漫画ネタバレ

木曜日は君と泣きたい。【6話】ネタバレ感想!『残像』GANMA!オリジナル完結作品!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「GANMA!」のオリジナル作品、「木曜日は君と泣きたい。」6話のネタバレ感想を紹介していきます。

「木曜日は君と泣きたい。」を読みたい方は、人気漫画アプリ「GANMA!」で5話まで無料で読むことができますよ〜!

GANMA!の公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

木曜日は君と泣きたい。【6話】ネタバレ 『残像』

課題を手伝う

千秋の課題を手伝った薫。

千秋は課題を溜めまくっていたようで、かなりピンチだったのだ。

お礼を言ってくる千秋に、「少しずつやっとけばいいだろ。休みの日にまとめてやるとか、大変だろ」と言う薫。

千秋いわく、サークルのあとは疲れてバタンキューだから、少しずつやるのはちょっと難しいらしい。

「ああ、まあ分かるかな」と薫も納得した。

そのあと薫は、「木曜は俺も3限までだし、ときどき手伝うよ」と申し出た。

見た目に反してちょっと抜けてる千秋のことを、放っておけなくなったようだ。

「明日の労働法の課題もできたところだし」と薫が言うと、千秋はそれも忘れてた様子。

千三がバイトしてる店へ

千三が働くカフェに立ち寄った、薫と千秋。

薫が男を連れてきたとあって、千三はちょっと驚きの表情。

ちょっと高級そうなカフェだけに、懐が寂しい千秋はお金の持ち合わせがないというが、最悪の場合は千三に御馳走して貰えばいい、と薫。

そんな会話が聞こえてるはずだが、千三はちょっと複雑な表情を浮かべてる。

本当にご馳走してくれるのか、と薫は思ったが、千三は我に帰って否定するのだった。

席についてスイーツを食べる薫。

その様子を気にかけている千三。

千三はふと、昔のことを思い出した。

薫が初めて女の子の格好をしていた日のことだ。

楓のふりをしているという薫は、母さんに二度とあんなことさせたくないから、と理由を述べた。

「オレも協力する」と千三は言った。

1人で演じ続けるのは大変だからと、周りへの説明なども引き受けてくれたのだ。

「友達だろ。頼ってや」と千三。

すると薫も笑顔になって、「ありがとう」と素直に喜ぶのだった。

思い出から帰った千三は、手を強く握り締めるあまり、爪が食い込んで血が出てしまっていた。

先輩の女性店員に怒られて、消毒に向かう千三。

自分の思いがバカらしく思えたのか、「何してんのやろ、オレ」と呟くのだった。

いっぽうの薫は、千秋の課題を手伝っていた。

木曜日は君と泣きたい。の感想

薫を男と知っている千三ですが、心のどこかで女性として見ている部分があるのかもしれません。

だからちょっと、薫と一緒にいる男性のことが気になっちゃうのでしょう。

薫のほうは、ただの親切心で千秋の課題を見てやっている様子。

千秋も同じく、薫のことは、課題を教えてくれる良い友人、と見ているようです。

男心と女心の複雑さを、見た目と実際の性別があやふやなキャラクターで描いたこの作品は、若者の間でもかなりの話題を読んでいます。

GANMA!の完結作品の中でも人気上位なので、ぜひ最終話まで読んでみてくださいね。

「木曜日は君と泣きたい。」を読みたい方は、人気漫画アプリ「GANMA!」で5話まで無料で読むことができますよ〜!

GANMA!の公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です