当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

名も知らず【1話】ネタバレ感想!彩音が5年ぶりに会った男は医師だった!

今回は、コミックシーモアの先行配信作品『名も知らず』の1話について、ネタバレ感想をシェアしていきます。

『名も知らず』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

名も知らず【1話】ネタバレ

Ωの主人公

主人公の七瀬彩音は、Ω(オメガ)特有の発情期に悩まされていた。

苦しい記憶ながらも、思い出すのは「あの人」の匂い。

彩音は娘と2人暮らしをしている。

父親がいないこと、そしてΩであることから近所で悪い噂がまわっていた。

彩音が23歳で、娘の鈴が4歳。

若い母親だから、「あんなこと」でできた子供ではないかと言われているのだ。

鈴と幸せな日々を送る彩音だが、事実はすべて噂の通りだった。

初めての発情期

18歳の冬、遅い発情期を迎えた彩音は、帰り道にα(アルファ)に出会ってしまう。

逃げる彩音に、襲いかかる男。

「やめて、助けて!」

彩音は必死で助けを呼ぶが、αに首元を噛まれてしまった。

妊娠を避けるために病院へ行こうとするも、発情期のため外にも出られない。

襲われてから8日後、ようやく病院へ行けたが、避妊の可能性は低いと言われた。

「保護者もパートナーも、誰もいません…」

孤独な彩音は、宿ってしまったかもしれないお腹を殴ろうとする。

しかし、手をかけることはできず、号泣するしかなかった。

知ってる匂い

あれから周囲の協力を得て、鈴と生活をしている彩音。

同じΩの友人もおり、鈴を保育園に預けて働いていた。

ある日の仕事中(和菓子店で働いていると)、鈴が体調を崩して病院に向かった、との電話が入った。

彩音はすぐに、病院に駆け込んだ。

あの人との再会

病院に着くなり、鈴はなぜか新しい先生にべったりだと、看護師から聞かされた。

若くて優秀な医師らしいが、彩音はなぜか不吉な予感がした。

部屋に通されると、心臓が高鳴り「あの匂い」が鼻をつく。

鈴を抱っこしていたのは、ある男性医師だった。

彩音は医師の顔を見て、思い出した。

「あのときの、α(アルファ)だ」と…。

名も知らず【1巻】感想

Ω、aが出てくる世界線の物語です。

発情期のあるΩは世間から偏見を持たれてしまう存在。

そしてaは発情期のΩに出会うと、襲わずにいられないようですね。

そのせいで、主人公は妊娠し、1人で娘を育てることに…。

まだ18歳という若さで保護者もいないなんて、孤独との戦いだったでしょう。

しかし過去を乗り越えて、娘と2人で幸せな日々を送っていました。

…が!まさか、娘の父親であるaと再会するなんて!

主人公は匂いで相手がわかったようですが、aは気がついているのでしょうか!?

今後、3人がどんな展開を迎えるのか気になって仕方がないです!

『名も知らず』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめですよ!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

2話のネタバレは、以下をどうぞ!

→2話のネタバレはこちら

ネタバレまとめ(全話)は、以下をどうぞ!

→『名も知らず』ネタバレまとめはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。