漫画ネタバレ

カノジョは今日もかたづかない【3話】ネタバレ感想!あいなと修が初詣デート!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、「カノジョは今日もかたづかない」3話のネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国の公式ページへ

カノジョは今日もかたづかない【3話】のネタバレ

初詣デート

元旦の浅草寺には、初詣をする人がごった返していた。

テレビ中継する女性レポーターもいる。

俵あいなは、白いコートにマフラー、おしゃれなハンドバッグを持った姿で彼を待っていた。

やってきた修は、黒い服にマフラー姿で、爽やかなイケメンっぷりを発揮。

お互いに「あけましておめでとう」と言い合って、その後すぐにあいなはクリスマスの件を謝った。

修はあいなの頭をポンポンと撫で、元旦から会えたことを嬉しいと言ってくれた。

修の包容力に、あいなは心で「好き」と呟く。

浅草寺の初詣は、あいなのほうから誘ったデートだった。

だからこそあいなは、クリスマスがダメだった分、今度こそうまくやろうと気合を入れるのだった。

浅草寺のご利益

人が多すぎてなかなか進まなかったが、修はそんなことも気にしてない様子。

「元旦だし、覚悟はしてたよ」と。

人があいなにぶつかってきて、ちょっと倒れそうになっても、修はそっと肩を寄せてくれた。

「俺から離れないで」と言いながら。

そんな態度を受けて、またあいなは「好き」と思うのだった。

少し進むと、あいなは浅草寺のご利益について語り出した。

「浅草寺のご利益ってね、所願成就なんだって」

あいないわく、神社やお寺によって、学問や縁結びなど、ご利益が違っているのだけど、浅草寺ではどんな内容の祈願でも聞いてくれるそうだ。

そういうのを全然知らない、という修は感心していた。

あいなは、調べて知ってから来てみたかったの、と言う。

「じゃあ、来てよかったな」と修に言われ、

「うん、嬉しい」と微笑むあいな。

その笑顔を見た修は、「今の表情、めっちゃ可愛いっす」と照れちゃってる。

深川も初詣に

こじんまりした神社に初詣に来ていた深川。

お祈りを済ませ、帰りに甘酒を買って飲みながら歩く。

すると、おばあちゃんと子供が会話しているのが聞こえてきた。

おばあちゃんに何お願いしたか聞く子供に、おばあちゃんは言う。

「お願い事は人に言っちゃっいけないのよ。それにね、今日は神様に1年のご挨拶と抱負をお伝えする日だから、お願い事ばかりしちゃだめよ」

それを聞いた深川は、空を見上げていい天気だと思うのだった。

願い事

あいなと修の前に、ようやくお賽銭箱が見えてきた。

5円を用意しようとする修に対し、あいなは500円を手に握っていた。

1年間の運気が決まると思って、急に緊張し始めるあいな。

周りの人たちにぎゅうぎゅうに押されながら、ここにきて何を願おうか迷ってしまう。

結婚、その前に仕事、そうなると健康?

健康を考えるなら、やっぱり健康かな?

あれ、私って何をお願いしたいんだっけ?

そんな感じで迷っていると、一つくしゃみが出て、寒いの?と修に心配された。

あいなは、風邪をひいていろんな人に迷惑をかけてことを思い出す。

そして、深川の言葉が脳裏をよぎった。

「一つずつ片付けていけばいいんですよ」

お賽銭を入れてお祈りするあいな。

それが済むと、修が自分の願いを口にした。

去年よりあいなにたくさん会えますように、と願ったよ、と。

あいなはちょっと戸惑いながら、「わ、私も」と返した。

でも実際は、それとは違ったことを願っていたのだった。

ふと見ると、お守りの店に行列ができている。

あいなが正月だけのお守りが欲しがったのを聞いて、修は笑顔で並ぼうと言い出す。

そしてあいなはまた、「好き」と思うのだった。

家はNG

夕暮れになり、帰宅の途につく2人。

修はこれから実家に帰る予定があるらしいが、その前にあいなの家に寄っちゃダメかな、と言ってきた。

不意打ちを喰らったあいなは、すぐにゴミの山を思い出す。

「今日はまずいかな」と視線を逸らすあいな。「友達から猫預かってて、狭くて、ごめん」

ふと修を見ると、なんだかちょっと冷たい表情・・・

でもすぐに表情を崩して、

「残念、それじゃ家の前まで送らせてよ」と切り替えた。

深川におみやげ

深川と修が道でぶつかり、浅草寺で買ったお守り入りの袋が落ちた。

そのまま謝りあって、2人はすれ違ってゆく。

家に帰宅した深川は、なぜか2階にいるあいなと会った。

「あけましておめでとうございます」と交わし合い、あいなの荷物を見る深川。

「また荷物になりそうなものを」と深川に言われ、「うるさいですね」と返すあいな。

あいなからお土産として、初詣のお守りをあげた。

この前のお礼としてだ。

浅草寺に彼氏と一緒に行っていたことを告げると、深川はさっきの男性を思い出したのか、「へー」を連発。

深川のほうは、並ばなくてもいい小さい神社に行ったことを告げる。

「正月から疲れるのは嫌ですからね」

そう言われ、なんかイヤミに聞こえちゃうあいなだった。

別れ際に、深川に何をお願いしたか聞くと、

「内緒ですよ」と言われた。

「人に話すと叶わないそうなので」

実はあいなのお願いは、お気に入りの場所の周りだけでも、一年間キレイにしておけますように、だった。

お守り

家に帰った深川は、あいなからもらったお守りを見てみる。

良縁守だった。

寂しいやつを思われてるのかな? と思う深川。

でも実際は、あいなのほうが渡すお守りを間違えたのだった。

カノジョは今日もかたづかない【3話】の感想

初詣デートで、修に対する愛情を何度も垣間見せるあいな。

でも、家にだけは来られるわけにはいかず、そこは断ってしまいます。

そのときの修の表情が、ちょっと引いているような・・・

さすがに何度も断られると、「本当に俺のこと好きなのかな?」と思ってしまうでしょう。

そのことで別れることにならなければいいですが。

いっぽうの深川は、相変わらずのマイペースですね。

とりあえず片付けのことは置いといて、ほのぼのした話でしたね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国の公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です