは動かされていない証拠である。

「でも危なかった」と、束の間のノーガードを危ぶむカイジ。

石高が木崎に、一刻も早くいせたいと気を揉んでいたのが幸いしたようだ。

「かろうじてセーフだったけど、次はわからない。こういったうっかりミスとか、石高さんの強引な覗き行為のリスクが常にある」

するとチャンは、そんな深刻な話じゃないと前置きしてから、

「石高さんからキーをもらってロッカーに行くだけ」と言ってきた。

でもカイジは、「1〜2時間で戻ってくればな」と表情を引き締める。

ほどほどの時間で帰ってくればそうなるけれど、夜になる頃に木崎さんも連れて帰ってきたら、多分そのまま酒盛りになってしまう。

「ちょっと待ってくれって言えば」とチャン。

「普通はそうでも、あの人は家ではキングなんだ」とカイジ。

石高のことを想像すれば、確かにそうだ。

用事より酒盛りを優先するよう、半ば相手に強制してくる性格なのだ。

キーだって渡してくれないだろう。

そこでカイジは、最悪の展開に備えて自分たちから動くことを提案する。

「俺、調達してくる」と言って、チャンになにやら耳打ちするカイジ。

「なるほど」とチャン。

その間にチャンとマリオは、車に張り付いて防御する。

石高からカバンを守るためだ。

そして、石高が帰ってきたら、すぐにキーをもらうこと。

でもチャンは、キーは渡してもらえないかもとカイジが言ったことを不安に思う。

でもそれは、酒盛りに参加しない場合だ、とカイジに言われて納得するのだった。

カイジはさらに、チャンに耳打ちした。

カイジの推察はドンピシャ!

石高の帰宅は7時になり、木崎を連れていたこと、酒に誘われたこと、それを拒むとキーは渡してくれないこと、すべてカイジの読み通りドンビシャだった。

そこでチャンたちが酒盛りに参加を告げると、割とすんなりとキーを手渡してくれた。

これもカイジの読み通りだ。

そのキーを、車の前輪に隠すチャン。

ここにきてようやく、石高はカイジがいないことに気づいた。

「買い物です」とごまかすチャン。

そして石高の家に向かって、すでにいた石高の両親も加えて食事が始まる。

おしぼりが熱すぎるってことで、母にイチャモンをつける石高。

それを見てチャンは、甘やかされてる石高の結婚が遠のくと心の中で心配するのだった。

カイジの行動

そのころカイジは、前輪に隠されたキーを手に取り、扉を開けてカバンを外に出した。

ペンチを用い、何かを施すカイジ。

宴会場に遅れてやってきたカイジに対し、石高は拗ねたように背中を向けた。

遅くやってきたことが気に入らなかったのだ。

でも石高の父が、カイジをいい若者と言ったことで、場が和んだ。

ビールで乾杯!

カイジ【370話】『王様』の感想

石高の性格や行動をドンピシャで当てたカイジ。

これまで何度も修羅場をくぐり抜けてきただけに、観察力や洞察力が向上しているんでしょうね。

チャンもちゃんと役目を果たし、とりあえずは一歩前進って感じです。

でも、そんな簡単に問題が解決しないのが、この漫画のすごいところ!

きっとここから、まだまだ無理難題が降りかかってくるはずです。

それらをどうやって切り抜けていくのか、カイジの腕の見せ所ですね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国の公式ページへ

※『カイジ』と検索してね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です