漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【12話】ネタバレ感想!ダンジョンの鍵で地下鉄に踏み込む!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』12話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第11話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【11話】ネタバレ感想!病院のベットで目覚めた旬!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』11話...

俺だけレベルアップな件【12話】のネタバレ

逃げる

オレンジ色の空が輝く砂漠で、旬はひたすら逃げ回っていた。

背中に迫ってくるのは、巨大なムカデ。

しかも1匹じゃなく、複数が襲ってくる。

ついに大口を開けたムカデの餌食になりかけたとき、ようやく4時間のペナルティー時間を終えた。

走り続けていた旬は、砂漠から病室へ瞬時にワープ。

足で蹴った砂も、病室に飛び込んできた。

息を切らしながら、床に這いつくばる旬。

顔を上げると、ウィンドウが以下のようなメッセージを出していた。

ペナルティークエストの報酬が支給されました
報酬を確認しますか?

「はい」と「いいえ」の選択肢があるが、どちらかを確認する前に気を失ってしまう。

そこへ看護婦が入ってきて、助けを求めてくれた。

クエストをこなす

看護婦が集まって旬の噂をしていた。

旬は意識が戻ったばかりだけど、ハンターは一般人より回復が早いから、ちょっとした運動は大丈夫だと。

でも、窓の外を見れば、さっきからずっと走りっぱなしの旬の姿がある。

数時間も走りっぱなしでは、軽い運動とは言えそうもない、かなりの運動量だ。

旬自身は、意識が戻ってから4日の間に、いくつかわかったことがあった。

目の前のウィンドウは幻覚ではないこと。

そして、ランニングや腕立てなどのクエストを終えると、報酬として以下の3つから選べること。

1. 状態の回復
2. 能力値ポイント
3. ランダムボックス

今回は状態の回復を選んだ。

瞬時に疲れが吹っ飛び、体が嘘のように軽くなった。

能力値ポイントを選べば、ステータスが上がる。

ランダムボックスを選べば、アイテムがもらえる。

現在の旬のステータスは、

職業:なし
称号:なし
レベル:1
疲労度:0

HP:100
MP:10

筋力:16
体力:10
速度:10
知能:10
感覚:10

他にスキルとして、

[パッシブ]
根性:Lv.1

[アクティブ]
疾走:Lv.1

報酬として能力値ポイントを得れば、好きな能力値をアップできる。

それだけ強くなって、レベルも上がっていくのだ。

ゲームのような奇妙な世界を目の当たりにしている感覚だった。

アイテムを使う

病院の受付で、外出許可を得た旬。

畑岡駅にやってくると、デイリークエストで得たアイテム「ダンジョンの鍵」を取り出した。

ウィンドウの説明には、インスタンスダンジョンに移動する鍵で、地下鉄畑岡駅3番出口で使用できる、あった。

インスタンスダンジョンとは、一時的に生成されるダンジョンのことだ。

ウィンドウが見えるようになったのは、覚醒後の覚醒、つまり再覚醒の前兆なのかもしれない。

そんなことを思いながら、ダンジョンに挑戦する価値があると判断した。

「人類最弱兵器が再覚醒なんて、ネタだよな」と呟く旬。

とにかく逃げることには自信があるため、最悪の場合は全力で逃げよう、そう決心して鍵を使用した。

地下鉄に続く階段の入り口で、青い電流のようなものが発生。

中に踏み込むと、いきなり背中で壁が閉じる感じがした。

実際、そこから出ようとしても、壁が邪魔をして出られない。

でも、一般人は平気で出てゆく。

どうやらここは、アイテムを使った旬だけを閉じ込める異次元世界らしい。

レッドゲートに似た概念だ。

「まいったな、最悪の場合でも逃げらんない」

ふと目の前に現れたウィンドウには、以下のように説明が出ていた。

ダンジョンから出るには、ボスを倒すか、帰還石を使用してください

クリアするまで出られないってことらしい。

「E級モンスターでさえ倒せない俺に、たった1人でダンジョンクリア?」

無茶な要求に思えたが、出られないのでは進むしかない。

階段の底を見ると、仄暗い中に不気味な風が吹いているようだった。

俺だけレベルアップな件【12話】の感想

デイリークエストとして、ランニングや基礎体力作りに励む旬。

まだまだレベルは低く、ステータスも弱いのですが、チリも積もればなんとやら。

少しずつ能力値も上がっていきます。

そしていよいよ、ダンジョンに踏み込む決心をします。

閉じ込められるなんて予想してなかっただけに、地下に何があるのかビビりまくり。

でもとにかく進むしかないため、次回は恐る恐るながらも地下へと足を踏み入れるでしょう。

どうやってレベルアップしていくか、楽しみですね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です