漫画ネタバレ

土竜の唄【722話】『今生を踊る』ネタバレ感想!パピヨンの言葉を信じる轟!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『マンガワン』で連載中の作品、『土竜の唄』722話のネタバレ感想を紹介していきます。

『土竜の唄』を読みたい方は、人気漫画アプリ『マンガワン』で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!
※最新話の公開は1週間遅れます。

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

土竜の唄【722話】ネタバレ

日向子に会いたい!

3人はクラゲから落ちないよう、円になって手を繋いでいる。

吹き荒れる嵐の中、轟は涙を流しながらパピヨンに訴えかけた。

「日向子が生まれ変わってこの世界のどこかで生きてるのなら、会いたい! どうすれば会えるんだ?」

パピヨンは轟にまっすぐな視線を向けてから、言い放った。

「会いたいという欲望を捨て去り、イカシた男になって生きればいい! それだけだ!」

言葉をつぐむ轟。

玲二は2人の会話を黙って聞いている。

「(俺を)信じなくてもいい」と、パピヨン。

大きな波がクラゲを揺らし、体全体が斜めになりながら、轟はこう返す。

「信じる! 欲望も捨て去ろう」

「嘘だ」とパピヨン。

「言葉にするのは簡単だが、心の底から欲望が捨て切れていない。奇跡を起こすには、欲望を完全に捨て去ることだ」

波はさらに高くなり、クラゲが揺れる。

パピヨンは続けた。

「生まれ変わった日向子とは巡り会えなくてもいい。心の底からそう思えたなら、不可能が可能になる」

「日向子」と、ポツリつぶやく轟。

そして轟は、過去の会話を思い出すのだった。

轟の回想

大きな木々がある公園で、子供達がはしゃぎ回っている。

そんな中、日向子がこんなことを言ってきた。

「運命の人とは、小指同士が赤い糸で結ばれてる。でもどうして赤い糸なんだと思う?」

日向子は真っ直ぐな目で続けた。

「強く引っ張ると切れてしまうからなのよ」

パピヨンを信じる

パピヨンの言葉を理解した轟。

「日向子に会いたい気持ちが強いと会えない、それはわかった。でもなぜオレに教えたんだ?」

するとパピヨンは、こんな答えを出した。

「魂は今世のステージで全力で踊り抜き、新しい人生でキレッキレのダンスだ。心入れ替えて、残りの人生ピッカピカに輝け」

「この人生はサルサで、次はサンバか?」と轟。

「生命は転生し続ける。肉体の崩壊など1ミリだって怖がる必要がない」

「お前を信じよう」と轟は言い放った。「次の舞台が楽しみだ」

ステップを踏む

ふと気づけば、クラゲが海に沈もうとしていた。

どうやら疲れて眠くなってきたと、玲二が言う。

そこでパピヨンは、クラゲを呼び覚まそうと、ステップを踏んで眠気を覚まさせる作戦に出た。

「ハ」と声も出しながら、軽やかなステップを踏むパピヨン。

玲二も続き、さらに轟も踊り出した。

手を繋いだまま、脚で音頭をとる3人。

「人生はダンスだ、楽しく踊って、次のステージさ」

するとクラゲにもその気持ちが通じたのか、浮上してきたではないか。

3人は意気揚々と、さらなるステップを踏む。

だがしかし、それでもクラゲの眠気は完全には冷めない。

またしても沈もうとしている。

クラゲに声をかけながら、楽しく踊ろうとする玲二と轟。

「悔いのないダンスを踊るんだ」とパピヨン。

「ツイスト、ロックンロール」と轟。

ワルツに、サンバ!

やがて日が暮れて、夜になった。

夜明け

カモメが鳴き声を上げながら空を飛んでいる。

クラゲの上で眠る3人は、どこかの島にたどり着いていた。

土竜の唄【722話】の感想

パピヨンの言葉が胸に響いた轟は、日向子への想いを完全に振り切ることができたのでしょうか?

ダンスを踊るシーンの最後には、しっかりと「日向子ーーーーーっ」と叫んでましたけどね。

激しい嵐の中、ステップを踏み続けた3人の想いが通じたのか、クラゲは沈まずに海面に浮き続けてくれたようです。

夜明けになって、どこかの島にたどり着きました。

木々に囲まれる中、なにやら怪しい一軒家がポツリと建っています。

3人に何が待ち受けているのでしょう?

また新たなる舞台へと突入しそうですね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です