漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【37話】ネタバレ感想!白虎ギルド相手に詐欺!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』37話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第36話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【36話】ネタバレ感想!白虎ギルドからのスカウト!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』36話...

俺だけレベルアップな件【37話】のネタバレ

宍戸の誤算

白虎ギルドのオフィス。

白虎ギルドが入っているビルの価格を聞いた旬は、「それをくださるってことでしょうか?」と尋ねた。

困惑する宍戸に、諸菱との契約金が30億であることを告げると、宍戸は驚きのあまり大きな声を出して注目を集めてしまった。

旬は改めて、諸菱建設の提示額が30億のビルであることを伝え、その2倍なら50億のビルをいただけるのかと、と口にした。

宍戸は内心で考えていた。

(水篠ハンターの)等級の再検査もまだなのに、諸菱は30億も?

値段を吊り上げるための嘘か?

宍戸の内心を見透かすように、「証拠もありますよ」と旬はスマホを取り出した。

旬は、諸菱とのやりとりを宍戸は調べてきたと見ていたが、反応を見るとどうやら違うようだ、と判断した。

「その額では、私の一存では決めかねます。上の人間と話し合わないと」

それなら、と旬は席を立って帰ろうとする。

諸菱建設での待遇を調べてから会うべきだった、と宍戸は悔やむ。

行きかけた旬は、振り返って尋ねる。

「僕のことは誰から? まさか隠れて調べたわけじゃないでしょうね?」

旬の姿が消え、宍戸の頬に軽い切り傷がついた。

後ろから「振り返らないで」と言われ、スキル『隠密』だと悟る宍戸。

そんなスキルまで持っているなんて、諸菱建設が提示した額にも納得がいく。

宍戸は、ことの顛末を話した。

白虎ギルド区域内のC級ダンジョンを買い占められたため、調べたところ、水篠ハンターに行き着いた。

三度の事件事故に遭遇しながら、生き延びた事実。

再覚醒によって上級水準の力を得て、三度とも潜り抜けたのだろう。

水篠ハンターの強さを知った諸菱ハンターは、計画中のギルドのためにゲートを買いあさり、テストを行っている。

予想ではあるが、辻褄があってると判断して、実際に水篠ハンターに会いに行った。

すると旬は、「他に僕を知ってる者は?」

「私と部下、2人だけです」

高値でC級ゲートを買い漁ったため、目立ってしまったらしい、と旬は考えた。

あまり知られたくないことだと前置きして、旬は釘をさす。

「どこからか僕の噂が聞こえてきたら、まっさきに宍戸さんや部下の方を疑いますよ」

「上に報告しなければならないのですが、私も死にたくありませんからね。部下にも口止めしておきます」と宍戸は答えた。

「ありがとうございます」

すると旬は姿を見せ、もうしばらくは最高値でC級ゲートを買い続けると宣言した。

宍戸は、社の新人を訓練させるゲートがなくて、困るという。

「それなら取引しましょう」と旬。

旬が予約してあるC級ゲート参加許可を、白虎ギルドに3つ売る。

今回限りのサービスだから、逃したらしばらくC級には参加できないだろう、と。

売り切れ間近だと煽るショッピングの司会者みたいだな、と思いながら、宍戸は考えた。

地方にもゲートは発生するが、他の大型ギルドと揉めることになりかねない。

「わかりました」と宍戸は結論を出した。「おいくらでしょうか?」

「1つ3千万です」

びっくりして吹き出した宍戸は、冷や汗まで流した。

「C級ゲートで手に入るマナ石と魔法石は、2千万ほどです。3千では元が取れない。せめて2千まで下げて…」

「いいでしょう」と旬。

両者は握手し、3つのゲートを6千万で交渉成立となった。

帰る前に旬は、「これを差し上げます、口を開けてください」と言って、宍戸の口に細長いビンから液体を流し込んだ。

たちまち、頬についた傷が消えてゆく。

「隠密に回復能力まで見せてくださった。私を信頼していただける証拠と考えても?」

「秘密をもらさなければ、ですけどね」と旬。

旬が帰り、吉田がやってくると、宍戸は感想を口にした。

「思った以上の大物かもしれん」

6千万の入金

諸菱からの電話で、6千万の入金があったと報告を受ける旬。

キャンセルしようとしてたゲートなのに、どうやって、と諸菱は不思議そうだ。

詐欺

白虎ギルドの区域内で、C級ゲートが余ってると聞き、驚く宍戸。

入札価格もすべて百万以下と聞いて、愕然とする。

諸菱建設はどこにも入札などしていなかったのだ。

どうやら諸菱と水篠は、明日のレイドに出る予定などなかったらしい。

詐欺にあったと知って、身体中を震わせる宍戸。

しかし直後、水篠から連絡があると、少し気持ちが落ち着いた。

こんな内容だった。

「隠れて調査されてたことは、これで水に流しますよ」

いっぱい食わされたと、宍戸は目を閉じた。

けれど、連絡をくれたってことは、名刺を持っててくれた証。

「水篠ハンターの番号が手に入っただけでもよしとしよう」と前向きに考えるのだった。

転職クエスト

紫色のゲートを前にして、旬はつぶやく。

「転職クエスト、おもしろそうだな」

中に踏み込みながら、こう思っていた。

やっとこのゲームが、本格的に動き出す兆しが見えたな。

俺だけレベルアップな件【37話】の感想

二重ダンジョンに入ったときから、旬は頭の回転はとても際立っていました。

ここにきて、白虎ギルド相手に詐欺をしてみせます。

手口が鮮やかで、頭の良さを感じさせるシーンでしたね。

最後には、転職クエストに踏み込んだ旬。

どんなステージが待ち受けているか、先の展開が気になりますね。

第38話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【38話】ネタバレ感想!ナイトや魔法使いを倒してボスの部屋へ!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』38話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です