当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

名も知らず【全話まとめ】ネタバレ感想!最終話(結末)の予想も!

今回は、コミックシーモアの先行配信作品『名も知らず』(ヤナギナギ著)について、ネタバレ感想の全話まとめ情報をシェアしていきます。

漫画『名も知らず』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

各話のネタバレは、以下をどうぞ!

1話 2話 3話

名も知らず【1話】ネタバレ

七瀬彩音は、Ω(オメガ)特有の発情期に悩まされる女性だ。

彩音は若い母親として、4歳の娘・鈴と2人で暮らしている。

父親がいないことや、自分がΩであることから、近所では悪い噂が流れている。

あれは、18歳の冬のこと…

ちょうど発情期だった時期に、α(アルファ)に襲われてしまった。

結果、娘・鈴を授かったのだ。

現在の彩音は、和菓子店で働きながら、鈴を保育園に預け、同じΩの友人の協力を得て生活している。

ある日、鈴が病院で体調を崩したとの連絡を受け、急いで駆けつけた。

病院にいた医師は、彩音が18歳の時に出会ったαだった。

→名も知らず【1話】ネタバレはこちら

名も知らず【2話】ネタバレ

医師(相馬)は、鈴が自分の子供だと気づいた。

彩音は鈴を守るために、恐怖を感じながらも何とか逃げ出し、帰宅する。

翌日は仕事を休み、鈴と家で過ごしながら、相馬から離れるために引っ越しも考え始める。

彩音が体調を崩すと、鈴は母を心配し、助けを求めて相馬のいる病院へ向かう。

鈴とともに、相馬は彩音の家へとやってきた。

彩音は警戒したが、鈴は相馬を「パパ」と呼んだ。

相馬いわく、鈴に自分が父親だと打ち明けたそうだ。

そして相馬は、引っ越しを止めるような発言をするのだった。

「鈴を渡すか、3人で暮らすか、決めてもらう」と。

→名も知らず【2話】ネタバレはこちら

名も知らず【3話】ネタバレ

鈴を守るため、彩音は相馬との3人暮らしを選んだ。

相馬は彩音に対し、鈴の出生を秘密にすること、以前のような「ミス」を繰り返さないことを約束した。

彩音は相馬を信用せず、拒絶し続けるが、鈴のために夫婦のフリをすることを受け入れる。

同居生活が始まり、相馬は鈴だけでなく彩音にも優しく振る舞う。

彩音は、その偽りの優しさに苦しむのだった。

ある日の買い物中、彩音と相馬が言い合ったことで、鈴が泣き出した。

どうにか仲良しの体裁を整えて誤魔化したが、彩音の心は重く沈むばかり…

彩音の気持ちを知ってか知らずか、相馬は入籍の話まで持ち出してきた。

苦しむ彩音は、ふと倒れてしまう。

→名も知らず【3話】ネタバレはこちら

最終話(結末)の予想

あくまでも予想ですが、最終話や結末について考察してみました。

相馬に対する彩音の気持ちに変化が?

彩音との共同生活を通じて、相馬は彩音と鈴への愛情を深め、過去の行動を反省すると思います。

彩音の苦悩に寄り添い、支える存在へと変わり、彩音も徐々に相馬への信頼を築いていくのではないでしょうか。

彩音は、鈴のため、そして自分自身の幸せのために、相馬との関係を見直し、彼との間に新たな絆を築くことを決意するかもしれません。

発情期の問題についても、二人で協力して乗り越えていく方法を見つけ出せるといいですね。

鈴の幸せは家族の幸せ?

無邪気ながらも家族を思う鈴は、彩音と相馬の間に温かい家庭の絆を築くきっかけとなりそうです。

鈴の存在が二人の関係を改善させる重要なカギとなり、鈴が幸せを感じることを中心に物語は進むでしょう。

社会から白い目で見られることもなくなる?

社会との和解も描かれるかもしれません。

彩音と相馬の関係が安定し、家族としての絆が深まるにつれて、社会や近所の人々の間での誤解や偏見も徐々に解消されていくはずですからね。

このように、最終話では、彩音、相馬、鈴の3人が真の家族として絆を深め、社会の偏見を乗り越えて成長していく未来が描かれると予想します。

余韻を残すような感じで、さらりと。

『名も知らず』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

※当記事の内容は、大まかな概要(ストーリー)と、ごく一部のセリフ(意訳)、実際に読んでみた感想で構成されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。