漫画ネタバレ

薬屋のひとりごと【37話】『月精・前編(1)』ネタバレ感想!婆さんから50年前の話を聞く猫猫!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「サンデーうぇぶり」で配信中の作品、「薬屋のひとりごと」37話『月精・前編(1)』のネタバレ感想を紹介していきます。

「薬屋のひとりごと」を読みたい方は、人気漫画アプリ「サンデーうぇぶり」で毎日1話ずつ無料で読むことができますよ〜!

サンデーうぇぶりの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

薬屋のひとりごと【37話】『月精・前編(1)』ネタバレ

噂というものは、広く遠くへ伝われば伝わるほど、現実との解離は大きくなる。

ときにはそれが、伝承・神話と呼ばれるほどにも。

月の精とは?

翡翠宮にやってきた壬氏。

猫猫に向かって、真珠の涙を流す絶世の美女の話を聞いたことがあるか、と尋ねてきた。

絶世の美女なら、と思う猫猫は玉葉を見る。

でも心で思うにとどめて、「真珠の涙」とはなんなのかについて尋ねた。

壬氏いわく、「彼女が踊れば祝福するように光が舞って、その涙は真珠となってこぼれ落ちた」そう。

花街の女であることまでは突き止めているらしい。

なんでも、月の精に会いたいと、今来ている西方の特使が希望しているそうだ。

特使は幼い頃に、曽祖父から「茘国には月の精がいる」と聞かされたらしい。

「曽祖父ということは、かなり前の話ですね」と猫猫。

特使は大事な外交の相手だけに、できるだけ叶えてやりたいというのが壬氏の考えだった。

「もう生きているかもどうかも分からないが」と腕を組む壬氏に、

「生きてますよ」と猫猫。

「本当か?」

「壬氏さまも会ったことある方です」

そんな会話の挙句、壬氏は思い出す。

「緑青館」を経営している婆さんの姿を。

実は壬氏はすでに、特使に対して美女を集めての宴席は用意したという。

でも特使は満足せず、鼻で笑っていたそうだ。

猫猫は、「その美女たちに、夜のお相手をされた方は?」と尋ねた。

「それはできない」と壬氏。「特使は女性だからな」

それは厄介だ、と猫猫は思う。

東西で美に対する基準も違うし、同性ならなおさら見る目が厳しくなる。

壬氏さまに接待させればいいかもしれないけど、間違って夜伽を求められる可能性もある。

面倒は避けるに越したことはない、と。

猫猫は、特使がどれほど重要な相手かを聞いた。

壬氏いわく、西と北との交易拠点を抑えている相手だという。

その場所柄から、他国との混血が多くて美男美女が多いらしい。

とりあえず猫猫は「緑青館に文を出してみます」と言って締めくくった。

婆さんの話

緑青館の婆さんが後宮まで来てくれた。

お茶も出ないことに文句を言いながらも、猫猫の問いに答える婆さん。

異国の特使の接待をしたときの話だ。

「50年以上前の話さ。今ほど立派な宮殿がなくてね。祭儀城の遺跡を舞台に演舞を披露することになったんだ」

「で、婆さんが踊り手に選ばれたと」と猫猫。

「あたしを主役に十数人が踊ったよ。背が高かったのも選ばれた原因かもね」

婆さんはタバコをふかしながら続ける。

「ただね、あたしに嫉妬して嫌がらせする奴もいたんだ。あたしの衣装に虫の死骸をくっつけたりしてね」

でも婆さんは、そんなことに負ける性格じゃなく、最高の踊りを踊ったそうだ。

「踊りを見た者たちは、月の精をみるような目で私を見てね」

「その話は聞いたことあるからいい、他に変わったことは?」と猫猫。

話を逸らされた婆さんは、猫猫の頭をゴツン!

でもすぐに猫猫は立ち直って、婆さんは続けた。

「変わったこと? 虫が多くてまいった、ってことくらいかね」

舞台には果樹園と池があったため、虫が育ちやすい環境だったらしい。

役人が駆除してたけど、宴は夜だったため、灯にした火に集まってきたそうだ。

「踊ってる間もまとわりついていて、邪魔だったよ」

虫と聞いて、少し深く考える猫猫。

虫ばっかりいる中、この婆さんが月の精とまで呼ばれたのはなぜだ?

婆さんは、50年前の話を聞きたがる猫猫のために、準備してきたものを見せてくれた。

包んでいた布を外して、テーブルの上に置いたものは?

薬屋のひとりごと【37話】の感想

婆さんが猫猫に見せたものは、おそらく絵画でしょう。

後ろ側しか描かれていませんので、次回のお楽しみですね。

さて、月の精が婆さんだったのはいいとして、特使はいったい何を求めているのでしょう?

まだ特使の姿も出ていませんので、年齢なども不明ですが、おそらく若いと思われます。

なぜ月の精に会いたがるのか?

目的はなんなのか?

4〜6話くらいかけて描かれると思われますので、考察もじっくり楽しめそうですね。

無料で「薬屋のひとりごと」を読みたい方は、人気漫画アプリ「サンデーうぇぶり」で読むことができますよ〜!

サンデーうぇぶりの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です