漫画ネタバレ

ケンガンオメガ【82話】(10/22最新話『ブフ』)ネタバレ感想!ナイダンに苦戦する龍鬼!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「マンガワン」のオリジナル作品、「ケンガンオメガ」82話のネタバレ感想を紹介していきます。

「ケンガンオメガ」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

ケンガンオメガ【82話】『ブフ』ネタバレ

龍鬼VSナイダン

180cm、79kgの龍鬼と、194cm、118kgのナイダンが向き合って話す。

「アンタに聞きたいことがある。蟲の情報」と龍鬼。

「君には無理だよ」とナイダン。

巨大モニターで観戦している連中は、ナイダンが蟲だと知って、ちょっと驚いている様子。

「こんな奴、知らねえぞ」と夏忌。「白タトゥーなら、頭領直属か」

エドワードは、「極東本部長さまも信用なしだな」と呟きながら、誰が潜入者かは互いに知らされていないはず、と考えていた。

アイツはどう思ってるかな?とも。

その「アイツ」は、やはりナイダンが蟲であることが腑に落ちない様子。

頭領から何も知らされていないためだ。

もしや、他にも蟲が紛れ込んでるのか? と考える「アイツ」。

面白くなってきたぜ、「虎の器」の力を見せつける最高のチャンスだ。

龍鬼の先制攻撃

蟲に手加減はしない、降参するなら早めに、とナイダンに伝える龍鬼。

ナイダンも余裕で、「君が出てきてくれてよかった」と柔和な表情で言ってきた。

その様子を見守る、王馬とアギト。

「俺を狙ってたのかい? アンタの目的は?」と龍鬼が聞くと、

「話す必要もない」とナイダン。

お互いに戦闘モードに入り、飛びかかる構えを作っている。

大久保直也がナイダンをみて、腰の高さを指摘した。

構えはグレコに似てる、とも。

速水正樹も、その意見に賛同した。

レフリーの椎名ありさが、「Fight」の声をかけた。

瞬間、龍鬼の姿が消える。

圧倒的な速さだ。

しかし、ナイダンの右前蹴りが龍鬼を襲った。

両腕で防いだ龍鬼だが、後方に吹っ飛び、それでもすぐに体制を立て直した。

ナイダンはすかさず龍鬼に飛びかかり、そのままの勢いで足払い左の足払い。

反転して頭が下、足が上になった龍鬼だが、それすらも利用してナイダンの顔に蹴りを放った。

防ぐナイダン。

速すぎる一瞬の攻防に、会場からは歓声が上がる。

「まったくの互角」とのアナウンスが上がると、ナイダンは不適に微笑む。

そして龍鬼に、「たった数手だけど、もうわかっただろ?」と声をかけた。

龍鬼の顔からは余裕が消え、ナイダンを睨みつける表情に変わっていた。

劉東成と飛王芳

客席でその様子と見て話す、劉東成と飛王芳。

飛は劉に、ナイダンと何を話してたのか聞くが、劉は「なんでもないヨ」と答えをはぐらかした。

龍鬼の本気

相手の実力を知った龍鬼は、スッとその身を引いた。

距離を取り、構える龍鬼。

ナイダンは余裕の仁王立ちで、

「これだけは言っておく、僕はなりすましじゃない。本物のナイダン・ムンフバトだよ。ブフも本物さ」

龍鬼は体勢を屈めながら、力比べじゃ勝てない、隙を狙うんだ、と考えていた。

臥王流、蛇伸!

しかしナイダンは、あっさりと右の拳を龍鬼の顔にヒットさせた。

「さっさと殺る気を出さないと、死ぬよ」と呟くナイダン。

ケンガンオメガ【82話】の感想

デカい図体なのに素早いナイダンに対して、龍鬼は苦戦を強いられています。

自慢のスピードも通じず、パワーでも圧倒されて、万事休すか?

それでも龍鬼のことだから、何か秘策を考えているはず。

自分の能力と相手とを見比べて、どこがナイダンの隙なのかを見極めることでしょう!

83話のネタバレは以下をどうぞ!

ケンガンオメガ【83話】(10/29最新話『焦り』)ネタバレ感想!反撃の狼煙!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ「マンガワン」のオリジナル作品、「ケンガンオメガ」83話のネタバレ...

「ケンガンオメガ」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です