漫画ネタバレ

神様ですげェむ 【32話】ネタバレ感想!『石集メ・弐』

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、10月4日現在、プレミアム会員しか読めない「神様ですげェむ」先読み32話のネタバレ感想を紹介します。

「神様ですげェむ 」を読みたい方は、人気漫画アプリ「GANMA!」で読むことができますよ〜!

GANMA!の公式ページへ

※アプリのダウンロードが必要です。

神様ですげェむ32話 『石集メ・弐』ネタバレ

ケンとワタルが、嫉妬人形ばてぃちゃんの手にかかり、つぎはぎの人形にされてしまった。

その異様な姿を見て、肝を潰す一行。

鶏は、遊戯の制限時間を告げる。

社の長針が一周するまで、と。

2人で1つ、人の子を生み出すゲームの始まりだ。

時計の針は12時を指している。

鶏による始まりの合図とともに、ばてぃちゃんは猛烈な勢いで襲ってきた。

一行は背中を向け、一目散に逃げる。

ばてぃちゃんは、ケンとワタルにそうしたように、ウニのトゲのようなものを繰り出し、脇役の肉体を次々に貫いていく。

貫かれた人間は、ばてぃちゃんの体内へと取り込まれ、ケンとワタルのように新しい人形が製造されているようだった。

あまりに恐ろしい光景を振り返って見ていたジンゴに、ムロは「振り返らないで」と注意する。

とにかく森へ逃げるのが先決だ。

さすがのムロも、今までの神とはレベルが違うことを察していた。

攻撃、防御、機動力、言葉を話す知能の高さ、どれも段違いだ。

ばてぃちゃんの針攻撃は、ジンゴの右頬を掠めた。

その巨大な黒い針は、ジンゴの斜め前を走っていた男の首を貫いた。

逃げながらヒロハシは、今までがうまく行き過ぎていたんだ、と呟く。

今回ばかりは、6人のうち誰も犠牲者が出ないわけにはいかないだろう、とも。

どうにか距離をとった6人。

ジンゴが頬に傷を負っているのを見た僧侶のスイセンが、懐からクラマテングダケの薬を取り出し、傷に塗ってあげた。

すると、ジンゴの痛みはすぐに引いていった。

ムロは、ばてぃちゃんはおそらく、社が見える範囲からはしばらく動かない、と予想する。

今回の遊戯には制限時間があり、時間内には社に戻らなくちゃならないのだから、わざわざ追いかけてくる必要もないはず、と。

その意見を聞き、みな納得した。

ヒロハシも、今回の神はただ闇雲に殺すだけじゃなく、人間をオモチャにして楽しんでる、とコメントする。

オモチャが恐怖しながらやってくるのを、社の近くで楽しみに待っていればいいんだから、と。

いつかはまた、ばてぃちゃんの近くにいかねばならないため、スイセンとモモナは震え上がっていた。

とにかくまずは、パーツを集めなければならない。

動き出そうとすると、リコリスが地面に顔パーツが落ちているのを発見した。

のっぺりしているが、間違いなく顔パーツだ。

2人組がそれぞれ1体のパーツを集めるより、6人で3体分のパーツを集めればいい、と提案するムロ。

さっそくジンゴが、片腕パーツを見つけた。

森を探し回ると、リコリスはさらにもう1つ、枝に引っかかっている片腕のパーツを見つけた。

ジンゴの肩に立ったリコリスが、それを取ろうと手を伸ばす。

ジンゴが下から見ているのに気づいたリコリスは、ジンゴの顔を踏みつけた。

ガキのパンツに興味ねえ、と喚くジンゴ。

ムロはヒロハシとともに探していた。

ヒロハシはムロに、ジンゴは子供の頃から変わらず、おっちょこちょいで単純だけど、見捨てないでやってくれ、と言う。

するとムロは、「2人きりで、ヒロハシさんに訊きたいことがあるんだ」と言った。

リコリスがようやく腕パーツを手にした瞬間、いきなりばてぃちゃんが姿を現した。

ジンゴはリコリスを抱え、ヒロハシはムロを抱えて逃げる。

なんとか木の隙間に逃げ切ると、ムロは呟く。

「社にいると思ったのに」

神様ですげェむ 【32話】感想

ばてぃちゃんは、今ままで出会った神と違い、不規則な行動ができるタイプのようです。

行動に規則性がないと、対策も立てにくい・・・

この窮地を、ムロや仲間たちは、どう切り抜けていくのでしょう?

「神様ですげェむ 」を読みたい方は、人気漫画アプリ「GANMA!」で読むことができますよ〜!

GANMA!の公式ページへ

※アプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です