漫画無料・最安値情報

【鬼上司に秘密のお仕事がバレまして】無料試し読みOK!今すぐ全巻読むならこちら!

今回は、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』を無料で読める電子書籍サービスがあるかチェックしてみました。

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』は無料で読める?

2021年10月現在、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』の取り扱い
まんが王国 ○(1巻無料:5巻まで配信)
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
music.jp ×
コミック.jp ×
Kindle ×
honto ×
Reader Store ×
ひかりTVブック ×
U-NEXT ×
BOOK☆WAKER ×
ソク読み ×
コミなび ×
楽天Kobo ×
めちゃコミック ×
ブック放題 ×
Fujisan ×
COCORO BOOKS ×
紀伊国屋ウェブストア ×
dブック ×
FOD ×
ブックパス ×
コミスト ×
クランクイン!コミック ×

表のように、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』を試し読みするなら、まんが王国がおすすめです。

1巻を丸ごと無料で試し読みできて、2巻以降も数ページ読めますからね。

また、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』はまんが王国の先行配信作品なので、続編が出たときにも他サービスよりいち早く読むことができますよ。

表にある結果の通り、全巻無料で読めるサービスはありません。

ここあ
ここあ
1巻丸ごと試し読みは期間限定なので、以下からチェックしてみてね!

※検索窓に「鬼上司に秘密」と入力してね!

 

では次に、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』を、できるだけ安く読む方法を紹介しますね。

【鬼上司に秘密のお仕事がバレまして】全巻を安く読む方法!

まんが王国を利用して、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』の全巻をできるだけ安く読む方法を紹介します。

まんが王国には、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイント購入

それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
月額まんが300 330円 300Pt
月額まんが500 550円 550Pt
月額まんが1000 1100円 1150Pt
月額まんが2000 2200円 2500Pt
月額まんが3000 3300円 3780Pt
月額まんが5000 5500円 6400Pt
月額まんが10000 11000円 13000Pt

上記以外に、携帯電話料金合算払いで利用する『月額まんが2800』もあります。

月額3080円、3280Pt付与です。

『月額まんが500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶメリットが弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるわけですね。

漫画が趣味で、毎月それなりの量を読むのなら、ある程度高めのコースを選ぶのもありです。

ちなみに、まんが王国のポイント失効は、ポイント付与から5ヶ月後の末日になります。

毎月どれくらい読むのかを考えて、どのコースにするか決めるといいでしょう。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、まんが王国自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに『無料』会員でいるだけなら、もちろん無料ですよ。

『月額まんが1000』以上を選ぶと、5大特典も利用できますよ。

  • 毎月ポイントバッククーポンをプレゼント
  • 毎月割引クーポンをプレゼント
  • 来店ポイントがいつも2倍
  • 月額コース継続ボーナスがつく
  • 月額コース限定キャンペーンを実施
ここあ
ここあ
では次に、『ポイント購入(都度払い)』を紹介するね。

ポイント購入

「毎月支払いが発生する月額コースより、とりあえず『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』だけ読みたいな」

という希望をお持ちなら、月額コースよりはポイント購入を利用したほうがいいでしょう。

ボーナスポイントは少なめですが、欲しい作品があるときだけ都度課金できるので、堅実な利用が叶います。

料金(税込) 付与ポイント
110円 100Pt
330円 300Pt
550円 500Pt
1100円 1000Pt
2200円 2100Pt
3300円 3150Pt
5500円 5400Pt
11000円 11500Pt
22000円 24000Pt
33000円 39000Pt

ポイント購入であれば、一気に最新話までのポイントを購入しなくてもいいと思います。

ボーナスポイントを期待せず、堅実でリーズナブルな利用を目指す方法だからです。

なので、とりあえず1〜2巻くらいまで読んでみて、そのあとで3巻以降のポイントも考慮する、という利用法がしやすいです。

「無料試し読みできる1巻を読んでみて、さらに2巻まで読んでから、3巻を買うか決めよう」

そんなふうに思ったら、100Ptだけ購入し、初回50%OFFクーポンを利用して2巻を読むといいでしょう。

1000Pt以下の購入であれば、どれを選んでもボーナスポイントはないので、小さな金額をちょくちょく買うほうが堅実ですからね。

ここあ
ここあ
月額コースか、ポイント購入か、まとめると以下みたいな感じだよ!
  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、ポイント購入を利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
私はいろんな作品をたっぷり読みたい派だから、ボーナスポイント多めの月額コースかな!
ここあ
ここあ
私は、読みたい作品を読めればいいから、ポイント購入にしよう!

月額コース、ポイント購入、どちらを選ぶ場合でも、おみフリを利用すればさらに安くできますよ。

ということで、以下もチェックしてみてくださいね。

おみフリは必ずチェックすべし!

作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

150Pt ⇨ 105Ptに割引されるわけです!

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』の場合も、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずに!

※検索窓に「鬼上司」と入力してね!

鬼上司に秘密のお仕事がバレまして『1巻』ネタバレ

人生最大の危機

母親との通話を終えた途端、清水凛香(しみず りんか)は大きなため息をついた。

先日、母が過労で緊急入院し、母子家庭の清水家は経済的な危機に陥っていた。

生活費と弟の学費、さらに入院費を加えると、凛香の給料だけでは到底賄えない。

(母さんには、心配いらないって言ったけど… どうしよ~…!)

凛香が頭を悩ませていると、後輩が顔面蒼白で泣きついてきた。

「先輩… 休憩中なのにすみません!

取り返しのつかないミスをしてしまいました…!」

詳しい事情を聞いた凛香は、後処理を引き受け、後輩を慰めていた。

そこに、仕事の鬼と言われている篠原(しのはら)部長が姿を現す。

早速、ミスの件が耳に入ったようで、凛香はそのまま会議室に連れて行かれる事に…

「後輩のミスをかばって、優しい先輩を気取っているのか?!

そうやって、甘やかすから下の人間が育たないんだ!!」

「(バレてたか…)すみませんでした…」

「おい! 清水! ちゃんと聞いているのか? 君は… ………」

(外見がいいという理由で、一部では人気があるらしいけど…

私は、苦手だわー どこがいいんだか…)

説教からやっと解放された凛香は、自分のデスクに戻り、大きく息を吐いて脱力した。

同僚から労いの言葉をかけられ、皆、口々に篠原からの説教エピソードを語りだす。

「お土産のお菓子を配ったら、お菓子を出さずにアイデアを出せって怒られたわ…」

「少しの私語で睨んでくるし…」

「恋愛と仕事だったら確実に仕事を選びそう~!」

(こんなに嫌われて… 篠原部長… 不憫だわ…)

凛香がチラッと篠原を見ると、怒りの形相でこちらを睨んでいる。

不穏な空気を感じ取り、全員が急いで仕事に取り掛かった。

夜のお仕事

(ん~ どうしよう… やっぱり副業か…)

仕事が終わり、凛香は、スマホで求人募集のサイトを検索する。

中々、希望に合う仕事が見つからず悩んでいると…

(あっ!! そういえば、お店を経営してる友達がいたわ!

人手不足だって言ってたし、ちょっと聞いてみよう…!)

「もしもし、優ちゃん? お願いがあって電話したんだけど…

優ちゃんのお店で働かせてほしいの!!」

「電話なんて珍しいと思ったら…

いいわよ! うちで雇ってあげるわ… アンタなら安心だし…

今夜から働けるかしら?」

言われた住所に向かうと、そこにあったのは、『ラ・メール』というキャバクラ。

「ゆ、優ちゃん… 飲食店って言ってなかった…?」

「そうだったかしら…?! キャバクラも飲食店でしょ?!」

オネエの池田優也(いけだ ゆうや)は、しれっと答える。

「わ、私、キャバ嬢なんて出来ないよ! 美人じゃないから!!」

「誰がそんな事言ったの!?

アンタは、ここでボーイとして働くのよ!!!」

優也に言われるがまま、男装した凛香は、複雑な心境だった。

会社に知られると間違いなく懲戒処分になるだろう…

ショートヘアーのウィッグを付けて、女だとバレないように変装しているが不安は募る。

そんな凛香の前に、優也が1枚の紙をちらつかせた。

そこには、凛香が受け取る事になる給料の金額が書かれている。

予想を超えた金額に驚き、戸惑っていると、優也が言った。

「激務だけど、その辺で働くより、たくさん稼げるわ…

家族のためにお金がいるんでしょ…?」

やがて、働いている女の子たちが出勤してきた。

凛香は、覚悟を決めて挨拶をする。

「今日からよろしくお願いします。リンと言います」

凛香の二重の生活が、いよいよ始まった…

ハードな毎日

母親と会社には、コンビニで働いていると伝え、凛香は、ハードな毎日を送っていた。

18時に退社し、そのままラ・メールに出勤。

19時の開店までに掃除を終わらせ、お客が来店すると同時に、給仕の仕事が始まる。

営業時間が終わり、女の子たちを送り届けると、時間はとっくに真夜中になっていた。

帰宅は、いつも午前3時で、疲れと寝不足でベッドに倒れ込むように眠ってしまう。

そんな生活が数日続いたある日。

「ち、遅刻した~!!!」

急いで会社に行くと、案の定、篠原が仁王立ちで凛香の前に立ちはだかる。

「おい、今、何時か分かっているのか? 今日は会議があるというのに…

それに最近ミスの件数が多くなっている。

副業が影響しているんじゃないのか…?

仕事に支障が出ているんだ! 小遣い稼ぎの副業なんか辞めろ!」

(私だって、やりたくて副業してるんじゃない!

事情も知らないくせに…!)

凛香は、相手が鬼と言われている篠原であろうが、怒りを抑える事が出来なかった。

「部長! その言い方はあんまりです!

確かに今回の事は全部、私の落ち度です…

でも、一切事情も聞かずに、一方的な発言はパワハラです!

こういう事をするから、部下から信頼を得られないんですよ!!」

まさかの遭遇

その日の夜、ボーイに変装した凛香は壁に頭をつけ、自己嫌悪に陥っていた。

(あ~ なんて事をしてしまったんだろう…

正論を言っていたのは部長なのに…)

「ちょっと、リン! しっかりして!

今日は、予約が入っているの。常連さんだから頼んだわよ!」

しばらくすると、優也の声が店内に響いた。

「いらっしゃっませ! 金剛様! お待ちしていましたわ!」

「池田君、今日は、2人なんだ。いけるかな?」

「もちろん! 大歓迎ですわ!

リン~! ご案内、よろしくね~!」

「はい! ただいま… えっ!! 何で? えっ~!!」

凛香は、咄嗟に壁の影に隠れた。

心臓がバクバクと大きな音を立てている。

(何で、篠原部長がいるの!?)

予想外の出来事に脳内はパニックを起こし、思考が定まらない。

優也に怒られ、無理矢理、篠原たちの接客に行かされるが、明らかに態度が不自然だった。

「お、お荷物をお預かり致します… こちらへどうぞ…」

(だ、大丈夫… 男装してるし、バレてない…)

凛香は、指名の女の子たちを呼び、篠原のいる席から離れようと背を向けた。

その途端、ガシッと手首を掴まれる。

「ちょっといいかな?」

振り返ると篠原が、凛香の顔をじっと見つめていた…

鬼上司に秘密のお仕事がバレまして『第1話』感想・考察

家族のため必死で働く凛香と鬼上司の関係が、この先どう深まっていくのでしょう。

男装の凛香に本当に気づいたのかも気になりますね。

会社での堅物なイメージしかないので、プライベートの姿も見てみたいです。

今のところ、凛香と篠原部長は、まるで敵対関係にあるような2人ですが、

凛香の家庭の事情を知った上で、良き理解者になったらいいのになと思います。

優ちゃんのキャラもとても気に入りました!

【鬼上司に秘密のお仕事がバレまして】無料試し読みOK!今すぐ全巻読むならこちら!:まとめ

今回は、『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

※検索窓に「鬼上司に秘密」と入力してね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA