漫画無料・最安値情報

飲み会に行くだけの簡単なお仕事ですを無料試し読み!今すぐ全巻読める先行配信サービスはここ!

今回は、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』を無料で読める電子書籍サービスがあるかをリサーチしてみました。

ここあ
ここあ
今すぐ試し読みしたい場合は、以下からどうぞ!

※検索窓に「飲み会に」と入力してね!

『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』は無料で読める?

2021年11月現在、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』の取り扱い
まんが王国 ◎(1巻丸ごと無料:3巻まで配信)
music.jp ○(1巻7Pだけ試し読み:3巻まで配信)
コミック.jp ○(1巻7Pだけ試し読み:3巻まで配信)
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

表のように、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』を試し読みするなら、まんが王国がおすすめです。

1巻を丸ごと無料で試し読みできて、2巻以降も数ページ試し読みできますからね。

また、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』はまんが王国の先行配信作品なので、続編が出たときにも他サービスよりいち早く読むことができますよ。

表にある結果の通り、全巻無料で読めるサービスはありません。

ここあ
ここあ
1巻丸ごと試し読みは期間限定なので、以下からチェックしてみてね!

※検索窓に「飲み会に」と入力してね!

 

では次に、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』を、できるだけ安く読む方法を紹介しますね。

【飲み会に行くだけの簡単なお仕事です】全巻を安く読む方法!

まんが王国を利用して、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』の全巻をできるだけ安く読む方法を紹介します。

まんが王国には、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイント購入

それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
月額まんが300 330円 300Pt
月額まんが500 550円 550Pt
月額まんが1000 1100円 1150Pt
月額まんが2000 2200円 2500Pt
月額まんが3000 3300円 3780Pt
月額まんが5000 5500円 6400Pt
月額まんが10000 11000円 13000Pt

上記以外に、携帯電話料金合算払いで利用する『月額まんが2800』もあります。

月額3080円、3280Pt付与です。

『月額まんが500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶメリットが弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるわけですね。

漫画が趣味で、毎月それなりの量を読むのなら、ある程度高めのコースを選ぶのもありです。

ちなみに、まんが王国のポイント失効は、ポイント付与から5ヶ月後の末日になります。

毎月どれくらい読むのかを考えて、どのコースにするか決めるといいでしょう。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、まんが王国自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに『無料』会員でいるだけなら、もちろん無料ですよ。

『月額まんが1000』以上を選ぶと、5大特典も利用できますよ。

  • 毎月ポイントバッククーポンをプレゼント
  • 毎月割引クーポンをプレゼント
  • 来店ポイントがいつも2倍
  • 月額コース継続ボーナスがつく
  • 月額コース限定キャンペーンを実施
ここあ
ここあ
では次に、『ポイント購入(都度払い)』を紹介するね。

ポイント購入

「毎月支払いが発生する月額コースより、とりあえず『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』だけ読みたいな」

という希望をお持ちなら、月額コースよりはポイント購入を利用したほうがいいでしょう。

ボーナスポイントは少なめですが、欲しい作品があるときだけ都度課金できるので、堅実な利用が叶います。

料金(税込) 付与ポイント
110円 100Pt
330円 300Pt
550円 500Pt
1100円 1000Pt
2200円 2100Pt
3300円 3150Pt
5500円 5400Pt
11000円 11500Pt
22000円 24000Pt
33000円 39000Pt

ポイント購入であれば、一気に最新話までのポイントを購入しなくてもいいと思います。

ボーナスポイントを期待せず、堅実でリーズナブルな利用を目指す方法だからです。

なので、とりあえず1〜2巻くらいまで読んでみて、そのあとで3巻以降を読むか検討する、という利用法がしやすいです。

「無料試し読みできる1巻を読んでみて、2巻まで読んでから、3巻を買うか決めよう」

そんなふうに思ったら、100Ptだけ購入し、初回50%OFFクーポンを利用して2巻を読むといいでしょう。

1000Pt以下の購入であれば、どれを選んでもボーナスポイントはないので、小さな金額をちょくちょく買うほうが堅実ですからね。

ここあ
ここあ
月額コースか、ポイント購入か、まとめると以下みたいな感じだよ!
  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、ポイント購入を利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
私はいろんな作品をたっぷり読みたい派だから、ボーナスポイント多めの月額コースかな!
ここあ
ここあ
私は、読みたい作品を読めればいいから、ポイント購入にしよう!

月額コース、ポイント購入、どちらを選ぶ場合でも、おみフリを利用すればさらに安くできますよ。

ということで、以下もチェックしてみてくださいね。

おみフリは必ずチェックすべし!

作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

200Pt ⇨ 140Ptに割引されるわけです!

『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』の場合も、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずに!

※検索窓に「飲み会に」と入力してね!

飲み会に行くだけの簡単なお仕事です『1巻』ネタバレ

バイト漬けの毎日

目の前のテーブルには、たくさんの美味しそうな料理が、並んでいる。

大学生の水上透(みかみ とおる)は、同じ大学に通う彼氏の翔(しょう)と、久しぶりのデートを楽しんでいた。

すぐ隣に置いていたスマホが、音を鳴らし、着信を知らせる。

鞄を開け取り出すと、それは母親からの連絡だった。

「もしもし、ママ? どうしたの?」

「…透、パパの会社がね… 倒産したの…

ごめんなさいね。

大学の学費も来年からは、出してあげられないのよ…」

「…私は、大丈夫だから、心配しないで!

バイトして何とかするし!」

透は、出来るだけ動揺を悟られないよう、明るい声で返事をした。

(誰が悪いわけじゃない。

大学に通うのは私。私が、頑張ればいいだけ…!)

それからというもの、透は、バイトを掛け持ちし、休みなく働いた。

昼はコンビニ、夜は居酒屋。

大学で授業を受けながら、忙しい毎日を送る。

…ある日、大学の廊下で翔が心配そうに声をかけた。

2人は、薬剤師という共通の夢に向かって勉強に励む仲でもある。

「透… 体調、大丈夫か? 前より痩せてる…

少しは、休んだ方が…」

「翔くん、心配してくれてありがとう。

大丈夫だよ」

張り付けたような笑顔で透は、笑う。

翔は、それ以上何も言えず口をつぐんだ。

優しさに触れて

働きづめの毎日が続き、透の疲労はピークに達していた。

居酒屋では続けてミスをしてしまい、大目玉を食らう。

コンビニでは、セクハラ紛いの発言に耐えなければならなかった。

そのコンビニに、翔が突然姿を現す。

彼は、事務業務をしていた透を気まずそうに見て、目を逸らした。

…バイトの帰り道、無言で歩く2人の間に気まずい空気が流れる。

「…なんか、急にごめん。バイト先まで…

運が良ければ、一緒に帰れるかなと思ったんだ…

透が毎日頑張ってるのに、俺、全然役に立ててないし…」

翔は、そう言うと、すぐ隣にある透の手をそっと握った。

そして、もう片方の手で持っていた小さな鞄を差し出す。

「だから、これ作って来たんだ!

俺の得意料理のロールキャベツ。

一緒に食べようと思って…!

これくらいなら、俺にも出来るから!」

翔の優しい気遣いと思いやりに、透の心が温かいもので包まれていく。

「うれしい… ありがとう!!」

目にうっすらと涙を浮かべ、透に笑顔で感謝を伝えた。

(絶望という暗闇の中でも、わずかな光があれば、迷わずに歩んでいける…)

翔の作ったロールキャベツを食べながら、透は幸せを噛み締めた。

きっかけ

数日後…

1日のバイトを終え、透は自室のベッドに寄り掛かり、友人のSNSをチェックしていた。

「今日も疲れた~

わぁー! このブランド! 新作のバッグかな…?」

華憐(かれん)がアップした写真に目が留まる。

そこには、カメラ目線で微笑む本人と一緒に、かわいいバッグが写っていた。

(…確か、華憐ちゃん、奨学金の返済あるから、掛け持ちでバイトしてたよね…

お金に余裕出来たのかな…?)

『いいなぁ! かわいいね』

透がコメントを送ると、華憐からの返信がすぐに届く。

『すごくいいバイトがあって、買ったんだ! 紹介するよ!』

葛藤

透は、そのバイトを紹介してもらうため、これから華憐と会う約束をしていた。

「変なバイトだったら、すぐに帰ろう…!」

待ち合わせ場所に向かうと、そこには華憐ともう1人、知らない女性が立っていた。

ストレートの長い髪と、整った顔立ち、身長も高くモデルのように見える。

その女性は、透の正面に立つと、無言のまま品定めをするような視線を向けた。

「透! こちら、神崎誉(かんざき ほまれ)さん。

バイトでお世話になっている人よ」

「…まぁ、もうちょっとメイクを頑張れば、稼げるんじゃない?」

誉は、表情も変えず、上から目線で言う。

3人は場所を移動し、1軒のカフェに入った。

「仕事は、飲み会に参加するだけなの!

それで、高いお金が貰えるんだもん、いいでしょ!

もちろん、違法性もないから、安心だよ」

華憐は、笑顔で楽しそうに仕事内容を説明する。

その時、黙ってスマホを見ていた誉に電話が入り、彼女は席を立った。

2人だけになり、透は、恐る恐る華憐に尋ねる。

「…このバイトって、コンパニオンみたいな感じ?」

「透は、男に媚びるような仕事は、嫌だもんね?

客層は、経営者や医者が多いかな、勉強になるよ。

それに、体触られて耐えないといけないようなバイトじゃないから。

ホントに楽しい雰囲気の中、お話するだけなの」

電話を終えた誉が戻ってきて、今、取り付けたという仕事の話をする。

「今晩、医者との飲み会あるけど、行く?」

華憐は、二つ返事で、参加を決める。

透は、まだ不安が拭えず、決心が付かないでいた。

誉は、躊躇う透に呆れたのか、深いため息をつく。

「何を悩ん出るの?

あなた、薬学部なんでしょ! 今日、会うのは現役の医者なのよ。

人脈も作れて、お金も貰えるっていうのに!」

迷った挙げ句、誉の言葉に流された透は、遂に参加を決める。

(華憐ちゃんもいるし、大丈夫…!)

初仕事

その後、ドレスアップした透と華憐は、改めて誉と合流した。

手配されたタクシーに乗り、その場所へと向かう。

「泥酔したり下品な事は、絶対にダメよ。

大切な人脈なんだから、迷惑かける事はやめて」

タクシーの中で誉から、注意事項を聞かされ、透の緊張が一層増す。

(これも私のため… お金の足しになるんだもの…)

飲み会の会場に着き、相手が待つ一室へと入る。

広く豪華な造りの部屋には、ソファーとテーブルが置かれ、3人の男性が座っていた。

「遅れてしまい、すみません」

誉が、笑顔で口を開く。

「構わないよ。

あれ? 初めての子じゃない?」

1番年上と思われる医者、西田(にしだ)が透を見て言う。

「そうなんです。紹介しますね。

…まずは、こちら… お馴染みの華憐ちゃんです」

誉に名前を呼ばれ、華憐は慣れた様子で挨拶をした。

「そして、こちらが今日初めての透ちゃんです」

誉は透の肩に手を回し紹介する。

「は、はじめまして。

今日は、よ、よろしくお願いします…」

透は、しどろもどろになりながらも挨拶を終える。

「こちらこそ~」

「大丈夫? 平気かな?」

気さくに話しかける男性達に、透の緊張も少し緩む。

「それじゃあ、華憐ちゃんは、村上(むらかみ)さん。

透ちゃんは… 寺門(てらかど)さんの隣ね」

誉の指示に従い、それぞれが席に着く。

透が寺門に近づくと、ずっと黙っていた彼がニコッと笑って口を開いた。

「寺門です。よろしく」

影のある微笑みを向けられ、透は、一瞬違和感を覚える。

けれど、透は、まだ気づいていなかった。

自分がすでに、蟻地獄に引きずり込まれているという事実に…

飲み会に行くだけの簡単なお仕事です『1巻』感想・考察

高額なバイト…それが飲み会に参加するだけでいいとなれば、尚更、危険な香りがします。

裏に絶対何かあると思ってしまいますが、透は、何に巻き込まれていくのでしょう。

大変なバイトに明け暮れていた分、自分から抜け出せなくなるのかもしれません。

お金が絡むと、人間の普段見えない闇の部分が表面化する事もあります。

寺門さんが見せた不気味な笑顔がその闇を表しているようで怖かったです。

翔という優しい彼氏との関係もこじれなければいいのにと思っています。

飲み会に行くだけの簡単なお仕事ですを無料試し読み!今すぐ全巻読める先行配信サービスはここ!:まとめ

今回は、『飲み会に行くだけの簡単なお仕事です』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

※検索窓に「飲み会に」と入力してね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA