漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【21話】ネタバレ感想!巨大クモと戦う旬!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』21話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第20話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【20話】ネタバレ感想!ボスの部屋に閉じ込められた旬と諸菱!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』20話...

俺だけレベルアップな件【21話】のネタバレ

トカゲ

やはりあいつらは、「トカゲ」だ!

そう思った旬は、かつて聞いた「トカゲ」の由来について思い出した。

まだ史上最弱平気だった頃、ある男性ハンターが言っていた。

「たまにいるんだ、トカゲのような奴らがな。この仕事は、事故なんて日常茶飯事だろ。なのにいざ事故が起こっても、世間に知られることなどない。だから犯罪を犯してもバレないんだ」

黙って聞いている旬。

「ダンジョンの中には防犯カメラもない。ハンターの犯罪を取締るのは無理だ。弱いと見捨てられ、強ければ己の力に酔う。不要なやつ、邪魔なやつは、トカゲの尻尾切りみたいに仲間を捨てるのさ」

ボスをどうする?

これっぽっちのマナ石のためにハメられ、悔しがる諸菱を見て、旬は考えていた。

どっちにしても、ハメられていたと。

旬と諸菱が連中の罠にかかったのは、このダンジョン攻略に参加した瞬間だった。

右京が旬たちにここに残るように言った時に、下手に抵抗すれば、すぐさま後ろから切りかかってくるハンターがいたことにも気付いていた。

右京が言っていた「あんまり勘が鋭くても困りますけど」というのは、こうして弱者をハメることを示唆していたのだ。

荷物を置いた旬は、光を扱うC級魔法使いの「澤田コージ」について考えた。

このボスの部屋を閉じたのは、コージの魔法だ。

入り口に積もった岩を調べながら、それなりにしっかり塞いであることを確認する。

その気になれば、出るのは問題ない。

だが問題は、岩が崩れる衝撃で目覚めたボスの存在だ。

そう思いながら見上げると、巨大クモはバリバリと音をさせながらこちらを睨み付けていた。

外に出たハンターたち

ダンジョンを出たハンターの1人が、右京にこう尋ねた。

「こんな面倒なことをしなくてもよかったんじゃ? あそこで殺してしまえば」

「バカかお前」と右京は目を鋭くした。

「あそこで揉めてボスが起きたら、マナ石を運べねえだろ」

そして右京は、D級とE級じゃ間違ってもボスは倒せねえ、巨大クモが奴らを食ってまた眠った隙にマナ石を運ぶぞ、と計画を口にした。

さらに右京は、諸菱の装備についても語る。

「諸菱ってガキの装備、ありゃ剣と盾だけでも数千万はする。もしマナ石がダメなら、あいつの遺品が代わりだ」

そして右京は、諸菱がどこのお坊ちゃんなのか調べようと、スマホを取り出して操作しはじめた。

「今頃ボスはブチギレでしょうね」というコージ。

「あいつを一人で倒せる自信あるか?」と、スマホを見ながら右京が聞く。

「あるわけないっすよ」

「俺もだ。つまり、あの雑魚2人は生き残れるわけねえってことだ」

ボスとのバトル

巨大クモが目の前に姿を現し、青ざめる諸菱。

旬より階級が上な自分が頑張ろうと、「水篠さん、下がっててください」と無理しながら言うのだった。

ボスの巨大な体を見て、強さの次元が違う、と一瞬だけ旬は考えた。

でもすぐに神像のことを思い出し、本当に次元が違うのかと自問する。

そして、前言撤回。

旬のほうが諸菱の前に出て、「諸菱くん、そこにいて」と忠告した。

右手に、カサカから得た短剣を握る。

「あいつは俺が倒す」

錯乱してんのか? と思う諸菱。

「C級のボスを1人で倒すには、B級か、せめてCの上くらいの力がないと! 逃げ道を探しましょう」

そんな諸菱の言葉を受け、旬は思う。

確かに、再覚醒であっても俺はまだ弱い。

でもなぜだろう?

挫折するほどの圧力を感じない。

青毒牙のカサカはD級以上、ゴーレムタイプのボスはD級程度、それに比べたら巨大クモははるかに強い。

でも、C級のボスを相手にしても、萎縮しないほど俺は強くなったんだ。

今のレベルは18、C級のボスと戦う価値はある。

大きな口を開け、すばかく足を動かして接近してくる巨大クモ。

さっと身を翻して、ジャンプと同時に回転しながら武器を振るう旬。

顔や胴体を斬りつけ、どうだ、と思った。

カサカの毒牙、なかなか使える武器だな、とも。

本当の狩り(ハント)のはじまりだ。

旬の戦いっぷりを見ていた諸菱は、青ざめた顔でこう思っていた。

あれがE級?

旬の動きは素早く、クモの背中に何度もジャンプ&アタックを繰り返している。

俺だけレベルアップな件【21話】の感想

巨大クモに先制攻撃し、着地したあとのシーンで、後ろ姿の旬が描かれたコマがあります。

この後ろ姿が、チョーカッコイーー!

衣服をたなびかせて、右手には短剣、目には青い光。

このひとコマを切り取って、ポスターにできちゃいそう。

旬の活躍を目の当たりにした諸菱は、口を開けて驚くばかり。

E級の戦いには見えないので、当然ですね。

いっぽう、トカゲたちはまんまと旬たちを貶めたと思っているようです。

でも生きているのを知ったら、次はどんな行動に出る?

第22話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【22話】ネタバレ感想!疲労度を回復し巨大クモを撃破!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』22話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA