漫画無料・最安値情報

Ω令嬢、情欲の檻(おり)を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)~大正絢爛(けんらん)オメガバース~』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』は無料で読める?

2022年1月現在、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)~大正絢爛(けんらん)オメガバース~』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年1月現在、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』のように、大正時代のほの暗い時代背景を舞台に、不遇のΩを慕う義理の弟αを描いた作風は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』は1巻当たり150ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、75ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

『「紗代… 紗代…!」

夢の中で、愛おしそうに、瑛司が私の名前を繰り返す。

熱のこもった指先が、弾力のある柔らかい舌が肌を這い、

熱くたぎったその肉杭が、私の中を掻き回す。

彼は、貪欲な獣だ… そして、それに胸躍らせている私もまた…』

この世には、男女の性に加え、α(アルファ)、β(ベータ)、Ω(オメガ)の性がある。

全ての能力に優れ、頂点に立ち、人を支配する『α』

際立った能力は特になく、普通の生活を送る『β』

βとほぼ同じだが、定期的に発情期が訪れ、繁殖に特化している『Ω』

αとβを無意識に引き寄せてしまうΩは、社会的、性的に弱い立場にある。

αとΩは、割合が少なく、Ωは、特に希少。

稀に、後天的にβからαまたはΩに性が変化する事もある。

心の支え

時は、大正。

日本の財閥界の中でも、指折りの由緒正しき天花寺(てんげいじ)家。

代々、優秀なαの血を引く家系としても知られている。

本家の娘、天花寺紗代(てんげいじ さよ 23歳 Ω)以外は…

「姉さん、緊張してる?

今日、お見合いの日でしょ?」

屋敷の一室で、縫い物に集中していた紗代は、声をかけられ顔を上げた。

部屋に入って来たのは、分家の天花寺瑛司(てんげいじ えいじ 21歳 α)。

「瑛司さん… こうやって、何かをしていないと不安で…

すでに3回も断られているから、また、失敗したらと思うと…」

「大丈夫だよ。姉さんは悪くない」

瑛司は、紗代の背中に手を回し、引き寄せた。

そして、座っている紗代に目線を合わせ、彼女の両手をぎゅっと握る。

「それに、今回、断られたら、姉さんは俺の元に来ればいい。

俺が守るから!」

(今まで、この言葉にどれだけ救われてきただろう…

けれど、いつまでも弟に頼っていてはダメね)

「瑛司さん、ありがとう。

この家のため、そして、瑛司さんのためにも、今度こそ成功させて来ます」

「俺のためなんて言うなよ。

俺が、ずっと姉さんのそばに居たいんだ!

姉さんは、違うの?」

瑛司が、両手で紗代を抱きしめた。

紗代も、逆らう事なく彼に身を委ね、そっと寄り掛かる。

(私もあなたのそばに… でも、そんなに事は言えない…

優しくしてくれたあなたに、よこしまな感情を持ってしまった私は、姉として失格。

離れないといけないの…)

生い立ち

この世に生まれた時、紗代はβの性を持っていた。

αの父とΩの母からは、必ずαが生まれるにもかかわらず…

当然、父は、母の不貞を疑い、紗代は、存在しないものとして扱われた。

結果、本家の離れで、母と暮らすという生活が続き、母は心を病んでしまう。

その後、間もなく、母は息を引き取り、残された幼い紗代は、母を恨み、毎日泣いた。

(私が、お父様の子供だったら…!)

ある日、紗代が、いつものように縁側で泣いていると、茂みの間から男の子が顔を出した。

「あなたは、誰なの…?」

これが紗代と瑛司の出会いだった。

それからというもの、2人は、たくさんの時間を共に過ごすようになる。

2歳年下の瑛司は、紗代を姉様と呼び慕った。

成長するにつれ、紗代にとっても瑛司は大切な存在となる。

その後、父がΩの後妻を迎え、αの男の子が生まれた。

これにより、紗代は、不貞の子という烙印を押され、その処遇についての会合が開かれた。

ちょうどその頃、紗代は、初潮を迎え、性がβからΩへと変化する。

こうして、非常に珍しい後天性のΩとなった彼女は、その利用価値を認められ、

正式に本家の娘となった。

本家の娘としての役割

(この家のためになるという事は、瑛司さんのためにもなるという事…

こんなやり方でしか、私は、今までの恩を瑛司さんに返せないのだから)

紗代は、そう自分に言い聞かせる。

そして、自分を包んでいた瑛司の腕を離すと、不自然にならないように笑顔を作った。

「ずっとそばにだなんて… 冗談でもダメよ。

瑛司さんには、婚約者がいるんだから。

私も、姉として、もっとしっかりしないといけないわね」

瑛司は、おもむろに紗代に顔を近づけると、頬に軽く口づけ、耳元で囁く。

「姉さんが、成功するようにおまじないだよ」

そこへ、本家の次期当主、天花寺勝(てんげいじ まさる 19歳  α)が入ってきた。

「気持ち悪い事を! さすが不貞の子だな。

瑛司に気に入られておけば、分家でもこの家に居られるものな!」

勝は、2人が寄り添う様子に、不快感をあらわにした。

紗代を庇うように立つ瑛司は、勝に鋭い視線を向けている。

「瑛司、お前に話しがある。ついて来い!

あっ…! それから、今日は上手くいくといいですね …お姉様。

天花寺家のために頑張ってくださいよ」

皮肉のこもった笑みを紗代に向け、勝は瑛司を連れて部屋を出た。

黙って廊下を歩く瑛司に、勝は横柄な態度で忠告を与える。

「分家のお前は、本家の僕に従えばいいんだ。

何度も同じ事を言わせるなよ。

それから、あのΩだが… 血筋も分からないような不潔…!

俺が当主になれば、すぐに天花寺から排除してやる!

お前もわきまえろ」

「…しかし、紗代様は、母親の… かえで様の血を引いておられます」

「ふん! 小豆沢(あずさわ)の血など… ただの成金に過ぎない。

アレには、性ある限り、天花寺家に尽くしてもらうつもりだ…!」

勝は、一瞬、不敵な笑みを見せ、じっと前を見据えた。

縁談

「はじめまして、眞田彰剛(さなだ あきたか 26歳  α)です」

軍服に身を包んだ爽やかな青年が、軽く会釈をする。

いよいよ、お見合いが始まり、紗代も緊張しながら自己紹介をした。

天花寺家の広い庭に用意されたテーブルで、向かい合ってお茶を飲む。

「紗代さんは、後天性のΩだとお聞きしました。

僕も、後天性のαです。

だからなのか、『運命の番(つがい)』が分かりません。

出会った瞬間に直感で惹かれ合うみたいですが…

だからこそ、僕は、紗代さんとの出会いに運命を感じました。

少し、失礼…」

彰剛は、立ち上がると、紗代の首元に顔を近づけ、鼻から息を吸った。

彼の突然の行動に、紗代は顔を真っ赤にして動揺する。

「急にすみません。

紗代さん、僕は、あなたの匂いに魅力を感じています。

僕は、もっと紗代さんを知りたいと思っています。

僕達の事を前向きに、考えてほしいのですが、いかがでしょうか?」

紗代は、彰剛の真っ直ぐな気持ちと、その瞳に射抜かれ、頬を赤く染める。

過去の見合い相手とは明らかに違い、その表情からは、優しさが滲み出ていた。

「よ、よろしくお願い致します…」

しどろもどろになりながら、紗代は頭をさげる。

「まずは、僕に慣れてもらわないといけませんね。

彰剛とよんでください」

「は、はい… すみません…

殿方には、滅多に会わないものですから…」

「…会わない… ですか…」

彰剛は、天花寺家の屋敷を見上げる。

そこには、カーテンの影から、こちらをじっと見つめる1つの影があった。

第1話:感想・考察

オメガバースという独特の世界で繰り広げられる、少し危険な香りの物語です。

時代が、大正という事で、ノスタルジックな雰囲気がストーリーを一層引き立てています。

お互い想い合っているのに、それが叶わない立場にある2人。

いろいろなしがらみを、どう打ち破っていくんだろうと好奇心がくすぐられます。

理性と本能の間で揺れ動く紗代と瑛司に加え、勝や彰剛の行動にも注目です。

それぞれが、ほの暗いものを秘めていそうで、ドロドロとした予感もします。

性だけでなく、複雑に絡み合う人間模様も楽しめると思いました。

Ω令嬢、情欲の檻(おり)を全巻無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『Ω令嬢、情欲の檻(おり)』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『Ω令嬢、情欲の檻(おり)~大正絢爛(けんらん)オメガバース~』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。