当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

かつて女の子だった人たちへ【4話】ネタバレ感想!敦士から別れの宣告!

今回は、コミックシーモアの先行配信作品『かつて女の子だった人たちへ』の4話について、ネタバレ感想をシェアしていきます。

『かつて女の子だった人たちへ』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

かつて女の子だった人たちへ【4話】ネタバレ

ユミからきた連絡

GPSの居場所をレミが怪しんでいると、ユミから電話が入る。

ユミから連絡がくるのは、メッセージで敦士との関係を告白して以来だ。

「ふたりのこと応援しているからね」

ユミの震える声を聞いて、レミは優越感に浸っていた。

会社にて、レミが残業をしながら敦士との今後を考えていると、しつこく誘ってくる同僚がいつものように言い寄ってきた。

あまりのしつこさに、「調子に乗るな」と本音が出てしまう。

将来有望な夫候補を見つけたレミは、自分に媚を売る男などどうでも良く思えていたのだ。

帰宅したレミは、敦士からの連絡を受けた。

なんでも、FXで相当な金額を儲けたようだ。

レミは嬉しくなって、自分の男を見る目に自画自賛する。

そこで、立て替えていた分の家賃について話すが、またもや丸め込まれてしまった。

しかしこのまま資産が増えるだろうと、レミは軽く考えるのだった。

浮気の証拠を見つける

ある日、レミの携帯に、敦士から誤送信のメッセージが届いた。

「昨日は楽しかった」という内容を見て、レミは浮気を疑い、急いで帰宅する。

敦士の言い訳をいったんは信じたレミだが、スマホのパスコードが変わっており、再び怪しんだ。

パスコードを解除しメッセージを確認すると、「みい」という名前を見つける。

2人のやり取りは生々しく、下着姿で写る写真まであった。

浮気相手が自分よりブスだと知り、レミは憤る。

「許さないんだから」

浮気相手と衝撃事実

敦士の会社近くのラブホテルで、レミは待ち伏せをする。

すると敦士のもとへ走ってきたのは、痛い服装をしたふくよかな女性。

レミはドン引きしながらも、2人の前へと出ていった。

スマホで撮っておいた証拠を突きつけると、敦士は怒りを見せる。

レミは自分の容姿を馬鹿にされ、その場は修羅場と化した。

その拍子に転んだレミは、顔を傷つけてしまう。

レミは謝罪と治療費を要求するものの、「おまえとは終わりだから」と去っていく敦士。

最後に敦士は、衝撃的な発言をする。

「仁藤(ユミ)さん、結婚してオーストラリア行くんだよ」

ユミが結婚すると聞いたレミは、混乱してその場に立ち尽くすのだった。

かつて女の子だった人たちへ【4巻】感想

敦士の浮気が発覚し、さらに衝撃的な事実まで判明しました!

冒頭でのユミは、レミと敦士の関係を応援すると言っていました。

敦士を奪われて悲しんでいるのな…と思いましたが、まさか結婚しているなんて。

しかもレミを敦士に紹介したときの言葉が気になりますね。

ユミは鈍感に見えて、レミの略奪癖を理解していたことになります。

女癖の悪い敦士を、あえてレミに紹介したのでしょうか?

だとしたら、レミ以上の策士ですね。

次回、レミがユミを問い詰めて、すべての事実が明らかになるのではないでしょうか!

『かつて女の子だった人たちへ』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめですよ!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

5話のネタバレは、以下をどうぞ!

→5話のネタバレはこちら

ネタバレまとめ(全話)は、以下をどうぞ!

→『かつて女の子だった人たちへ』ネタバレまとめはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。