漫画無料・最安値情報

noicomi鬼の花嫁を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『noicomi鬼の花嫁』(著者:冨樫じゅん、クレハ)を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『noicomi鬼の花嫁』は無料で読める?

2022年4月現在、『noicomi鬼の花嫁』(著者:冨樫じゅん、クレハ)の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『noicomi鬼の花嫁』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! △(8月12日配信予定)
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo △(8月12日配信予定)
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年4月現在、『noicomi鬼の花嫁』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

BookLive!あるいは楽天koboで予約したい方は、以下からどうぞ!

→BookLive!で『noicomi鬼の花嫁』を予約(8月12日発売予定)!

※『noicomi鬼』と検索してね。

→楽天koboで『noicomi鬼の花嫁』を予約(8月12日発売予定)!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

noicomiの雑誌ならLINEマンガで配信されていますが、『鬼の花嫁』のみの配信はありません。)

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『noicomi鬼の花嫁』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『noicomi鬼の花嫁』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『noicomi鬼の花嫁』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『noicomi鬼の花嫁』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『noicomi鬼の花嫁』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『noicomi鬼の花嫁』のように、超美形あやかしに溺愛されるヒロインを描いた作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『noicomi鬼の花嫁』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『noicomi鬼の花嫁』は1巻当たり130ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、65ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『noicomi鬼の花嫁』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『noicomi鬼の花嫁』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『noicomi鬼の花嫁』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

あやかしの頂点

「やっと、逢えた… 俺の花嫁…」

真紅の瞳の彼は、射抜くような視線を彼女に向け、微笑んだ。

…世界大戦後、全てを失い絶望の淵にいた人々。

それを救ったのは、人間に紛れ、ひっそりと陰で暮らしてたあやかしたち。

彼らは、美しい容姿と、優れた能力を持ち、花嫁を人間の中から選ぶ事も…

特に、あやかしの頂点に君臨する『鬼』は、強さ、美しさ共に特出した存在。

それゆえ、『鬼の花嫁』になる事は、女性にとって最高の誉れとされていた。

あやかしの花嫁

恋人の大和(やまと)から一方的な別れを告げられ、柚子(ゆず)は呆然と立ち尽くす。

理由を尋ねる柚子に、大和は、気まずそうに答えた。

「花梨(かりん)ちゃんの事が好きになったんだ…」

1歳年下の妹の名前を耳にし、柚子の心臓が大きく鼓動する。

「どうして… 花梨が花嫁なのは知ってるでしょう!」

「ああ… だけど、好きになってしまった!

仕方ないんだ! …じゃあな」

背を向け廊下を歩いていく大和を、柚子は黙って見つめていた。

教室に戻り、友人の透子(とうこ)に今の出来事を伝える。

怒り狂い、大和に文句を言いに行こうと息巻く透子を、柚子は必死になだめた。

「柚子! アンタは腹立たないの?!」

「…フラれた事より、花梨が原因って事のショックが大きいかも…」

花梨は、柚子と実の姉妹でありながら、いつでも大切にされ優先されていた。

「花梨が大和の気を引こうと何かしたんじゃ…?」

「あの子は、花嫁だよ。

あやかしの彼がそんな事絶対に許さないでしょ…」

いぶかしむ透子を、柚子はすぐさま否定する。

あやかしは、花嫁を唯一無二の存在として大切に扱う。

透子も猫又のあやかし、猫田東吉(ねこた とうきち)の花嫁として選ばれていた。

その執着っぷりは、透子自身、身をもって経験している。

花梨の相手は、あやかしの中でも上位の妖狐。

到底、大和が張り合える相手ではなかった。

(大和が私に告白してくれた時、嬉しかったのに…

仕方ないよね…)

柚子は、気持ちを切り替え、元気よくバイト先へと向かった。

居場所のない家

社交的で、甘え上手な花梨は小さい頃から両親の愛情を一身に受けていた。

花梨が妖狐の花嫁に選ばれてからは、よりその傾向は強くなる。

柚子の学校行事があっても、両親は花梨の予定を優先し、見向きもしない。

幼い柚子が熱を出して寝込んでも、看病すらせず、花梨の相手をしていた。

やがて、柚子は、親に求める事を諦める。

お小遣いもなかったので、高校入学後すぐにバイトも始めた。

居場所のない家で、独り過ごすのが辛い。

バイトを終え、家への帰り道、柚子の足取りは、いつも重たかった。

(自分の家なのに… いつも憂鬱な気分…)

玄関の扉を開け自室に向かおうとした時、母親が来て、強い口調で夕食の手伝いを急かす。

リビングでは、花梨と妖狐の狐月瑶太(こげつ ようた)がソファでイチャついていた。

資産家の狐月家から、花嫁の家にたくさんの援助金が渡されている。

両親は贅沢な生活を送り、花梨と瑶太に一層媚び、機嫌を伺うようになった。

夕食が少しでも気に入らなければ、花梨は、柚子を叱り付け、まるで女中のように扱う。

そんな彼女を咎めようとする者は、もちろんいない。

わがままな花梨を、瑶太も溺愛し大切に扱っていた。

(花梨は、選ばれた子だから…

じゃあ、私は…?

私にもいつか、現れるのだろうか…?

私だけに愛情を注いでくれる人が…)

柚子は、冷たくなった夕食を誰もいないリビングで口に運んだ。

誕生日プレゼント

ある日、柚子は、祖父母の家を訪れた。

「うわぁ! かわいい!

私がもらってもいいの?!」

花柄のワンピースを手に、柚子は、目を輝かせる。

「もうすぐ、誕生日だからな。

プレゼントだよ。

柚子、18歳だな! 少し早いけど、おめでとう!」

祖父母が笑顔で、ロウソクの立てられた大きなケーキを柚子の前に差し出す。

(家では、いつも花梨の誕生日だけが祝われ、私の誕生日は忘れられている…

こんな風に祝ってもらえるなんて… 嬉しい…)

柚子は、目に涙を溜めながら、2人に感謝を伝えた。

幸せな一時を過ごした柚子が帰宅すると…

父親が鬼の形相で柚子を怒鳴りつけ、頬を平手打ちする。

「親父から電話があった!

もっとお前を気にかけろと!

養ってやっているのに、お前は、何が気に入らないんだ!!

花梨は花嫁なんだから、お前より大切にして何が悪い!?」

その時、インターホンの音が鳴り、瑶太がやって来る。

両親と花梨は、態度をコロッと変え、笑顔で玄関へと向かった。

妖狐の力

お風呂を出た柚子が自室に行くと、花梨がプレゼントのワンピースを手にしていた。

「お姉ちゃん、これ、今日貰ったんでしょ?

私、欲しいな…」

「これはダメ、あげられないわ」

「ふ〜ん… 私が花嫁だから、お姉ちゃん嫉妬して、意地悪してるんじゃ…?

羨ましいんでしょう…?」

花梨が、見下すような笑みを浮かべ、挑発する。

柚子は、ワンピースを取り返そうと、それを掴み引っ張った。

『ビリッ!!』

両者手を離さず、ワンピースは無惨にも2つに裂ける。

「お姉ちゃんが離さないから破れたんだよ!!

もう、こんなのいらない!」

花梨は、ワンピースをごみ箱に投げ捨てた。

『パチ~ン!』

カッとなった柚子は、思わず花梨の頬をひっぱたく。

騒ぎを聞きつけた両親が、そして、瑶太が部屋に入ってきた。

花梨が頬を押さえ泣く姿を見て、瑶太の態度が急変する。

花梨を抱きしめ、鋭い光を宿した金色の目を柚子に向けた。

「俺の花嫁に傷をつけるとは…

いくら姉のお前でも… 許さない!」

瑶太が手を前にかざした途端、柚子の右腕が燃え上がる。

突然の炎と、その熱さに、柚子は、悲鳴を上げた。

両親も、火を消そうと水をかけるが、勢いは衰えない。

やがて、瑶太が手を下ろすと、その炎は一瞬で消え、焼けただれた腕があらわになった。

(こ、この炎が、妖狐の能力…)

柚子は、自分の腕をじっと見つめる。

「…2度目は、ないぞ」

瑶太は、柚子を睨みつけると花梨を抱き寄せたまま、部屋を出る。

両親も瑶太に媚びへつらいながら、部屋を後にした。

残された柚子は、震える手で、引き裂かれたワンピースを握り締める。

(この家に、私の味方は、誰もいない…!)

そして、着の身着のまま家を飛び出した。

痛む心

すれ違う人達が、チラチラと柚子に好奇の目を向ける。

右肩部分から服は焼け焦げ、腕全体が赤黒くただれた姿が痛々しい。

(今まで、ずっと耐えてきたのに…

花梨を叩いてしまった…)

手にあるワンピースを胸に抱き、1人、呟く。

「おじいちゃんが、買ってくれたのに… ごめんなさい…」

柚子の目から幾筋もの涙がこぼれ落ちた。

腕の傷が… そして、心がじくじくと痛む。

うずくまって泣く柚子の背後で、男性の声が聞こえた。

「やっと、逢えた… 俺の花嫁…」

第1話:感想・考察

人間があやかしと共存している世界を舞台にしたファンタジーです。

柚子が、実の家族から虐げられ罵倒されるシーンは、読んでいて嫌悪感を覚えます。

両親の態度や言葉の1つ1つに悪意が感じられ、柚子の気持ちを考えると心が痛みました。

だからこそ、ズタボロに傷ついた柚子が紅い瞳の男性と出逢うシーンに胸が高まります。

この男性によって、柚子の置かれている環境が良い方向に変化すればいいなと思いました。

悲しい表情の柚子ばかりなので、もっと笑っている姿が見たいです。

綺麗な絵で、特にあやかし達の瞳が美しく、吸い込まれるように感じました。

noicomi鬼の花嫁を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『noicomi鬼の花嫁』(著者:冨樫じゅん、クレハ)を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『noicomi鬼の花嫁』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。