漫画無料・最安値情報

婚前弁護士を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『婚前弁護士』を無料で読める電子書籍サービスがあるかをリサーチしてみました。

ここあ
ここあ
今すぐ試し読みしたい場合は、以下からどうぞ!

※検索窓に「こんぜんべ」と入力してね!

『婚前弁護士』は無料で読める?

2022年1月現在、『婚前弁護士』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『婚前弁護士』の取り扱い
まんが王国 ○(1巻丸ごと試し読み:3巻まで配信)
music.jp △(9pのみ試し読み:3巻まで配信)
コミック.jp △(9pのみ試し読み:3巻まで配信)
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×

表のように、『婚前弁護士』を試し読みするなら、まんが王国がおすすめです。

1巻を丸ごと無料で試し読みできて、2巻以降も数ページ試し読みできますからね。

また、『婚前弁護士』はまんが王国の先行配信作品なので、続編が出たときにも他サービスよりいち早く読むことができますよ。

ここあ
ここあ
1巻丸ごと試し読みは期間限定なので、以下からチェックしてみてね!

※検索窓に「こんぜんべ」と入力してね!

 

人気の漫画アプリもチェックしてみましたが、配信されていませんでした。

では次に、『婚前弁護士』を、できるだけ安く読む方法を紹介しますね。

【婚前弁護士】を今すぐ安く読む方法!

まんが王国を利用して、『婚前弁護士』の全巻をできるだけ安く読む方法を紹介します。

まんが王国には、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイント購入

それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

※赤文字がボーナスポイントです。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
月額まんが300 330円 300Pt
月額まんが500 550円 500Pt + 50pt
月額まんが1000 1100円 1000Pt + 150pt
月額まんが2000 2200円 2000Pt + 500pt
月額まんが3000 3300円 3000Pt + 780pt
月額まんが5000 5500円 5000Pt + 1400pt
月額まんが10000 11000円 10000Pt + 3000pt

上記以外に、携帯電話料金合算払いで利用する『月額まんが2800』もあります。

月額3080円、3280Pt付与です。

『月額まんが500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

『婚前弁護士』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶメリットが弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるわけですね。

漫画が趣味で、毎月それなりの量を読むのなら、ある程度高めのコースを選ぶのもありです。

ちなみに、まんが王国のポイント失効は、ポイント付与から5ヶ月後の末日になります。

毎月どれくらい読むのかを考えて、どのコースにするか決めるといいでしょう。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、まんが王国自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに『無料』会員でいるだけなら、もちろん無料ですよ。

『月額まんが1000』以上を選ぶと、5大特典も利用できますよ。

  • 毎月ポイントバッククーポンをプレゼント
  • 毎月割引クーポンをプレゼント
  • 来店ポイントがいつも2倍
  • 月額コース継続ボーナスがつく
  • 月額コース限定キャンペーンを実施
ここあ
ここあ
では次に、『ポイント購入(都度払い)』を紹介するね。

ポイント購入

「毎月支払いが発生する月額コースより、とりあえず『婚前弁護士』だけ読みたいな」

という希望をお持ちなら、月額コースよりはポイント購入を利用したほうがいいでしょう。

ボーナスポイントは少なめですが、欲しい作品があるときだけ都度課金できるので、堅実な利用が叶います。

※赤文字がボーナスポイントです。

料金(税込) 付与ポイント
110円 100pt
330円 300pt
550円 500pt
1100円 1000pt
2200円 2000pt + 100pt
3300円 3000pt + 150pt
5500円 5000pt + 400pt
11000円 10000pt + 1500pt
22000円 20000pt + 4000pt
33000円 30000pt + 9000pt

ポイント購入であれば、一気に最新話までのポイントを購入しなくてもいいと思います。

ボーナスポイントを期待せず、堅実でリーズナブルな利用を目指す方法だからです。

なので、とりあえず1〜2巻くらいまで読んでみて、そのあとで3巻以降を読むか検討する、という利用法がしやすいです。

みるく
みるく
ちなみに、『婚前弁護士』はいくらなの?
ここあ
ここあ
1冊あたり200ptだよ。

「無料試し読みできる1巻を読んでみて、2巻まで読んでから、3巻を買うか決めよう」

そんなふうに思ったら、100Ptだけ購入し、初回50%OFFクーポンを利用して、100ptで2巻を読むといいでしょう。

1000Pt以下の購入であれば、どれを選んでもボーナスポイントはないので、小さな金額をちょくちょく買うほうが堅実ですからね。

ここあ
ここあ
月額コースか、ポイント購入か、まとめると以下みたいな感じだよ!
  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、ポイント購入を利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
私はいろんな作品をたっぷり読みたい派だから、ボーナスポイント多めの月額コースかな!
ここあ
ここあ
私は、読みたい作品を読めればいいから、ポイント購入にしよう!

月額コース、ポイント購入、どちらを選ぶ場合でも、おみフリを利用すればさらに安くできますよ。

ということで、以下もチェックしてみてくださいね。

おみフリは必ずチェックすべし!

作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

200Pt ⇨ 140Ptに割引されるわけです!

『婚前弁護士』の場合も、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずに!

※検索窓に「こんぜんべ」と入力してね!

第1話:ネタバレ

花束の行方

「おめでとう! 幸せになってね!」

水野凛子(みずの りんこ)は、同僚達からの花束を笑顔で受け取る。

「タカトーグループの御曹司が相手なんて〜!  すごいわ~!」

「寿退社か〜! いいな~!」

凛子の周りで、女性陣が羨ましそうに囃し立てる。

けれど、当の凛子は、少し寂しそうに俯いた。

「…私は、まだ辞めたくなかったんだけど…」

会社を出た凛子は、婚約者、高遠典弘(たかとお のりひろ)との待ち合わせ場所へ急ぐ。

そこにはすでに彼が立っていて、笑顔で凛子を迎えた。

「それ、すごい花束だね」

「うん、同僚の人達からもらったの」

「ふーん… そんな大きい物、荷物になるけど… どうする?」

典弘の鋭い視線を受け、凛子の弾んでいた心が冷えていく。

「…ほら、あそこにごみ箱があるから! …早くしてね」

コンビニのごみ箱を指差し、凛子に微笑む。

(同僚が、私の事を思って準備してくれた花束…

私への労いと祝福が込められた花束…)

凛子は、自分好みにアレンジされた花束を持って、そのごみ箱へと向かう。

(…ごめんなさい…!)

機嫌よく前を歩く典弘の後ろを、凛子が重い足取りで着いて行く。

(この人は、いつも私を試す…

『俺とそれ、どちらが大切なんだ?』と…)

婚前契約書

テナントビルの一画にある、安藤法律事務所。

弁護士の安藤優里香(あんどう ゆりか)は、顔をしかめ、机に突っ伏した。

それを、アルバイトで法科大学院2年の及川翔(おいかわ しょう)が呆れた表情で見る。

今日も事務所の資金繰りに頭を悩ませていると、入り口のドアを誰かがノックした。

「突然すみません。水野凛子と申します。

私、大学で真奈香(まなか)さんと同級で、お父様が弁護士をされてると聞いてたので…」

「あら?! 妹の同級生!

実は、2年前に父は他界してまして… 私がその後を…」

「そうでしたか…

あの… 私、結婚するんですが、婚前契約書をお願いしたくて、お伺いしたんです。

彼は仕事があるので、私1人で来たんですが…」

優里香は、奥のテーブルへと凛子を促し、詳しい話を聞く。

「婚約者の方は、どういったお仕事をされているのですか?」

「タカトーコーポレーションで専務を…

あの、婚前契約書の内容はここに書かれています。」

凛子は、鞄から書類を取り出し、優里香に渡した。

紙面の文字を目で追う優里香の表情が、みるみる変わる。

「えーっと… 水野さんは、この内容で納得してるのかしら?」

「いいえ、内容は知りません。

彼に『見たって分からないだろう』って言われました。

彼の言う通りにしておけば、問題もないと思って…」

優里香は、少し間を開けてから、言いにくそうに口を開く。

「…このような重要書類は、お互い納得した上で作成するものです。

後日、婚約者の方といらして下さい」

凛子が帰った後、優里香は、妹の真奈香に電話をかけ大学時代の話を聞く。

当時、典弘と付き合うようになった凛子は、友人から距離を置かれ、孤立していたという。

先約があっても彼氏を優先する凛子に、みんな嫌気がさしていた…

電話口で、真奈香がそう説明した。

選択

数日後…

凛子が典弘と共に優里香の事務所を訪れる。

そして、書類の内容について具体的な話し合いが行われた。

『離婚時、典弘が所有する自社株式は、財産分与の対象から除外する』

帰って行く2人の後ろ姿を事務所の窓から見下ろしながら、翔が呟いた。

「…彼女、本当に納得してるんですかね?

会社名義になっているものは全て対象外という事は、新居も…

このままじゃ、万が一の時、彼女は、何も無しで放り出されてしまう…」

「水野さん… 本当に彼から大切にされてるのかしら…?」

事務所からの帰り道、凛子と典弘は、賑やかなオフィス街を歩いていた。

「まさか、弁護士の友人がいたとはね。

でも、安くなるわけでもないんだな…

それなら、会社の法務に依頼するから、もういいよ。

電話で断っておいて」

一方的な典弘の言葉に、凛子は、絶句する。

そして、今まで繰り返されてきた彼の理不尽な言動が蘇り、凛子の胸を締め付けた。

(彼の方から、知り合いに弁護士がいないか尋ねてきたのに…!

いつだって、そうだ…)

大学時代、友人と旅行に行くという凛子を、典弘は笑顔で送り出した。

ところが、現地に着いた凛子に彼からの電話が入る。

『人気のレストランの予約が取れたよ。

今から電車で帰って来れば間に合うから』

凛子が人と会っているのを知りながら、典弘はいつも彼女を呼び出す。

そして、こう尋ねるのだ。

『凛子… 君は、俺とそれ、どちらが大切なんだ?』

有無を言わせない典弘の言葉に、凛子は毎回ただ従う事しか出来なかった。

そのうち、友人は離れていき、凛子自身も新しい友人を作ろうとはしなくなる。

(…でも、この結婚を母が喜んでくれている…

そう、これが私の幸せ…)

本当の幸せ

凛子は、結局、今回も典弘が望む答えを選ぶ。

ただし、電話ではなく、直接会って優里香に依頼のキャンセルを伝えた。

凛子が事務所を去った後、優里香は、翔に意味ありげな視線を送る。

「彼女が、わざわざ事務所まで来た…

これは、助けを求めるサインよ!

翔くん! 彼女の事情を探って来て!」

優里香に押し切られ、渋々、凛子の後を追った翔は、偶然を装って彼女をお茶に誘った。

カフェに入り、向かい合ってコーヒーを飲む。

和やかな雰囲気の中、翔は、典弘との馴れ初めについて凛子に尋ねた。

「大学時代、初めての合コンで、1人ぽつんといた私に彼が話しかけてくれたんです。

お付き合いが始まって、初めは彼の家の事も知りませんでした」

「水野さん、例の婚前契約書の内容、どういう事か分かっていますよね?

あなた自身は、本当に幸せですか?

俺達は、今のあなたを見る限り、幸せそうには思えないんです!」

「及川さんの言う通りかも知れません。

でも、もう決めた事です。私は…」

「凛子!!!」

突然名前を呼ばれ振り向くと、そこには典弘が、怒気を帯びた表情で立っていた。

本性

凛子の腕を強引に掴み、店の外へと無理矢理連れ出す。

「の、典弘さん!! 違うの! これは…」

『パンッ!』

乾いた音が辺りに響き、凛子の頬に衝撃と痛みが走った。

(えっ! 初めて、叩かれた…)

典弘の怒りは収まらず、凛子の髪を掴み、引っ張る。

「お前の結婚相手は、俺だろうが!!

他の男と喋るなんて、ふざけるな!」

「手を離しなさい!!」

優里香が大きな声で一喝し、うずくまる凛子に駆け寄った。

すぐ横では、翔が警察に電話をしている。

「大丈夫? 女の人に暴力を振るうなんて!

でも、結婚前に分かって良かったわ。

この世の男は、2種類に分けられるの…

女性を護る男と、傷つける男よ!!」

優里香の鋭い視線が典弘に向けられた。

「俺がいるのに、他の男と喋る凛子が悪いんだ!」

動揺する典弘に、凛子が泣きながら想いを伝える。

「全部、分かってました。

典弘さんが寂しがり屋で、私以外、誰も味方がいない事…

いつも私の気持ちを確かめる事で、自分のものだと安心していた事も…

私は、あなたが幸せなら、それで良かったんです!

大好きだったから…!

…でも、もう限界… 典弘さんと別れます!」

凛子は、きっぱり告げると、そのまま背を向け立ち去った。

「凛子! 行かないでくれ!」

残された典弘は、追いすがるように手を伸ばし、彼女の名前を呼ぶ。

その目からは、幾筋もの涙が流れていた。

第1話:感想・考察

精神的な攻撃に何年も耐えてきたのも、全て典弘のためだったという理由に感心しました。

何と懐の深い女性なんだと思います。

逆に、ずっと我慢してきたのに、1度の暴力で呆気なく別れを告げる姿には驚きました。

言葉の暴力には耐えられても、物理的な暴力は許せなかったのかもしれませんね。

典弘も凛子への依存と執着がひどく、結果、極端な言動になっていたように思います。

お互い想い合い、気遣い合える関係が、幸せな結婚へと繋がるのでは…と感じました。

婚前弁護士を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、『婚前弁護士』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

※検索窓に「こんぜんべ」と入力してね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。