漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【30話】ネタバレ感想!真島が息を引き取る!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』30話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第29話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【29話】ネタバレ感想!3つの道に分かれて進む!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』29話...

俺だけレベルアップな件【30話】のネタバレ

ハンター殺し

「できるだけ苦痛を与えてから殺してくれと依頼を受けてるのに、こんなに早くくたばられちゃ困るなぁ。まあ、内臓引きずりながら命乞いする様は見ものだったけどなぁ。ガキどもは、とっととお前を始末したくてしょうがないってよ」

陰湿な笑いを浮かべる道門が、残り1人になった囚人ハンターに話しかけていた。

そこへ、小さな洞穴のような場所からやってきた真島たち。

2人の囚人ハンターがすでに始末され、残り1人を片腕で持ち上げて立っている道門の姿と遭遇した。

「そこで何してんだ?」と、冷たい表情で真島たちに声を掛ける道門。

「道が繋がってたのか」と言いながら、左手に持った短剣で囚人の首を刎ねた。

「ってことは、左側がボスへの道ね。迷わずに済みそうだ。予定は狂ったが…」

旬たちが移動する

悲鳴を聞き、凄まじい殺気を感じた旬。

すぐに、悲鳴が聞こえたほうへと走って向かう。

目の前に洞窟が見えたとき、旬は右から何かが襲い来るのを感知した。

いきなり短剣で観月の顔を狙った道門だが、旬が道門の手を掴んで回避した。

「わお、速いじゃん」と道門。

心の中で道門は、自分の攻撃が受け止められたことを不思議に思っていた。

さっと回転して距離をとった道門は、旬の力の強さに少し驚く。

「あれを避けるとは、勘がいいな。非戦闘系でもB級ヒーラーは邪魔なもんで、真っ先に始末しようと思ってたが、作戦変更だな」

道門の後ろには、すでに葬られた3人の囚人ハンターと、大柄なハンターが横たわっている。

「協会の人間がなぜ?」と叫ぶ馬淵。

旬は横目に、何かを発見した。

家族と会話する真島

(以下のシーンはセリフのみ。絵はありません。)

「ハンター引退したら? 危険すぎるわ。もしもあなたに何かあったら…、って思いながら待つ身にもなってよ」

「不景気なんだ。金に困るよりマシだろ。協会だって、危険なダンジョンに低級ハンターを行かせたりしねえよ」

「そうよね。上の子は来年中学だし、下の子も幼稚園でお金がかかるわ。気をつけてね」

「ああ、愛してるぞ」

「パパ〜、パパはなんでハンターなの? 友達に言ったら、みんなびっくりしてたよ。他の家のパパより強いの?」

「そうさ。怪物だって倒せるんだ」

「パパは強いんだね」

「覚醒する者は千人に一人、中でもD級以上は五千人に一人だけ。俺もそのうちの一人だが、ハンターの前に夫であり父だってことを分かってる。だから生きて帰る。死ぬわけには…」

真島の死

壁際で座り込む真島を見て、旬はすぐに観月に声をかけた。

「観月さん、治療を。早く!」

観月が治療に当たったが、真島は息も絶え絶えに「どうせ、死ぬ」とつぶやいた。

地面には大量の血。

血液がなくては、ヒーラーも癒せないらしい。

真島を鼓舞しようと、旬は叫ぶ。

「家族がいるんでしょ、生きてください。意地でも生きてくれないと、恨むことすら、できないじゃ…」

真島は旬を見上げ、詫びの言葉を口にした。

「すまん。ちゃんと頭を下げて詫びるつもりだったが、今下げると、死んじまう」

喋りながらも、口から血が流れ出る。

「兄ちゃん、すまなかった。本心だ」

最後にそう言い残すと、真島はガクッと頭を垂れた。

真島の死を悟った旬は、道門に背中を向けたまま聞く。

「どうしてこんなことを?」

「さあね」と道門。「モンスターと同じ、一種の災害かな」

口元を緩めた道門は、「いいシナリオが浮かんだ」と前置きして話し出した。

「ゴブリンに皆殺しにされるという設定だったが、変更だ。逃亡しようとした囚人どもがお前らを殺し、それに気づかずボスと戦ってた僕にも背後から襲い掛かる。しかし僕のほうが強かったため、僕だけが生き残る。完璧だろう」

「ゴミめ」と旬。

馬淵は旬の肩を叩き、「君に勝てる相手ではない」と自分が前に出た。

B級相手に、C級の自分じゃ勝てないことを分かっていながら。

まして道門は暗殺タイプ、速度じゃ絶対敵わない。

しかし暗殺タイプは防御が弱い、魔法を1回でも当てられれば可能性はなくもない。

真島の亡骸に一言声をかけ、馬淵は真島の剣をとった。

「観月さん、肉体強化魔法を頼む」

「はい」と返事した観月は、すぐに魔法をかけた。

接近戦に誘導し、回避不能の距離まで近づくことが、馬淵の戦略だった。

「魔法使いが何を?」と、余裕の笑みを浮かべる道門。

「魔法使いに肉体強化魔法をかければ、逆に疲れてしまう。不要なバフスキルだ。しかし今の私は、剣士だ」

剣を片手に構えた馬淵の体が、強化魔法の光に包まれていた。

俺だけレベルアップな件【30話】の感想

道門の強襲を防いだ旬。

そしてたどり着いたのは、囚人ハンターだけじゃなく真島たちまでやられてしまった現場でした。

すでに瀕死の状態だった真島は、家族との会話を思い出します。

観月の回復魔法も虚しく、そのまま息を引き取ってしまう真島。

感傷に浸っている場合ではありません。

道門の相手をせねば、殺されてしまう状況なのですから。

立ち上がったのは、やはり馬淵でした。

旬がいかに強いかを知らないため、自分が戦うしかないと思っているようです。

魔法使いでありながら剣を取った馬淵は、どんな風に道門と戦うのでしょう?

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA