漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【36話】ネタバレ感想!白虎ギルドからのスカウト!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』36話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第35話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【35話】ネタバレ感想!観月が引退を決意!諸菱はC級ゲートを連続攻略!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』35話...

俺だけレベルアップな件【36話】のネタバレ

再覚醒者?

パソコンで過去のデータを調べる白虎ギルドの課長・宍戸。

水篠ハンターは3回も大惨事に遭遇したのに、無事に帰ってきた。

・二重ダンジョン
・右京隼人攻撃隊の全滅事件
・監視課ハンターによる暗殺事件

諸菱ハンターと水篠ハンターは、どうやら2つ目の事件で知り合ったらしい。

諸菱ハンターは諸菱建設会長の息子らしい。

会長の諸菱明成がギルドを創設するために、実力あるハンターを探しているとの噂を聞いた。

それが本当なら、諸菱ハンターがC級ゲートを攻略しまくっているのは、ただのお遊びではないはず。

いろんな角度から見て、宍戸は結論づけた。

水篠ハンターは再覚醒者だ、と。

スカウトへ

部下の吉田を連れて、オフィスを移動する宍戸。

水篠ハンターは西覚醒者だと告げると、やはり吉田は最初は疑うのだった。

宍戸は持論を展開した。

最近起きた事件の記録には、C級魔法使いとB級ヒーラーが力を合わせて監視課のハンターに勝ったとされている。

しかし監視課のハンターはB級の暗殺系で、魔法系は暗殺系に弱い。

そもそも暗殺系なら、最初にヒーラーを殺すはず。

つまり、事実上C級魔法使いとB級暗殺系の戦いだった。

それじゃC級に勝ち目はない。

とすると、他の誰かが暗殺系を倒したと考えられる。

他に生き残ったのはE級の水篠しかいないのだから、水篠は再覚醒者の可能性が高い。

「ところで課長、どこに行くんですか?」と吉田に聞かれ、

「スカウトだよ」と宍戸。

課長直々のスカウトと聞いて、ただごとじゃないと感じる吉田。

新たなスキル

3匹のモンスターと対峙する旬。

顔は獣、体は人型の獣人型モンスターで、全身が茶色の姿をしている。

下半身には武道着を着用しているので、そこそこ知能も高いようだ。

煙の中から旬が姿を表すと、モンスターたちは恐怖で震え出す。

3匹は一瞬にして、旬の武器の餌食になった。

ツルハシを持ち、岩肌に詰まるマナ石を掘っていた諸菱は、旬の新たなスキルを見て驚いていた。

水篠さん、また強くなったようだ、と。

★ステータス★

名前:水篠 旬
職業:なし
称号:狼虐殺者
レベル:39
疲労度:0

HP:7229
MP:638

筋力:97
体力:59
速度:97
知能:51
感覚:81

物理ダメージ減少:20% 作用中

分配可能ポイント:0

お知らせとして、

・スキル『疾走』のレベルアップ
・スキル『急所突きLv.1』の習得
・スキル『上級短剣術Lv.1』の習得

が届いた。

スキル『隠密』もアクティブで使用中だ。

必要マナは200、使用中は1秒に10ずつマナを消耗する。

旬はマナを500回復させるマナボーションを飲みながら、隠密がかなり効率がいいスキルだと感じていた。

持続時間が短いため、これからは知能能力値も磨こうと心に決める。

新たな獣人型モンスターが襲いかかってきたが、2つのスキル『上級短剣術』と『急所突き』を使用して、相手の胴体に3つ穴を開けた。

するとレベルアップのお知らせが届き、[プレイヤー]が要求レベルに達しました、と出た。

続いてクエスト案内も届き、[転職クエスト]が到着しました、と出た。

今は職業が『なし』となっているが、クエストを受ければここに何か職名がつくのだろう。

現場に到着

C級ゲートの前にやってきた、宍戸と吉田。

ゲートの周りには、乾杯して食事したり、トランプで遊んだり、携帯で話す人の姿があった。

「まるで遠足じゃないか」と、疑問を口にする宍戸。

「ここは立ち入り禁止ですよ」と若い女性に声をかけられ、

「仕事中だから邪魔しないでくれ」と言い返した。

「私はハンターです」と、ムッとした表情の女子高生。

でもすぐに、それは隠すべきだったかな、と反省した。

攻撃隊員を連れて行かずに2人だけで潜ったと知って、宍戸は直感する。

私の直感が正しければ、水篠ハンターは久しぶりの大物、いや超大物だ!

そのとき、ゲートから諸菱と旬が出てきた。

旬は諸菱に、明日の予定を変更できないかと聞く。

予約してあるが、キャンセルはできると諸菱。

もったいないからキャンセルはしなくていい、と旬は言うが、予約した日から2日経つと自動キャンセル扱いになると諸菱が説明した。

「とりあえず保留にしてくれ」と旬。

そこへ、白虎ギルドの課長と名乗る宍戸が名刺を差し出してきた。

「ハンタース、死神、騎士団、明星、そして白虎、一度はお聞きになられたことがあるでしょう」

いずれも日本トップレベルのギルドで、その一角が白虎なのだ。

オフィスに移動し

オフィスに移動し、窓際の席で向き合う旬と宍戸。

「単刀直入に申し上げます。諸菱建設の2倍の額で、うちのギルドに来ていただけないでしょうか?」

金額の交渉も可能だ、という宍戸は、それだけでもうOKしてもらえると思っていた。

最近までE級ハンターだった者にはまたとないチャンスのはず、と。

しかし旬は、表情一つ変えずに、白虎ギルドが所有するビルの価格を尋ねた。

「ビル全体を使っているわけではないのですが、50億くらいでしょうか」

「ってことは、それをくださるってことでよろしいんですね?」

俺だけレベルアップな件【36話】の感想

旬を再覚醒者と見抜いた、白虎ギルドの宍戸。

実際にゲートまで出向いて、旬と諸菱が2人だけでダンジョンを攻略したのを見て、さらに確信したようです。

そこで旬をオフィスに招いて契約を持ちかけますが、諸菱建設が支払う額には到底及びません。

30億以上の不動産が支払われていると知ったら、宍戸はどんなに驚くことでしょう。

バトルでは、いろいろとスキルを実験する旬。

どこまで強くなるか、その強さと引き換えに何かを失ってしまうのか、その辺りも気になりますね。

第37話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【37話】ネタバレ感想!白虎ギルド相手に詐欺!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』37話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA