漫画無料・最安値情報

おくちがエッチな弱点だっての無料試し読み!今すぐ読める先行配信サービスはここ!

今回は、『おくちがエッチな弱点だって、ライバルのエリート同僚にバレてしまいました』を無料で読める電子書籍サービスがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず無料で試し読みしたい方は、こちらからどうぞ!

『おくちがエッチな弱点だって』は無料で読める?

2021年11月現在、『おくちがエッチな弱点だって、ライバルのエリート同僚にバレてしまいました』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『おくちがエッチな弱点だって』の取り扱い
コミックシーモア ◎(1巻無料試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
ebookjapan ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
BookLive! ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
DMMブックス ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
Renta! ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
Kindle ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
music.jp ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
honto ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
Reader Store ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
BOOK☆WAKER ○(試し読みは少し:2巻まで配信)
U-NEXT ○(試し読みは少し:2巻まで配信)

2021年11月現在、『おくちがエッチな弱点だって、ライバルのエリート同僚にバレてしまいました』は、コミックシーモアのみ先行配信されています。

しかもコミックシーモアなら、1巻丸ごと無料試し読みOK!

これは他のストアにはないサービスなので、コミックシーモアがおすすめです。

ここあ
ここあ
※1巻丸ごと無料試し読みOKは期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスやアプリで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『おくちがエッチな弱点だって』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『おくちがエッチな弱点だって』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『おくちがエッチな弱点だって』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『おくちがエッチな弱点だって』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300Pt
シーモア500 550円 500Pt
(+50Pt)
シーモア1000 1100円 1000Pt
(+150Pt)
シーモア2000 2200円 2000Pt
(+450Pt)
シーモア3000 3300円 3000Pt
(+690Pt)
シーモア5000 5500円 5000Pt
(+1200Pt)
シーモア10000 11000円 10000Pt
(+2500Pt)
シーモア20000 22000円 20000Pt
(+6000Pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『おくちがエッチな弱点だって』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『おくちがエッチな弱点だって』のように、お口に焦点を当てて描かれるTL作品は、きっとこれからも発表されます。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『おくちがエッチな弱点だって』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『おくちがエッチな弱点だって』は1巻当たりは100Ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、50Ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『おくちがエッチな弱点だって』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『おくちがエッチな弱点だって』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『おくちがエッチな弱点だって』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

第1話:ネタバレ

キスだけで

2人の息遣いだけが響く一室…

ベッドの上には、濃厚なキスを繰り返す男女の姿があった。

「堪らない…

キスしただけなのに、こんなトロけた表情になるんだね。

…口の中、そんなに気持ちいい?」

男性は、一旦唇を離すと、恍惚とした笑顔を浮かべた。

そして、女性の上に覆いかぶさると、片方の手を太ももに這わせる。

再び、舌と舌を絡ませながら、手を足の付け根へと移動させた。

下着の中は、すでに十分濡れていて、いやらしい音を立てている。

「ここ、擦られるのと、どっちが気持ちいい?」

「…そ、それは、ダメです…」

「ホント? こんなにトロトロになってるけど…?」

女性の上気した頬と潤んだ瞳が、より一層、男性の嗜虐心を煽る。

(ずっと、秘密にしてきたのに… どうしてなの…?)

優秀な同僚

「上半期の売上成績を発表する…

続いて、2位は、高峰だ。

お前の仕事は、正確で、早い! 信頼も厚いしな。」

周りから拍手が起こり、高峰涼花(たかみね すずか)にみんなの視線が集中する。

入社3年目の彼女は、美人で完璧という評判を得ていた。

「そして… 1位は、前回と同じく財前」

今度は、同僚の女性達の熱い視線が、財前向真(ざいぜん こうま)に向けられる。

彼は、爽やかな笑顔でそれに応えた。

「それにしても、毎回上位の2人は決まってるな」

「正反対のタイプだけど」

「財前にはいつも女の子が寄って来てるけど、高峰さんは、高嶺の花って感じだな」

「食事に誘っても絶対来ないし、完璧過ぎて近寄りがたいよな」

同僚の話し声が、デスクで仕事をする高峰の耳にも入ってくる。

(あ~、また勝手な事を言われてる…

ある理由で、恋愛もせず、仕事一筋できた私だけど、財前さんには敵わない。

もっと、努力しないと…!)

特異体質

ある時、トイレの個室に入っていると、同僚が入ってきた。

「ホントに愛想ないよね。高峰さん」

「財前さんにあの冷たい態度はないわ~。

笑ったり泣いたりもしないって噂だよ~!」

彼女達が居なくなるのを待って、トイレを出る。

デスクに戻ると、隣の席の財前がチョコレートを差し出した。

「もらったんだけど、高峰ちゃんもどうぞ」

いつものように断ろうとした瞬間、先程のトイレでの会話が脳裏に浮かぶ。

(小さなチョコレートだし、1つだけなら…)

高峰は、様々な種類が並ぶチョコの中から1つを摘み、口に入れた。

その瞬間、チョコなのに有り得ない辛さが口に広がる。

両手で慌てて口を押さえる姿を見て、財前が面白そうに笑った。

「あはは! 早速、当たった?

これ、ロシアンショコラなんだ!」

楽しそうに説明する財前を無視し、高峰は、一直線に屋上へと向かう。

フェンスの前にうずくまり、消え入りそうな声で呟いた。

「…か、辛いなんて、先に言ってよ…」

目に涙をいっぱい浮かべ、顔は赤く染まっている。

高峰が、人付き合いをしない理由…

それは、口内が異常なほどに敏感だというものだった。

ランチや飲み会にも参加したいが、この体質が原因で、人前で食事が出来ない。

体が熱くなり、涙も止まらなくなる。

15歳の夏、両親を突然失った時から、この症状が出るようになった。

それ以来、ずっとこの体質と付き合っている。

「高峰ちゃん!

辛いの苦手って知らなかったから… ごめん… えっ?!」

高峰を追って、屋上に姿を現した財前が声をかけた。

振り向いた高峰は、涙を流し、顔を紅潮させている。

その様子に財前は一瞬驚くが、買ってきた水を手渡すと、すぐにその場を去った。

(泣き顔見られた… けど、何も聞かないでくれた…?)

一方、財前は…

「…何?! あの泣き顔。…ヤバい…!」

片方の手で口元を隠すように覆い、1人呟いた。

秘密にしてたのに…

高峰は、仕事の引き継ぎのため、財前に連れられ居酒屋に来ていた。

2人の前には、取引先の社長とその部下が座っている。

たわいのない話をしながら、和やかな雰囲気で食事は進んでいた。

「高峰さん、ちゃんと食べてる?」

「苦手なものあった?」

何も食べず、ビールしか飲んでいない高峰に社長が声をかけた。

仕事上の付き合いなので断り切れず、参加したが、さすがに誤魔化すのも限界だ。

「…ありがとうございます。

いただきます」

高峰は、覚悟を決め、目の前の皿から料理を取り分けると口に入れた。

(お、美味しい~!!)

見る見るうちに、頬は上気し、目が潤んでいく。

その表情を隠すように口元を手で覆った。

「社長、ちょっと席、外します。

高峰も来て! 仕事の電話だから」

財前は、高峰の腕を掴むと、急いで人目のない裏路地へと連れて行った。

「酔ったの…? 大丈夫?

もしかして、こういう雰囲気の店、慣れてなかった?」

「…いえ! 違うんです! そんなんじゃ…」

うずくまり、口元を押さえたまま、財前の袖を掴んで否定する。

相変わらず、涙が溢れ、顔は赤く染まっていた。

(ダメだ…! お酒のせいで、症状が治まらない…

財前さんにも、絶対、気味悪がられる…)

自分の腕で、体を抱きしめるようにして、荒くなった呼吸を整える。

隣に財前がしゃがみ込み、高峰の頭にポンと手を置いた。

「ちょっと聞くけど…

酔ったら、毎回こんな風になるわけ…?

とりあえず、1回吐いた方がいいよ! 自分で出来る?

はい、口開けて」

財前は、そう言うと、おもむろに高峰の口に自分の指を突っ込んだ。

敏感になっている口内を他人の指で弄られ、高峰の体がのけ反る。

ゾクゾクとした快感に襲われ、大きな艶めい声が口から出た。

「えっ!! ちょっと! その声はマズい!!」

焦って、周りをキョロキョロする財前に、とうとう高峰は、打ち明けた。

「口に指入れるの… やめて下さい…

私、口の中が、すごく弱いんです…」

(今まで、ずっと秘密にしてきたけど…

もう無理だ…!)

高峰は、自分の体質に関する全ての事情を話した。

「じゃあ、俺に触られたのが嫌で泣いたんじゃないんだね…」

財前は、高峰の正面に座り込むと、自分の指で彼女の唇を何度もなぞった。

擦れる度に、高峰の体はびくつき、色っぽい声が漏れる。

「唇に触れるだけで、こんな事になって…

キスしたら、どうなっちゃうの?」

「えっ?! それは… 経験がないので…」

「…じゃあ、今、試させて…!」

財前は、返事を待つ事なく、高峰をぐいっと引き寄せると、強引に唇を重ねた。

戸惑う彼女をよそに、何度もキスを繰り返し、舌同士を擦り合わせる。

「初めてのキスは、どうだった? 気持ちいい?」

高峰は、初めての感触を経験し、蕩けるような快感に襲われていた。

「ヤバい…! その顔… かわいいよ…

いっぱい、泣かせたくなる…」

高峰の表情に、財前の興奮はさらに増し、自分の指を彼女の口内に入れる。

舌を指で摘んだり、擦ったり…

口からは、飲み込めずに溢れた唾液が、いやらしく零れ落ちている。

高峰は、口内に与えられる刺激を全身で感じていた。

(き、気持ち…いい…!)

…そこに、2人を心配して、社長が顔を出した。

咄嗟に離れその場を繕うが、高峰は恥ずかしさのあまり、1人タクシーで帰ってしまう。

残された財前は、しゃがみ込んだまま頭を抱えた。

「はー、何してんだよ… 俺は…」

第1話:感想・考察

刺激的な冒頭で、お話が始まりました。

ただ、どういう流れで、2人がベッドの上にいるのかは、続きを読まないと分かりません。

時系列でいくと、『優秀な同僚』が物語の1番最初になります。

絵も綺麗で、2人の表情がとっても色っぽいです。

財前さんは、普段人当たりも良く、爽やかイケメンという感じですが、

スイッチが入るとドSに!

一方の高峰さんは、普段クールビューティのイメージで、きつそうですが、

スイッチが入るとドMになります!

真逆になるという設定も面白いなと思いました。

2人のこれからが楽しみです。

おくちがエッチな弱点だっての無料試し読み!今すぐ読める先行配信サービスはここ!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『おくちがエッチな弱点だって、ライバルのエリート同僚にバレてしまいました』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『おくちがエッチな弱点だって』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断するといいでしょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA