漫画ネタバレ

この好きは止められない【22話】ネタバレ感想!日比谷と芽郁の交際を知った沙織!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『この好きは止められない』22話のネタバレ感想を紹介していきます。

2話までなら、LINEマンガのアプリで今すぐ無料で読めます!

LINEマンガ
公式ページへ

※3話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

21話のネタバレは以下をどうぞ!

この好きは止められない【21話】ネタバレ感想!沙織が日比谷に執着する理由!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『この好きは止められない』21話...

この好きは止められない【22話】のネタバレ

この時がずっと続くと思っていたのに

沙織に出世の手助けをされながら、日比谷はどんどんポジションを駆け上がっていった。

「橘のおかげだよ」

日比谷は、沙織に助かっているとお礼を言う。

「何かお礼をしないとな」

その時、沙織は日比谷に何もねだらなかった。

それ以降も、沙織と日比谷の間では同じような会話が交わされた。

「本当に何でもいいの?」

「俺にできることなら」

「じゃあ、考えておくわ」

自分だけに向けられる日比谷の言葉と笑顔が心地よくて、沙織は幸せに浸っていた。

後に沙織は思った。

この時に「あなたのことが欲しい」と気持ちを伝えていれば、何かが違っていたのかもしれないと…。

自分だけの日比谷のはずが…

沙織は、日比谷が向ける笑顔は自分だけのものだと思っていた。

しかし、その笑顔が違う女性に向けられている光景を目撃する。

(どうして…)

日比谷が親しそうに会話している相手が芽郁だった。

日比谷に告白しようと決意して

その後、日比谷の雰囲気はいい方に変わっていった。

日比谷の変化を感じ取った女性社員からの好感度も上がっていく。

「日比谷社長って、最近いいと思わない?」

「よく笑顔を見せるようになったよね」

無愛想だった日比谷の笑顔は、ギャップがあってかわいいと女性社員は話し合う。

その会話を耳にしていた沙織は、密かに腹を立てた。

(何よ…。私の方がずっと前から彼のことを見て、知っているのに…)

自分がどれだけ日比谷との関係を築いてきたか、私からは誰も日比谷を奪うことはできないと、沙織は思った。

(そうだ、今すぐ気持ちを伝えよう…)

沙織は、自分の気持ちを日比谷に伝えようと決意する。

時すでに遅し

社内で日比谷の声を聞いた沙織は、背後を振り返る。

視線の先には、芽郁と楽しそうに笑い合って、芽郁の頭を撫でている日比谷の姿があった。

「何なの…」

その光景に衝撃を受けた沙織は、めまいを起こした。

「橘、大丈夫か?」

沙織に気づいた日比谷が心配そうに駆け寄ってくる。

「大丈夫よ…。それよりも、あの子は?」

「最近、つき合い始めたんだ…」

どこか気まずそうな表情を浮かべながら、日比谷は答える。

「そうなんだ…」

沙織は、今日は気分が悪いからと言って、会社を後にした。

何かが壊れる沙織

沙織は、ひとりでショックを受ける。

(どうしてなの…。私の方があなたを見てきて、理解しているのに)

日比谷は、どうしてヘラヘラしている女ばかりとつき合うのかと、心の中で訴えながら涙を流す。

「そうよ、私も笑えばよかったんだわ…。でしょ?日比谷くん…」

何かを悟ったように、沙織は狂気を宿した不気味な笑みを浮かべた。

笑顔の出迎え

夜、スーツ姿の日比谷がマンションを訪れる。

大きなため息をついた後、ドアの鍵を開けた。

すると、室内から沙織が出てきて「おまたせ」と、嬉しそうに微笑んだ―。

この好きは止められない【22話】の感想

沙織がモタモタしているうちに、日比谷は芽郁とくっついてしまったんですね。

日比谷は自分のモノだと勘違いしていたようですが、あの時に告白したからと言って、日比谷が沙織を受け入れていたかは疑問です。

日比谷にとって沙織は良き友人に過ぎなかったからこそ、ずっと現状維持な関係が続いていたんじゃないでしょうか。

それに客観的に見ても、沙織よりも芽郁の方が可愛げがあって好感が持てますし笑

なるべくしてそうなった感じがしますが、粘着気質の沙織には受け入れられない状況だったようです。

23話のネタバレは以下をどうぞ!

この好きは止められない【23話】ネタバレ感想!日比谷に執着心を燃やす沙織!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『この好きは止められない』23話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

LINEマンガ
公式ページへ

※3話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。